病理と臨床:85件

人気順

20件

病理と臨床 2021年臨時増刊号 治療方針を変える病理所見~診療ガイドラインと治療戦略
病理と臨床 2021年臨時増刊号 治療方針を変える病理所見~診療ガイドラインと治療戦略

¥8,800

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

治療方針を変える病理所見~診療ガイドラインと治療戦略 腫瘍の病理診断では,質的診断と量的診断との要素が求められ,それらは場合によって単独のこともあれば,どちらかに比重が偏ることもある.その腫瘍がどのようなカテゴリーに属するかによって,悪性度や臨床経過の推測が可能となり,組織学的グレードや腫瘍の広がり...

病理と臨床 2017年臨時増刊号 病理診断に直結した組織学
病理と臨床 2017年臨時増刊号 病理診断に直結した組織学

¥8,800

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

組織学の教科書は多いが,病理医が必要としている情報を中心にまとめた書籍は少なく,海外に『Histology for Pathologists』という教科書があるがこれも一般の病理医には詳細すぎる.本書は比較的若手の病理専門医を対象に,主な臓器別に全41点で項目立てを行い,各項目ごとに組織の正常構造と...

病理と臨床 2020年臨時増刊号 免疫組織化学~実践的な診断・治療方針決定のために
病理と臨床 2020年臨時増刊号 免疫組織化学~実践的な診断・治療方針決定のために

¥11,000

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

「病理と臨床」2020年の臨時増刊号は,毎回売り切れ必至の好評企画である「免疫組織化学」を取り上げる.「免疫組織化学のための病理部門運営」「免疫組織化学技術の発展」「腫瘍の鑑別に用いられる抗体(各臓器別)」「非腫瘍性・全身性疾患への応用」「免疫組織化学の治療への展開」「抗体index―拡充版―」の6...

病理と臨床 2015年臨時増刊号 病理診断クイックリファレンス
病理と臨床 2015年臨時増刊号 病理診断クイックリファレンス

¥8,800

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

本書は,日常の病理診断業務において重要で,臓器専門家以外の病理医にとって時に間違えてしまう可能性があり,さらに,病理専門医試験によく出題され,後期研修医にとってマスターしなくてはならない必須の疾患300余りを取り上げた,病理診断のクイックリファレンス.1項目1ページで,基礎知識,診断根拠,クルーとな...

病理と臨床 2021年4月号(39巻4号)乳腺腫瘍~WHO分類第5版 改訂のポイント
病理と臨床 2021年4月号(39巻4号)乳腺腫瘍~WHO分類第5版 改訂のポイント

¥3,190

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

乳腺腫瘍~WHO分類第5版 改訂のポイント Benign epithelial proliferations and precursors/森谷卓也他 Adenomas/森谷鈴子 Epithelial-myoepithelial tumours/西村理恵子 ほか ≫ 「病理と臨床」最新号・バックナン...

病理と臨床 2016年 9月号(34巻9号)消化管Ⅰ~上部消化管
病理と臨床 2016年 9月号(34巻9号)消化管Ⅰ~上部消化管

¥3,190

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集テーマは,「消化管Ⅰ~上部消化管」.食道癌取扱い規約 第11版の変更点,食道生検診断の現状と問題点,食道胃接合部癌をめぐる諸問題,胃癌内視鏡治療の適応拡大,胃炎,胃腺腫の診断と治療,低異型度胃癌,胃底腺型胃癌,胎児消化管上皮類似癌,EBウイルス関連胃癌,十二指腸の上皮性腫瘍,消化管間質腫瘍,等に...

病理と臨床 2016年 11月号(34巻11号)病理解剖の現在~医療における相互検証文化を築くため
病理と臨床 2016年 11月号(34巻11号)病理解剖の現在~医療における相互検証文化を築くため

¥3,190

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集テーマは,「病理解剖の現在~医療における相互検証文化を築くため」.病理解剖の現状,病理解剖における倫理問題,CPCレポート,研修医教育,病理専門医の教育,法医学との協力,遺族への説明,看護CPC,等について考察する.連載記事として,[マクロクイズ],[CPC解説],[悪性腫瘍に対する分子標的治療...

病理と臨床 2017年 6月号(35巻6号)リンパ節の非腫瘍性疾患の病理
病理と臨床 2017年 6月号(35巻6号)リンパ節の非腫瘍性疾患の病理

¥3,190

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集テーマは,「リンパ節の非腫瘍性疾患の病理」.リンパ節の見方/リンパ節病変における感染症/反応性濾胞過形成/菊池病・皮膚病性リンパ節症/EBV関連リンパ増殖異常症/IgG4関連疾患/TAFRO症候群/Castleman病診断の進歩/他の医原性免疫不全に伴うリンパ増殖性疾患 について考察する.連載記...

病理と臨床  2020年6月号(38巻6号) ゲノム医療におけるエキスパートパネル
病理と臨床 2020年6月号(38巻6号) ゲノム医療におけるエキスパートパネル

¥3,190

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集テーマは「ゲノム医療におけるエキスパートパネル」.がんゲノム医療の概要/がんゲノム関連病院の施設要件と保険診療/分子病理専門医/北海道大学のエキスパートパネル/東京大学のエキスパートパネル/MSKのエキスパートパネル などを取り上げる.連載記事として,[マクロクイズ],[切り出しのキモ─私はここ...

病理と臨床 2021年5月号(39巻5号)医原性病変の病理~診断医が知っておきたい組織所見
病理と臨床 2021年5月号(39巻5号)医原性病変の病理~診断医が知っておきたい組織所見

¥3,190

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集テーマは「医原性病変の病理~診断医が知っておきたい組織所見」. 消化管/肝臓/腎臓/肺/尿路・精巣/産婦人科領域/リンパ節・骨髄/皮膚 を取り上げる.連載記事として,[マクロクイズ],[切り出しのキモ─私はここをこう切っている─]胎盤,[効果的な病理医リクルーティング]北海道における病理夏の学校...

病理と臨床 2015年 6月号(33巻6号)病理医を誘うiPS細胞を使った疾患研究
病理と臨床 2015年 6月号(33巻6号)病理医を誘うiPS細胞を使った疾患研究

¥3,080

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集テーマは,「病理医を誘うiPS細胞を使った疾患研究」.連載記事として,[マクロクイズ],[CPC解説]総肺動脈幹に発生した内膜肉腫の一剖検例,[各種顕微鏡の進歩]共焦点レーザー顕微鏡と多光子励起顕微鏡,[病理医のための統計学講座]ランダム化比較試験,[今月の話題]病原体との共生/毛細血管の病理学...

病理と臨床 2015年 1月号(33巻1号)放射線障害の病理
病理と臨床 2015年 1月号(33巻1号)放射線障害の病理

¥3,080

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集テーマは,「放射線障害の病理」.人体における放射線誘発がん,放射線による細胞死,放射線影響研究のデータ,などを考察する.連載記事として,[マクロクイズ],[CPC解説]肝原発悪性リンパ腫(primary hepatic lymphoma)と喉頭癌の肝転移を合併した一剖検例,[病理と基礎生命科学と...

病理と臨床 2015年 2月号(33巻2号)白血病の新しい考え方
病理と臨床 2015年 2月号(33巻2号)白血病の新しい考え方

¥3,080

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集テーマは,「白血病の新しい考え方」.造血器腫瘍における疾患特異遺伝子探査,骨髄病理診断のアルゴリズム,造血器腫瘍と遺伝子異常,について考察する.連載記事として,[マクロクイズ],[CPC解説],[病理と基礎生命科学との接点]創薬標的キナーゼとコンパニオン診断,[病理をとりまく社会問題]家庭と仕事...

病理と臨床 2015年 5月号(33巻5号)リンパ腫における最近のトピックス
病理と臨床 2015年 5月号(33巻5号)リンパ腫における最近のトピックス

¥3,080

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集テーマは,「リンパ腫における最近のトピックス」.病型分類のトピックス,診断手法のトピックス,研究手法のトピックス,鑑別診断のトピックス,について考察する.連載記事として,[CPC解説],[各種顕微鏡の進歩]光学顕微鏡,[病理医のための統計学講座]データの記述と推測,[今月の話題]ゲノム研究に供す...

病理と臨床 2015年 7月号(33巻7号)胸腺病理の基礎と臨床
病理と臨床 2015年 7月号(33巻7号)胸腺病理の基礎と臨床

¥3,080

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集テーマは,「胸腺病理の基礎と臨床」.連載記事として,[マクロクイズ],[CPC解説]発症8年目のMIBG心筋シンチで集積低下が乏しかったParkinson病の一剖検例,[各種顕微鏡の進歩]光シート顕微鏡,[病理医のための統計学講座]診断に関する基本的事項,[今月の話題]ミスノーマ/重金属による腎...

病理と臨床 2015年 12月号(33巻12号)副腎の病理
病理と臨床 2015年 12月号(33巻12号)副腎の病理

¥3,080

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集テーマは,「副腎の病理」.副腎の発生,解剖と検体の扱い方,副腎病変を病理診断するに際し必要な最低限の内分泌学/画像的所見,Cushing症候群を呈する副腎皮質病変の病理,原発性アルドステロン症を呈する副腎皮質病変の病理,副腎皮質腫瘍の良悪性の病理組織学的鑑別,等について考察する.連載記事として,...

病理と臨床 2015年 11月号(33巻11号)穿刺吸引細胞診の見方と診断そして最新の知見~細胞像と組織像を対比して
病理と臨床 2015年 11月号(33巻11号)穿刺吸引細胞診の見方と診断そして最新の知見~細胞像と組織像を対比して

¥3,080

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集テーマは,「穿刺吸引細胞診の見方と診断そして最新の知見~細胞像と組織像を対比して」.唾液腺,甲状腺,乳腺:良性/境界病変,乳腺:悪性,EBUS-TBNAによる肺病変の細胞診,超音波内視鏡ガイド下穿刺吸引細胞診(EUS-FNAC),消化管・膵臓病変,リンパ節:良性/境界病変,リンパ節:悪性,等につ...

病理と臨床 2016年 1月号(34巻1号)遠隔病理診断とデジタルパソロジー
病理と臨床 2016年 1月号(34巻1号)遠隔病理診断とデジタルパソロジー

¥3,190

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集テーマは,「遠隔病理診断とデジタルパソロジー」.遠隔病理診断に関わる諸規則と今後の方向性,遠隔病理診断の依頼を受けることの可能な医療機関,東北地方における遠隔病理診断の現状と新たな取り組み,沖縄県における遠隔病理診断,IHEと病理画像の標準化,海外のデジタルパソロジー事情,等について考察する.連...

病理と臨床 2021年3月号(39巻3号)悪性腫瘍と誤りやすい疾患
病理と臨床 2021年3月号(39巻3号)悪性腫瘍と誤りやすい疾患

¥3,190

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

悪性腫瘍と誤りやすい疾患 皮膚領域/清水道生他 頭頸部領域/小川郁子他 呼吸器領域/蔦 幸治 ほか ≫ 「病理と臨床」最新号・バックナンバーはこちら ≫ 病理と臨床(2021年・年間予約購読)受付中! ※本製品はPCでの閲覧も可能です。 製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で...

病理と臨床 2021年2月号(39巻2号)腎非腫瘍性疾患の病理診断の実践~腎生検病理診断から剖検診断まで
病理と臨床 2021年2月号(39巻2号)腎非腫瘍性疾患の病理診断の実践~腎生検病理診断から剖検診断まで

¥3,190

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集テーマは「腎非腫瘍性疾患の病理診断の実践~腎生検病理診断から剖検診断まで」.糸球体の正常構造と機能,疾患によるその破綻/腎臓における加齢と動脈硬化/自己免疫疾患に伴う腎障害/M蛋白に関連する腎病変/妊娠ならびに周産期に認める腎病変 などを取り上げる.連載記事として,[マクロクイズ],[切り出しの...