日本メディカルセンター:209件

ポイント率が高い順

20件

胃炎の京都分類 改訂第3版
胃炎の京都分類 改訂第3版

¥5,280

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

「胃炎の京都分類」の表を大幅改訂,内視鏡像は白色光に加えIEE,病理像も加えた 胃粘膜の変化を語るうえで最も重要で,最も難解なのは正常の胃粘膜をどう定義するかである.改訂第3版では正常の内視鏡所見とともに,正常の胃粘膜の組織像についても取り上げた.正常胃粘膜の基本構造を理解することにより,内視鏡所見...

食道・胃静脈瘤 改訂第4版
食道・胃静脈瘤 改訂第4版

¥10,450

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

門脈圧亢進症学のすべてが本書1冊に凝縮されている 全面改訂版 本書の内容は、門脈圧亢進症学に取り組んでいるエキスパートの先生方の総力を結集したものであり、食道・胃静脈瘤のみならず異所性静脈瘤を含めた門脈圧亢進症患者の病態から新たな診断技術や治療技術などを惜しみなく網羅しているのが大きな特色であり、門...

十二指腸内視鏡ATLAS
十二指腸内視鏡ATLAS

¥8,140

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

良性の十二指腸疾患も含めた全70症例。これまでにない、十二指腸に特化した1冊! 十二指腸については、本邦では規約やガイドラインがない現状であるが、本書を見れば十二指腸疾患・診断に関する網羅的な知識が得られるよう内視鏡診断に特化した内容となっている。そのためなるべく多くの症例を網羅し,腫瘍以外のよく見...

臨牀消化器内科 2019 Vol.34 No.7 増刊号 炎症性腸疾患診療のupdate
臨牀消化器内科 2019 Vol.34 No.7 増刊号 炎症性腸疾患診療のupdate

¥6,600

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

消化器の臨床現場になくてはならない最新情報をお届けすべく,1986年1月に創刊。 【特集】炎症性腸疾患診療のupdate-診断・治療の最新知見 IBD 診療はこの10 年間で大きな飛躍を遂げ,さらに今後も新規薬剤導入を中心とした診療の発展は加速度をいっそう増すと思われ,“今”という時代はまさに,過去...

臨牀消化器内科 Vol.39 No.2 特集「IBD診療-ますます増えた薬剤の選択とさらなる進化の展望」
臨牀消化器内科 Vol.39 No.2 特集「IBD診療-ますます増えた薬剤の選択とさらなる進化の展望」

¥3,300

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「IBD診療-ますます増えた薬剤の選択とさらなる進化の展望」 これまでも,本誌においてIBDの特集を編纂し,そのときそのときのIBD診療の最新の一断面についてお伝えしようとしてきました.ただ,毎年のように新たな薬剤が登場し,ちょっと前にupdateした知識は今はもう少し古くなっているというような...

臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.11 消化管出血のマネジメントが変わっている?-最新情報と診療の実際
臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.11 消化管出血のマネジメントが変わっている?-最新情報と診療の実際

¥3,300

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「消化管出血のマネジメントが変わっている?-最新情報と診療の実際」  本特集では、日常診療で遭遇することの多い「消化管出血」をテーマとして取り上げ、疫学から診断手順、疾患別の治療ストラテジーについて、最新情報と診療の実際を詳しく解説していただいた。

臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.5 消化管狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術
臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.5 消化管狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術

¥3,300

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「消化管狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術」 消化管狭窄に対するEBDは、一般の急性期病院であれば、頻度は高くないが、時に必要となる内視鏡手技である。手技の難易度は高くはなく、ある程度の内視鏡経験があれば実施可能である、ひとたび穿孔等の偶発症が生じると重篤化する症例もあり、安全にEBDを実施する...

臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.4 あなたの知らないIBD診療の世界
臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.4 あなたの知らないIBD診療の世界

¥3,300

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「あなたの知らないIBD診療の世界」 「あなたの知らないIBD診療の世界」という特集名をつけたけれども,いまだに「だれも知らないIBD診療の世界」というのがあることも各著者の先生方の原稿から読み取ることができた.新規薬剤やモニタリング法の使い分けやUCでの手術のタイミング,CAP維持療法の適切な...

臨牀消化器内科 2021 Vol.36 No.10 内視鏡検査で胃癌見落としゼロを目指して
臨牀消化器内科 2021 Vol.36 No.10 内視鏡検査で胃癌見落としゼロを目指して

¥3,300

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「内視鏡検査で胃癌見落としゼロを目指して」  本特集の目的は、検診などでの無症状の被検者において,早期癌の見落としを可能な限りなくすために,検査の精度を高めることが目的である.(編集後記より抜粋) ≫ 「臨牀消化器内科」最新号・バックナンバーはこちら ※本製品はPCでの閲覧も可能です。 製品のご...

臨牀消化器内科 2020 Vol.35 No.11 慢性膵炎-ガイドライン改訂に向けて
臨牀消化器内科 2020 Vol.35 No.11 慢性膵炎-ガイドライン改訂に向けて

¥3,300

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「慢性膵炎-ガイドライン改訂に向けて」 従来,慢性膵炎の変化は進行性で非可逆的と考えられてきた.そこに新しい疾患概念である早期慢性膵炎が提唱され,早期慢性膵炎では早期に介入することにより病状の進行を抑制する可能性があるとされている.(編集後記より抜粋) ≫ 「臨牀消化器内科」最新号・バックナンバ...

臨牀消化器内科 2020 Vol.35 No.10 分子標的時代のIBD 診療-IBD の寛解導入,寛解維持の実践
臨牀消化器内科 2020 Vol.35 No.10 分子標的時代のIBD 診療-IBD の寛解導入,寛解維持の実践

¥3,300

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「分子標的時代のIBD 診療-IBD の寛解導入,寛解維持の実践」 昨今,複数の生物学的製剤と低分子化合物が一気に導入され,かつ寛解導入と寛解維持が1種類の薬剤で完結できるシンプルな治療を展開できるようになった.そのような薬剤は治療のパワーが既存薬に対してマイルドである傾向があり,外来で早めの導...

臨牀消化器内科 2021 Vol.36 No.2 IBD診療のdecision making-専門医の選択
臨牀消化器内科 2021 Vol.36 No.2 IBD診療のdecision making-専門医の選択

¥3,300

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「IBD 診療のdecision making-専門医の選択」 本号では,①潰瘍性大腸炎難治例の第一選択,②クローン病初期治療,③IBDの活動性モニタリング,④クローン病小腸画像検査,の四つのテーマについて,いくつか考えられる選択肢のなかからなぜそれを選択するのか? について,その選択肢の長所,...

臨牀消化器内科 2019 Vol.34 No.9 大腸ポリープ取り扱いのUp to Date
臨牀消化器内科 2019 Vol.34 No.9 大腸ポリープ取り扱いのUp to Date

¥3,300

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

消化器の臨床現場になくてはならない最新情報をお届けすべく,1986年1月に創刊。 【特集】大腸ポリープ取り扱いのUp to Date 本号は,内視鏡診断と治療の最新知見を総括する目的で企画されたものである.各項目の執筆はその領域のオピニオンリーダーの先生方が担当されており,現時点での“総括”がこの1...

臨牀透析 Vol.40 No.8 特集「チームで挑む透析患者のフットケア」
臨牀透析 Vol.40 No.8 特集「チームで挑む透析患者のフットケア」

¥2,860

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

慢性腎臓病は下肢動脈疾患(LEAD)の独立した危険因子であり,慢性腎臓病患者がLEAD を発症するとその予後は極めて悪いことが知られ,透析療法自体もLEAD の発生や病状進行に関与する.それを受けて2022年9月に発刊された日本フットケア・足病医学会によ る「重症化予防のための足病診療ガイドライン」...

臨牀消化器内科 Vol.39 No.7 特集「脂肪肝の新概念:MASLD」
臨牀消化器内科 Vol.39 No.7 特集「脂肪肝の新概念:MASLD」

¥3,300

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

MASLDは、これまで用いられてきたnon-alcoholic fatty liver disease(NAFLD)に代謝異常(cardiometabolic criteria)を組み入れ基準に加えた新たな疾患概念である。この新基準の登場により、私達は代謝異常の観点からMASLDの全体像,病態や非侵...

臨牀透析Vol.40 No.7 6月増刊号『腎臓リハビリテーション-理論と実際』
臨牀透析Vol.40 No.7 6月増刊号『腎臓リハビリテーション-理論と実際』

¥6,380

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

腎機能障害のある患者においては,これまで安静が治療の一つと考えられてきた.しかし,過度の安静によるディコンディショニングの問題,社会復帰の遅延,QOLの低下,運動耐容能の低下と死亡率増加の関係などが明らかになった.(序文より抜粋)

臨牀消化器内科 Vol.39 No.6 特集「大腸内視鏡治療-CP/EMR/ESD/Underwater関連手技の今」
臨牀消化器内科 Vol.39 No.6 特集「大腸内視鏡治療-CP/EMR/ESD/Underwater関連手技の今」

¥3,300

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

内視鏡治療に関しては、一括切除をより安全かつ簡便に行うための工夫が数多く報告されてきた。今回は、Underwater EMR、Tip-in EMR、Pre-cutting EMR/ Hybrid ESD、Device-assisted traction methods、Pocket-creation...

臨牀透析 Vol.40 No.5 特集「透析患者の心不全パンデミックに立ち向かう」
臨牀透析 Vol.40 No.5 特集「透析患者の心不全パンデミックに立ち向かう」

¥2,860

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

超高齢化に伴う高血圧症や心臓弁膜症の増加,生活習慣の欧米化による虚血性心疾患の増加などにより,高齢者を中心として急性/慢性心不全患者が急増しており,“心不全パンデミック”という言葉を目にするようになった.(編集後記より抜粋)

臨牀消化器内科 Vol.39 No.5 特集「肝細胞癌の集学的治療」
臨牀消化器内科 Vol.39 No.5 特集「肝細胞癌の集学的治療」

¥3,300

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

肝細胞癌は罹患数、死亡数こそ減りつつあるが、いまだ予後の悪い癌であることには変わりない。近年の治療法、とくに薬物療法の進歩はめざましい。なかでも複合免疫療法の台頭は薬物療法の臨床を大きく変えつつある。(編集後記より)

臨牀透析 Vol.40 No.4 特集「急性腎障害の最新トレンド」
臨牀透析 Vol.40 No.4 特集「急性腎障害の最新トレンド」

¥2,860

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

従来,急性腎不全(acute renal failure;ARF)と認識されていた病態を新たに急性腎障害(acute kidney injury;AKI)と呼び変えるようになったのが2004年頃であり,RIFLE基準を起点として,AKIN基準及びKDIGO基準といった国際的に統一されたAKI診断基準...