病理と臨床:30件

人気順

病理と臨床 2020年臨時増刊号 免疫組織化学~実践的な診断・治療方針決定のために
病理と臨床 2020年臨時増刊号 免疫組織化学~実践的な診断・治療方針決定のために

¥11,000

立ち読み

「病理と臨床」2020年の臨時増刊号は,毎回売り切れ必至の好評企画である「免疫組織化学」を取り上げる.「免疫組織化学のための病理部門運営」「免疫組織化学技術の発展」「腫瘍の鑑別に用いられる抗体(各臓器別)」「非腫瘍性・全身性疾患への応用」「免疫組織化学の治療への展開」「抗体index―拡充版―」の6...

病理と臨床 2017年臨時増刊号 病理診断に直結した組織学
病理と臨床 2017年臨時増刊号 病理診断に直結した組織学

¥8,800

立ち読み

組織学の教科書は多いが,病理医が必要としている情報を中心にまとめた書籍は少なく,海外に『Histology for Pathologists』という教科書があるがこれも一般の病理医には詳細すぎる.本書は比較的若手の病理専門医を対象に,主な臓器別に全41点で項目立てを行い,各項目ごとに組織の正常構造と...

病理と臨床 2018年 11月号(36巻11号)大腸癌のトピックス
病理と臨床 2018年 11月号(36巻11号)大腸癌のトピックス

¥3,190

立ち読み

特集テーマは,「大腸癌のトピックス」.大腸癌の分子腫瘍発生理論/大腸癌における腫瘍内heterogeneityと進化/鋸歯状病変の癌化経路の新展開/炎症性発癌の病理診断と発癌機序/遺伝性消化管腫瘍症候群:最近のトピックス/大腸癌の浸潤先進部のバイオロジー/高齢者の大腸癌 他について考察.連載記事とし...

病理と臨床 2017年 8月号(35巻8号)血管生物学と疾患
病理と臨床 2017年 8月号(35巻8号)血管生物学と疾患

¥3,190

立ち読み

特集テーマは,「血管生物学と疾患」.粥状動脈硬化症の最新知見と病理/動脈瘤と解離の最新知見と病理/血管炎の最新研究知見と病理(ANCA関連血管炎を中心に)/中性脂肪蓄積心筋血管症の概念と病理/Cerebral amyloid angiopathy/遺伝性脳血管疾患(CADASIL,CARASIL)/...

病理と臨床 2017年 9月号(35巻9号)尿路上皮腫瘍~変わりつつある概念
病理と臨床 2017年 9月号(35巻9号)尿路上皮腫瘍~変わりつつある概念

¥3,190

立ち読み

特集テーマは,「尿路上皮腫瘍~変わりつつある概念」.膀胱腫瘍の疫学,診断,治療法/腎盂・尿管腫瘍の疫学,診断,治療法/尿路上皮癌の異型度評価/平坦病変の病理/内反性増殖を示す尿路上皮性腫瘍/膀胱腫瘍におけるpT1亜分類の現状と展望/尿路上皮癌の亜型/尿膜管癌/尿路上皮腫瘍の免疫組織化学/尿路上皮腫瘍...

病理と臨床 2018年 4月号(36巻4号)頭頸部腫瘍Ⅱ
病理と臨床 2018年 4月号(36巻4号)頭頸部腫瘍Ⅱ

¥3,190

立ち読み

特集テーマは,「頭頸部腫瘍Ⅱ」.歯原性腫瘍のWHO分類改訂について/歯原性腫瘍の画像診断/歯原性腫瘍の臨床/悪性歯原性腫瘍/良性上皮性歯原性腫瘍/その他の良性歯原性腫瘍/歯原性囊胞/線維骨性病変と巨細胞性病変/頭頸部の骨軟部腫瘍/頭頸部領域におけるリンパ腫および類縁疾患 について考察.連載記事として...

病理と臨床 2018年 3月号(36巻3号)頭頸部腫瘍I
病理と臨床 2018年 3月号(36巻3号)頭頸部腫瘍I

¥3,190

立ち読み

特集テーマは,「頭頸部腫瘍I」.上気道(鼻腔,副鼻腔,鼻咽頭)腫瘍の分類と病理/上気道(下咽頭,喉頭,気管,口腔咽頭)腫瘍の分類と病理/口腔と舌可動域の腫瘍の分類と病理/唾液腺腫瘍2017 WHO分類改訂のポイント/悪性唾液腺腫瘍の新たな概念/唾液腺における腫瘍類似病変/唾液腺腫瘍の細胞診/唾液腺腫...

病理と臨床 2018年 5月号(36巻5号)神経内分泌腫瘍(NET)の病理学~治療と診断の新局面
病理と臨床 2018年 5月号(36巻5号)神経内分泌腫瘍(NET)の病理学~治療と診断の新局面

¥3,190

立ち読み

特集テーマは,「神経内分泌腫瘍(NET)の病理学~治療と診断の新局面」.神経内分泌腫瘍の性質をめぐるトピック/肺の神経内分泌腫瘍/膵の神経内分泌腫瘍の病理学/肝胆膵の神経内分泌腫瘍の治療/消化管神経内分泌腫瘍/婦人科腫瘍における神経内分泌腫瘍/神経内分泌腫瘍における診断・治療の新展開 について考察....

病理と臨床 2018年 8月号(36巻8号)子宮腫瘍のトピックス
病理と臨床 2018年 8月号(36巻8号)子宮腫瘍のトピックス

¥3,190

立ち読み

特集テーマは,「子宮腫瘍のトピックス」.子宮頸癌および子宮体癌取扱い規約 病理編 第4版の概要/子宮頸部扁平上皮内病変/HPV感染非関連子宮頸癌/子宮内膜増殖症,子宮内膜異型増殖症とEIN/Lynch症候群関連内膜癌/子宮頸癌・体癌の病理診断報告/子宮の間葉系腫瘍/子宮腫瘍の診断における免疫組織化学...

病理と臨床 2018年 7月号(36巻7号)クリニカルシークエンスと病理診断
病理と臨床 2018年 7月号(36巻7号)クリニカルシークエンスと病理診断

¥3,190

立ち読み

特集テーマは,「クリニカルシークエンスと病理診断」.ゲノム研究・ゲノム医療のための病理組織検体品質管理/NGSを用いたパネル検査の臨床検査実装に向けて/Ampliconシークエンス法によるがん遺伝子解析/eLearningによるがんゲノム個別化医療の研修プログラム/クリニカルシークエンスを基にした分...

病理と臨床 2018年 9月号(36巻9号)乳腺 Ⅰ-改訂乳癌取扱い規約分類の考え方
病理と臨床 2018年 9月号(36巻9号)乳腺 Ⅰ-改訂乳癌取扱い規約分類の考え方

¥3,190

立ち読み

特集テーマは,「乳腺 Ⅰ-改訂乳癌取扱い規約分類の考え方」.乳癌取扱い規約(第18版)改訂の概要/良性上皮性腫瘍および異型上皮内病変/非浸潤癌,微小浸潤癌/浸潤性乳管癌/浸潤性小葉癌,管状癌/髄様癌,アポクリン癌/浸潤性微小乳頭癌,分泌癌, Paget病/結合織性および上皮性混合腫瘍,非上皮性腫瘍 ...

病理と臨床 2018年 10月号(36巻10号)乳腺Ⅱ-乳癌治療個別化のための病理診断
病理と臨床 2018年 10月号(36巻10号)乳腺Ⅱ-乳癌治療個別化のための病理診断

¥3,190

立ち読み

特集テーマは,「乳腺Ⅱ-乳癌治療個別化のための病理診断」.病期分類,腫瘍浸潤径,リンパ節転移とその意義の変遷/針生検/乳癌におけるホルモン受容体診断とHER2診断/腫瘍浸潤リンパ球/遺伝子診断/治療効果判定/オンコロジストから病理医へのメッセージ 他について考察.連載記事として,[マクロクイズ],[...

病理と臨床 2018年 12月号(36巻12号)がんの幹細胞性の病理
病理と臨床 2018年 12月号(36巻12号)がんの幹細胞性の病理

¥3,190

立ち読み

特集テーマは,「がんの幹細胞性の病理」.幹細胞性獲得とがん幹細胞/がんの組織学的heterogeneityの中にあるがん幹細胞/ゲノム情報から見たがんの多様性とがん幹細胞/がん幹細胞を維持する細胞内シグナル伝達系/正常の幹細胞とがん幹細胞を支えるニッチ/がん幹細胞の可塑性/がん幹細胞を標的とした治療...

病理と臨床 2020年 4月号(38巻4号)骨軟部腫瘍の病理Ⅱ
病理と臨床 2020年 4月号(38巻4号)骨軟部腫瘍の病理Ⅱ

¥3,190

立ち読み

特集テーマは「骨軟部腫瘍の病理Ⅱ」.骨軟部腫瘍の臨床:最新の動向について/軟骨形成性骨腫瘍の病理/骨形成性腫瘍の病理/線維性・線維組織球性骨腫瘍の病理/骨の血管性腫瘍の病理/富巨細胞性腫瘍の病理/脊索性腫瘍の病理/軟部の骨・軟骨性腫瘍 などを取り上げる.連載記事として,[マクロクイズ],[切り出しの...

病理と臨床 2016年臨時増刊号 癌の分子病理学
病理と臨床 2016年臨時増刊号 癌の分子病理学

¥8,800

立ち読み

癌の分子標的治療のためのコンパニオン診断やゲノム情報を治療に活かすクリニカルシークエンスの試みが進んでおり,ゲノム病理診断もトピックスである.本書では,病理診断医/病理学研究者が知っておくべき,癌の分子病理診断の基盤・探索やオミックス解析,各種癌の組織型分類と遺伝子異常,癌の分子病理診断の現状と将来...

病理と臨床 2018年臨時増刊号 感染性疾患の病理
病理と臨床 2018年臨時増刊号 感染性疾患の病理

¥8,800

立ち読み

本書は2部構成で,「第1部 感染症の病理学的側面」では,感染症の病理学的考え方や病態,法令等に関連する知識等の紹介などを総論的に解説し,「第2部 感染性疾患の病理」では,日常の病理診断で遭遇する機会が稀有ではなく,病理組織学的診断が特に重要となる感染性疾患の病理を各々概説しました.初学者からベテラン...

病理と臨床 2015年臨時増刊号 病理診断クイックリファレンス
病理と臨床 2015年臨時増刊号 病理診断クイックリファレンス

¥8,800

立ち読み

本書は,日常の病理診断業務において重要で,臓器専門家以外の病理医にとって時に間違えてしまう可能性があり,さらに,病理専門医試験によく出題され,後期研修医にとってマスターしなくてはならない必須の疾患300余りを取り上げた,病理診断のクイックリファレンス.1項目1ページで,基礎知識,診断根拠,クルーとな...

病理と臨床 2019年臨時増刊号 肉眼病理
病理と臨床 2019年臨時増刊号 肉眼病理

¥8,800

立ち読み

2009年から毎月「病理と臨床」に掲載している連載「マクロクイズ」.そこで紹介された多彩な症例から,知っておきたい症例を選び出して再編し,臓器ごとに整理するとともに,新たな症例も追加して,全身の肉眼病理が一望できるようにした.各項目の冒頭では肉眼像とその所見のポイントを簡潔に提示し,続いて疾患概念や...

病理と臨床 2019年 9月号(37巻9号)胎盤 Ⅰ 胎盤病理診断 基礎編
病理と臨床 2019年 9月号(37巻9号)胎盤 Ⅰ 胎盤病理診断 基礎編

¥3,190

立ち読み

特集テーマは「胎盤 Ⅰ 胎盤病理診断 基礎編」.胎盤病理診断に必要な臨床情報と診断の意義/胎盤の取り扱いと切り出し/胎盤の発生と正常構造/多胎胎盤の病理診断/卵膜・臍帯の異常/胎盤の感染症/絨毛の成熟の評価,虚血・循環障害による絨毛の変化/胎盤で観察される出血・出血様変化 他について考察.連載記事と...

病理と臨床 2019年 3月号(37巻3号)リンパ腫update Ⅰ~WHO2017,臨床的事項,低悪性度Bリンパ腫
病理と臨床 2019年 3月号(37巻3号)リンパ腫update Ⅰ~WHO2017,臨床的事項,低悪性度Bリンパ腫

¥3,190

立ち読み

特集テーマは,「リンパ腫update Ⅰ~WHO2017,臨床的事項,低悪性度Bリンパ腫」.2017年(改訂第4版)WHO分類の新規な部分/リンパ腫におけるPET-CTの役割/非Hodgkinリンパ腫の予後予測因子/リンパ腫に対する分子基盤,治療法の進歩と標準化/リンパ形質細胞性リンパ腫とWalde...