救急看護:22件

人気順

人工呼吸管理ポケットガイド
人工呼吸管理ポケットガイド

¥1,980

大好評書籍『 ICU/CCUの薬の考え方、使い方』の大野博司先生書き下ろしによるレジデント・ICUナースのための人工呼吸器ガイドブック。 解剖・生理・病態の基礎知識、人工呼吸器の基本構造やモード・初期設定、さらには離脱・鎮痛鎮静・加温加湿・ルーチンケア・合併症やトラブルシューティングについてなど、人...

エマージェンシー・ケア2016年春季増刊 救急・ICUのME機器らくらく攻略ブック
エマージェンシー・ケア2016年春季増刊 救急・ICUのME機器らくらく攻略ブック

¥4,400

こんなの今まで見たことない!ME機器が好きになる1冊 もう「ME機器は苦手」なんて言わせない! 救急・ICUで必須にもかかわらず皆ニガテなME機器を、新進気鋭の臨床工学技士たちが、キホンからマニアックな機器まで、最新情報も含めやさしく解説。 エマージェンシー・ケア好評連載・特集から大幅書き下ろしのう...

CCUエキスパート看護マニュアル Part2.心電図,ペースメーカー,IABP
CCUエキスパート看護マニュアル Part2.心電図,ペースメーカー,IABP

¥3,300

循環器看護のエキスパート集団、榊原記念病院のSakakibara Registered Nurse(SRN)のスキルとノウハウ、そしてその養成プログラムを元に作成された「CCUエキスパート看護マニュアル」が電子版となり登場です。 <Part2の主な収録内容> ・心電図および心電図モニターの管理 ・観...

アンダートリアージを回避せよ! アセスメントスキルがぐんぐん高まる トリアージナースのための臨床推論トレーニングブック
アンダートリアージを回避せよ! アセスメントスキルがぐんぐん高まる トリアージナースのための臨床推論トレーニングブック

¥3,520

救急現場で働くナースのためのトリアージで役立つ臨床推論の入門書。「断らない救急」を理念に厚労省の評価で今年5年連続1位を記録した施設の集大成がこの1冊に! "救命救急センターに搬送される患者さんやウォークインで訪れる患者さんを最初に評価してトリアージを行うのは、ほとんどの施設で看護師(トリアージナー...

写真でわかる急変時の看護アドバンス 改訂第2版[動画付き]
写真でわかる急変時の看護アドバンス 改訂第2版[動画付き]

¥4,070

新たな章として「気管挿管の準備と介助」を加え、より実践に即してアップデート!! 気道確保、脈拍の確認、胸骨圧迫、人工呼吸、除細動器の操作など、救命救急処置の手技を、豊富なカラー写真とテキスト・DVD動画で徹底解説した『写真でわかる急変時の看護 アドバンス』が【改訂第2版】としてリニューアル。 【改訂...

異変発生!ナースならできておくべき すぐ,やる技術
異変発生!ナースならできておくべき すぐ,やる技術

¥2,750

救急看護のエキスパートたちの経験を,リアルな写真と解説で再現! 病棟での急変時,あきらかな異変があるとき,状況がわからないけれど何かが起こっているとき,医師や助けが来る前に,ナースがまずする判断方法を学ぶ.実践対応の本当にリアルな「急変察知力」を身につけるためのスキルをわかりやすく解説!

集中ケアの「質」を考える ICUナースのためのクリニカル・インディケーター
集中ケアの「質」を考える ICUナースのためのクリニカル・インディケーター

¥1,980

ICUにおけるクリニカル・インディケーターとその使用方法について、具体的に解説する。 本書は、「集中治療室において、何かもっとみんなでやってみたいな」と思っていて、「でも、何から取りかかったらよいかわからない」という方に向けて書いた本です。質(Quality、クオリティ)を測定し、その結果から改善策...

主要症状からマスターする すぐに動ける! 急変対応のキホン
主要症状からマスターする すぐに動ける! 急変対応のキホン

¥2,530

急変を察知する最も重要なバイタルサイン、「呼吸数」を意識せよ! 病棟などでよく遭遇する心停止、意識障害、意識消失、アナフィラキシー、発熱の5つの症状の急変対応をマスター。患者さんの病状を理解し、自身でアセスメントし、適切な介入ができれば、目の前の患者さんの予後は大きく改善します。自信をもって担当医を...

エマージェンシー・ケア2018年新春増刊 ビジュアルでわかる 救急・ICU患者の ME機器からみた 呼吸・循環管理
エマージェンシー・ケア2018年新春増刊 ビジュアルでわかる 救急・ICU患者の ME機器からみた 呼吸・循環管理

¥4,400

患者の呼吸と循環、この1冊で必ず守る! 救急・ICUで欠かせない呼吸・循環管理を、ME機器の使いかた・特徴を通してドクターがわかりやすく解説! 臨床で特に注意すべき点はER・ICUそれぞれの「ナーシングポイント」で、よくある看護のギモンは「Q&A」でしっかりフォロー!

Dr.石松の急変対応がスッキリわかる本-病態の理解からドクターコールまで-
Dr.石松の急変対応がスッキリわかる本-病態の理解からドクターコールまで-

¥2,640

「感覚的にはわかっていたが理論として知らなかったこと」がここに! 急変とはどんなに予測して万全の体制で臨んでいても起こるもの。急変の原則(なぜ起こる?どう対処する?どう防ぐ?)から、急変に遭遇したチームはその後どうしなければならないか、著者の経験などを基に解説しています。