• M2PLUS
  • 日本メディカルセンター

日本メディカルセンター:78件

ポイント率が高い順

臨牀消化器内科 2020 Vol.35 No.2  特集 B型肝炎Trends & Topics
臨牀消化器内科 2020 Vol.35 No.2 特集 B型肝炎Trends & Topics

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み

特集「B型肝炎Trends & Topics」 今回の特集では、「ポストC型肝炎時代」におけるB型肝炎が意識されている。B型肝炎はなぜ治りにくいのか、HBVは駆除できないのか、核酸アナログで制御されていても肝癌はゼロにならない実態、新規の抗HBV薬の開発状況などを、この領域のエキスパートにご執筆いた...

臨牀透析 2020 Vol.36 No.1 特集 透析患者の感覚器障害
臨牀透析 2020 Vol.36 No.1 特集 透析患者の感覚器障害

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み

特集「透析患者の感覚器障害」   透析患者では聴覚障害の頻度が高いことが知られ,さらに味覚や視覚の障害も知られている.しかし嗅覚障害の情報はきわめて乏しい. 感覚器障害は高齢者では普遍的でもあり,味覚・嗅覚障害などのごとく複合してみられる頻度も高い.(編集後記より抜粋) >『 臨牀透析』最新号・バッ...

臨牀消化器内科 2020 Vol.35 No.1  特集 ガイドラインに基づいた内視鏡診療
臨牀消化器内科 2020 Vol.35 No.1 特集 ガイドラインに基づいた内視鏡診療

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み

特集「ガイドラインに基づいた内視鏡診療」 内視鏡感染・周術期管理から,消化管,胆膵分野における診断,治療を扱った12 のガイドラインを取り上げ,作成に携わった先生ならではの視点から,ガイドラインの実臨床への応用をお示しいただいた. >『 臨牀消化器内科』最新号・バックナンバー

INTESTINE 2019 Vol.23 No.6 全身性疾患における腸管病変-腸管ベーチェット病とその鑑別疾患
INTESTINE 2019 Vol.23 No.6 全身性疾患における腸管病変-腸管ベーチェット病とその鑑別疾患

¥3,520

(ポイント率 2%)

立ち読み

特集 全身性疾患における腸管病変-腸管ベーチェット病とその鑑別疾患 序説  Ⅰ.腸管ベーチェット病の疫学と診断基準  Ⅱ.話題提供-腸管ベーチェット病の診療ガイドラインについて  Ⅲ.腸管ベーチェット病の治療  Ⅳ.腸管ベーチェット病の鑑別疾患   (1)単純性潰瘍・trisomy 8 の腸病変-腸...

臨牀透析 2019 Vol.35 No.13 緊急特集 長期にわたる停電・断水への対策
臨牀透析 2019 Vol.35 No.13 緊急特集 長期にわたる停電・断水への対策

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み

緊急特集「長期にわたる停電・断水への対策―大型台風による広域災害」特集「透析生活をサポートする-各職種ができることと限界」  緊急企画では,ライフラインおよび情報連絡網の確保,電子カルテや患者情報の管理,各透析治療における対処法,昨年の台風24 号による広域停電の経験などを取り上げ,実際に災害を経験...

臨牀消化器内科 2019 Vol.34 No.13 特集 慢性胃炎を再考する
臨牀消化器内科 2019 Vol.34 No.13 特集 慢性胃炎を再考する

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み

最近の傾向としては,H. pylori除菌後の胃粘膜,あるいは,H. pylori未感染の胃粘膜に出会うことが多い.従って,診断される胃癌も,H. pylori除菌後の胃粘膜に発生するもの,あるいは,非萎縮のH. pylori未感染粘膜より発生するものが増加している.(巻頭言より抜粋) 【特集目次】...

臨牀透析 2019 Vol.35 No.12 特集 透析患者の支持療法
臨牀透析 2019 Vol.35 No.12 特集 透析患者の支持療法

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み

透析領域では,「支持療法」という用語はまだ一般的ではありません.しかし,がん領域での定義をそのまま用いれば,“末期腎不全そのものに伴う症状や透析治療による副作用に対しての予防策,症状を軽減させるための治療”と言い換えることができます. 特集「透析患者の支持療法」  Editorial 加藤 明彦  ...

INTESTINE 2019 Vol.23 No.5 FIT 陰性癌の特徴
INTESTINE 2019 Vol.23 No.5 FIT 陰性癌の特徴

¥3,520

(ポイント率 2%)

立ち読み

特集「FIT 陰性癌の特徴)」  わが国で開発された免疫便潜血検査(FIT)は感度・特異度とも優れており,対策型検診の一環として現在に至るまで広くに普及している.  一方,すでに大腸癌が存在しているにもかかわらず陥凹型早期癌のようにFIT で検出できない癌,すなわち偽陰性癌の存在も懸念されている.つ...

臨牀消化器内科 2019 Vol.34 No.12  遭遇の機会が増えたIPMN/膵嚢胞-現状と課題
臨牀消化器内科 2019 Vol.34 No.12 遭遇の機会が増えたIPMN/膵嚢胞-現状と課題

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み

特集「遭遇の機会が増えたIPMN/膵嚢胞-現状と課題」 画像診断の進歩により多数のIPMN/膵嚢胞が指摘されるようになった今,確かに健常人と比べると膵癌の高リスク群ではあるが,過度に心配されるほどの高リスクでもなく,消化器内科のcommon disease としてその病態や経過観察のポイントを理解し...

臨牀透析 2019 Vol.35 No.11 特集 その人らしい生活を支える透析看護
臨牀透析 2019 Vol.35 No.11 特集 その人らしい生活を支える透析看護

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み

特集「その人らしい生活を支える透析看護」  今月の特集では患者が透析を受けながらその人らしく生き,納得できる生活を支えるために私たちは何ができるのか,患者が望む生き方とはどのようなものを指すのか,合併症を有する患者,高齢者や小児の透析をどのように支えていくかについてご執筆いただいた. その人らしい生...

臨牀消化器内科 2019 Vol.34 No.11  胃癌診療2019-現状と課題
臨牀消化器内科 2019 Vol.34 No.11 胃癌診療2019-現状と課題

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
臨牀透析 2019 Vol.35 No.10 特集 在宅血液透析の勧め―円滑導入のためのノウハウ
臨牀透析 2019 Vol.35 No.10 特集 在宅血液透析の勧め―円滑導入のためのノウハウ

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み

在宅血液透析の勧め―円滑導入のためのノウハウ 特集一覧 1 在宅血液透析の過去,現在,未来 2 在宅血液透析にどう導入するか 3 啓発活動―在宅血液透析推進チーム 4 看護師の役割 5 水質管理・機器の保守点検 6 在宅血液透析のバスキュラーアクセス 7 安全性の検証―アンケート調査から 8 在宅血...

臨牀透析 2019 Vol.35 No.9 標準血液透析を再考する
臨牀透析 2019 Vol.35 No.9 標準血液透析を再考する

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み

トータル医療として透析を考えることを目的として、1985年1月に創刊。 【特集】標準血液透析を再考する―最良の透析処方・管理技術とは ・患者一人ひとりに合わせた血液透析処方の選択 ・透析膜,血液浄化膜の選択 ・透析スケジュールによる影響 他 >『 臨牀透析』最新号・バックナンバー

臨牀消化器内科 2019 Vol.34 No.10 消化器ステント留置
臨牀消化器内科 2019 Vol.34 No.10 消化器ステント留置

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み

消化器の臨床現場になくてはならない最新情報をお届けすべく,1986年1月に創刊。 【特集】消化器ステント留置 消化器領域におけるステントの歴史は長く,食道では1800年代から木材や骨で作製されたステントの留置が試みられたが,ほとんど留置に成功していなかった.今日の発展はステントテクノロジーの進歩によ...

INTESTINE 2019 Vol.23 No.4 原因不明消化管出血(OGIB)
INTESTINE 2019 Vol.23 No.4 原因不明消化管出血(OGIB)

¥3,520

(ポイント率 2%)

立ち読み

2009年1月号より誌名を「早期大腸癌」より「INTESTINE」と変更。早期大腸癌の診断と治療を中心に下部消化管領域を広く網羅し、腫瘍のみではなく炎症その他を取り上げる。 本特集では,「原因不明消化管出血(OGIB)」が企画,特集された. 各論においては,各分野の専門家の先生方に,患者背景と病歴か...

臨牀消化器内科 2019 Vol.34 No.9 大腸ポリープ取り扱いのUp to Date
臨牀消化器内科 2019 Vol.34 No.9 大腸ポリープ取り扱いのUp to Date

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み

消化器の臨床現場になくてはならない最新情報をお届けすべく,1986年1月に創刊。 【特集】大腸ポリープ取り扱いのUp to Date 本号は,内視鏡診断と治療の最新知見を総括する目的で企画されたものである.各項目の執筆はその領域のオピニオンリーダーの先生方が担当されており,現時点での“総括”がこの1...

臨牀透析 2019 Vol.35 No.8 既存のガイドラインを透析患者にどう活用するか
臨牀透析 2019 Vol.35 No.8 既存のガイドラインを透析患者にどう活用するか

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み

トータル医療として透析を考えることを目的として、1985年1月に創刊。 【特集】既存のガイドラインを透析患者にどう活用するか 各種の疾患や病態に対して,関連学術団体から各種のガイドライン(GL)が提示されている.本特集では,CKD・透析患者では既存のGLをどのように読み替えるべきか,注意すべき点は何...

臨牀透析 2019 Vol.35 No.7 (6月増刊号) CKD患者におけるがん化学療法
臨牀透析 2019 Vol.35 No.7 (6月増刊号) CKD患者におけるがん化学療法

¥6,380

(ポイント率 2%)

立ち読み

トータル医療として透析を考えることを目的として、1985年1月に創刊。 【特集】CKD患者におけるがん化学療法-透析患者を中心に 本特集では,がん薬物療法について、薬剤の観点からと癌種の観点の双方から考え,サポーティヴケアについても考察を加えていただいた.さらに,透析患者に限らず、保存期腎不全患者も...

臨牀消化器内科 2019 Vol.34 No.8 腹膜炎・腹水に対する診療の進歩
臨牀消化器内科 2019 Vol.34 No.8 腹膜炎・腹水に対する診療の進歩

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み

消化器の臨床現場になくてはならない最新情報をお届けすべく,1986年1月に創刊。 【特集】腹膜炎・腹水に対する診療の進歩 本号は,腹膜炎・腹水の鑑別診断に始まり,消化器内科,消化器外科,婦人科,腫瘍内科,腫瘍外科など多方面にわたる専門家により,腹膜疾患の診断と最新の治療および将来展望について詳細に記...

臨牀透析 2019 Vol.35 No.6 AKI診療のエビデンスと課題
臨牀透析 2019 Vol.35 No.6 AKI診療のエビデンスと課題

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み

トータル医療として透析を考えることを目的として、1985年1月に創刊。 【特集】AKI診療のエビデンスと課題 本特集では,AKI 診療における現在のエビデンスと今後の課題について執筆していただいた.さらに,従来のガイドラインで触れられていない薬物動態,栄養・代謝管理,高齢者への対応,看護についても解...