• M2PLUS
  • 日本メディカルセンター

日本メディカルセンター:133件

ポイント率が高い順

20件

内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像-上部消化管 改定第4版
内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像-上部消化管 改定第4版

¥12,100

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

初版から13年、急速に変貌を遂げつつある上部消化管内視鏡診断学を見据え第4版改訂! 本書は「所見ごと」に項目立てされているのが特徴である。隆起あるいは陥凹といった所見をみて、その所見から質的診断に至るプロセスを、多くの内視鏡写真と簡潔な説明、そしてフローチャートを用いて懇切丁寧に解説している。 > ...

内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像-下部消化管 改定第4版
内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像-下部消化管 改定第4版

¥11,000

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

初版から13年、急速に変貌を遂げつつある下部消化管内視鏡診断学を見据え第4版改訂! バルーン小腸内視鏡やカプセル内視鏡の画像診断学や改訂された種々の規約・指針や,新しいガイドラインの内容も盛り込み,最新の下部消化管診断学の情報を網羅した診療に必須の書籍となっている。 > 内視鏡診断のプロセスと疾患別...

食道・胃静脈瘤 改訂第4版
食道・胃静脈瘤 改訂第4版

¥10,450

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

門脈圧亢進症学のすべてが本書1冊に凝縮されている 全面改訂版 本書の内容は、門脈圧亢進症学に取り組んでいるエキスパートの先生方の総力を結集したものであり、食道・胃静脈瘤のみならず異所性静脈瘤を含めた門脈圧亢進症患者の病態から新たな診断技術や治療技術などを惜しみなく網羅しているのが大きな特色であり、門...

消化器内視鏡治療における高周波発生装置の使い方と注意点 改訂第3版
消化器内視鏡治療における高周波発生装置の使い方と注意点 改訂第3版

¥8,800

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

ESD,EMR,ESTに必携の書、最新機器の内容にあわせ全面改訂 ESDはスタンダードな治療手技として定着したが、ESDの普及とともに切開や剥離を伴うPOEM(Peroral Endoscopic Myotomy)等の新たな手技も開発され、内視鏡治療は大きく進化し発展し続けている。以前から新たな処置...

通常内視鏡観察による 早期胃癌の拾い上げと診断
通常内視鏡観察による 早期胃癌の拾い上げと診断

¥7,480

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

H.p除菌後発見胃癌 20症例,H.p未感染胃癌 9症例収載 通常内視鏡による100病変を超す胃癌・胃腺腫を収載。 豊富な画像と図解で、基礎知識から拾い上げ問題集など多数掲載!これまで殆どなかった、胃癌の通常観察での拾い上げに特化した書籍です。 ※本製品はPCでの閲覧も可能です。 製品のご購入後、「...

臨牀消化器内科 2020 Vol.35 No.9 増刊号 これ一冊ですべてわかる 消化器超音波検査
臨牀消化器内科 2020 Vol.35 No.9 増刊号 これ一冊ですべてわかる 消化器超音波検査

¥6,600

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

増刊号「これ一冊ですべてわかる 消化器超音波検査」 腹部超音波診療といっても多岐にわたります.そのうえ,“これ一冊ですべてわかる”冊子にする必要がありました.当然,基本的なことから最新の知見まで織り交ぜ,超音波に携わる医師や技師すべてにとって常に携行していただけるものを目指す必要がありました.(中略...

胃炎の京都分類 改訂第2版
胃炎の京都分類 改訂第2版

¥5,280

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

H.pylori 関連以外の胃炎の所見,診断に苦慮する症例も取り上げた改訂第2版 前版では取り上げなかった,あるいは解説が少なかった自己免疫性胃炎,PPI 関連胃症,NSAIDs 潰瘍,好酸球性胃炎,collagenous gastritis,Helicobacter suis 胃炎,感染性の胃炎,...

INTESTINE 2020 Vol.24 No.2 無痛大腸内視鏡挿入法-technique & device
INTESTINE 2020 Vol.24 No.2 無痛大腸内視鏡挿入法-technique & device

¥3,520

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「無痛大腸内視鏡挿入法-technique & device」 挿入法は技術であり,知識を得ただけではすぐに上達はしない.1症例1症例を大切にしつつ,日々の努力,研鑽が必要である.(編集後記より抜粋) ≫ 「INTESTINE」最新号・バックナンバーはこちら ※本製品はPCでの閲覧も可能です。 ...

臨牀消化器内科 2020 Vol.35 No.6 消化管疾患のER-診断と治療のポイント
臨牀消化器内科 2020 Vol.35 No.6 消化管疾患のER-診断と治療のポイント

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「消化管疾患のER-診断と治療のポイント」 本特集は明日遭遇するかもしれない対応困難な症例を意識した内容になっています.出血点の同定が困難な下部消化管出血より、多くの治療法が開発された上部消化管出血の死亡率が高いことは、改めて消化管出血治療の難しさが伺えます.心窩部痛症例の造影CTで描出される心...

臨牀消化器内科 2020 Vol.35 No.8 薬物療法がひらく新しい肝細胞癌の治療strategy
臨牀消化器内科 2020 Vol.35 No.8 薬物療法がひらく新しい肝細胞癌の治療strategy

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「薬物療法がひらく新しい肝細胞癌の治療strategy」 ここ数年,肝細胞癌に対する薬物療法の進歩が著しい.現在,数多くの免疫チェックポイント阻害剤と分子標的治療薬との併用試験が世界中で行われており,今後,ますますHCC治療戦略において薬物療法が重要となるのは間違いないであろう.(編集後記より抜...

臨牀消化器内科 2019 Vol.34 No.12  遭遇の機会が増えたIPMN/膵嚢胞-現状と課題
臨牀消化器内科 2019 Vol.34 No.12 遭遇の機会が増えたIPMN/膵嚢胞-現状と課題

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「遭遇の機会が増えたIPMN/膵嚢胞-現状と課題」 画像診断の進歩により多数のIPMN/膵嚢胞が指摘されるようになった今,確かに健常人と比べると膵癌の高リスク群ではあるが,過度に心配されるほどの高リスクでもなく,消化器内科のcommon disease としてその病態や経過観察のポイントを理解し...

臨牀消化器内科 2019 Vol.34 No.5 肝と免疫2019
臨牀消化器内科 2019 Vol.34 No.5 肝と免疫2019

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

消化器の臨床現場になくてはならない最新情報をお届けすべく,1986年1月に創刊。 【特集】肝と免疫2019 ・Lymphoid organとしての肝臓 ・自己免疫性肝炎 自己免疫性肝炎の疫学と診断 ・原発性胆汁性胆管炎(PBC) 原発性胆汁性胆管炎の疫学と診断  他 >『 臨牀消化器内科』最新号・バ...

臨牀消化器内科 2018 Vol.33 No.4 慢性便秘―新たな分類と病態・診断・治療
臨牀消化器内科 2018 Vol.33 No.4 慢性便秘―新たな分類と病態・診断・治療

¥3,025

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

消化器の臨床現場になくてはならない最新情報をお届けすべく,1986年1月に創刊。 【特集】慢性便秘―新たな分類と病態・診断・治療 ・定義・分類・診断基準 ・疫学―有病率・家族内集積・性差・年齢・BMI・予後 ・病態生理  他 >『 臨牀消化器内科』最新号・バックナンバー

臨牀透析 2021 Vol.37 No.11 シームレスなCKD対策に向けての看護実践
臨牀透析 2021 Vol.37 No.11 シームレスなCKD対策に向けての看護実践

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「シームレスなCKD対策に向けての看護実践」 本号では,CKD 対策における看護師の活動を執筆していただいた.日頃,透析医療に従事している看護師もCKD 悪化予防への関心は高い.それぞれの立場からのアプローチを紹介する.(編集後記より) ≫ 「臨牀透析」最新号・バックナンバーはこちら ※本製品は...

INTESTINE 2021 Vol.25 No.3 炎症性腸疾患の分子標的治療を総括する
INTESTINE 2021 Vol.25 No.3 炎症性腸疾患の分子標的治療を総括する

¥3,520

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「炎症性腸疾患の分子標的治療を総括する」 これだけ多くの分子標的薬を治療選択肢として手にすると,それぞれの薬剤について作用機序,治療効果,副作用,そして製剤の特徴について理解したうえで使い分ける必要がある.本特集では,各分子標的薬についてエキスパートの先生に解説していただいた.(編集後記から抜粋...

臨牀消化器内科 2021 Vol.36 No.11 胆管癌診療の現況
臨牀消化器内科 2021 Vol.36 No.11 胆管癌診療の現況

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「胆管癌診療の現況」 胆管癌は予後不良な悪性腫瘍である.胆管癌の治療成績向上を目指して,診断・治療法の開発・改善のさまざまな取り組みが行われてきた.胆管癌の高危険群に対する検索から,早期の胆管癌を診断できる可能性もあるが,多くの胆管癌は進行癌の状態で診断されている.(編集後記より抜粋) ≫ 「臨...

臨牀消化器内科 2021 Vol.36 No.10 内視鏡検査で胃癌見落としゼロを目指して
臨牀消化器内科 2021 Vol.36 No.10 内視鏡検査で胃癌見落としゼロを目指して

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「内視鏡検査で胃癌見落としゼロを目指して」  本特集の目的は、検診などでの無症状の被検者において,早期癌の見落としを可能な限りなくすために,検査の精度を高めることが目的である.(編集後記より抜粋) ≫ 「臨牀消化器内科」最新号・バックナンバーはこちら ※本製品はPCでの閲覧も可能です。 製品のご...

臨牀透析 2021 Vol.37 No.10 CKD・透析患者の最近の知見による体液管理
臨牀透析 2021 Vol.37 No.10 CKD・透析患者の最近の知見による体液管理

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「CKD・透析患者の最近の知見による体液管理」 皮下組織は塩分摂取(Na)に対するバッファーとなっているという.透析患者を診ていても,同じ塩分摂取量であっても,体液増加への影響は均一ではないと感じるが,この背景に皮下組織の影響の違いがあるのだとすれば合点がいく.降圧目的でサイアザイド利尿薬を使用...

臨牀透析 2021 Vol.37 No.9 増刊号 透析患者の消化管疾患 A to Z
臨牀透析 2021 Vol.37 No.9 増刊号 透析患者の消化管疾患 A to Z

¥6,380

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「透析患者の消化管疾患 A to Z」 本増刊号では,消化管疾患を基軸に,透析患者との関連,あるいは非透析患者における病態も含めて幅広く網羅し,多くの消化管を専門とされる先生方にご執筆いただいた.透析患者において,消化管疾患がみられた場合や,そうした疾患が疑われる場合の臨床上の問題点に,本増刊号...

臨牀透析 2021 Vol.37 No.8 透析医療における災害対策
臨牀透析 2021 Vol.37 No.8 透析医療における災害対策

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「透析医療における災害対策」 いろいろな観点から,日本が抱える種々の災害に対する対策について新たな方向性を示していただいた.本号が今後も繰り返し起こると予測される災害対策の一助になれば幸いである.(編集後記より) ≫ 「臨牀透析」最新号・バックナンバーはこちら ※本製品はPCでの閲覧も可能です。...