日本メディカルセンター:202件

ポイント率が高い順

20件

バスキュラーアクセスを極める-その作製とマネジメント
バスキュラーアクセスを極める-その作製とマネジメント

¥8,800

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

医師・看護師・臨床工学技士に向けるバスキュラーアクセスの専門書 維持血液透析を円滑に継続していくためには、いうまでもなく機能と形態に優れた安全なバスキュラーアクセス(VA)の存在が欠かせません。基礎疾患、術前のマネジメントなど詳しく解説しています。

胃炎の京都分類 改訂第3版
胃炎の京都分類 改訂第3版

¥5,280

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

「胃炎の京都分類」の表を大幅改訂,内視鏡像は白色光に加えIEE,病理像も加えた 胃粘膜の変化を語るうえで最も重要で,最も難解なのは正常の胃粘膜をどう定義するかである.改訂第3版では正常の内視鏡所見とともに,正常の胃粘膜の組織像についても取り上げた.正常胃粘膜の基本構造を理解することにより,内視鏡所見...

胃拡大内視鏡
胃拡大内視鏡

¥13,200

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

本分野のパイオニアが,一貫した信念のもとにまとめた 本書が目指すのは, (1) 論理的根拠に基づいた標準的な観察法を呈示する. (2) 観察条件を統一して得られる診断に有用な指標(解剖学的所見)を明確にする. (3) それらの指標を用いて,内視鏡所見を解析し,一定の診断基準に基づき病変の質的診断を行...

内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像-上部消化管 改定第4版
内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像-上部消化管 改定第4版

¥12,100

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

初版から13年、急速に変貌を遂げつつある上部消化管内視鏡診断学を見据え第4版改訂! 本書は「所見ごと」に項目立てされているのが特徴である。隆起あるいは陥凹といった所見をみて、その所見から質的診断に至るプロセスを、多くの内視鏡写真と簡潔な説明、そしてフローチャートを用いて懇切丁寧に解説している。 > ...

内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像-下部消化管 改定第4版
内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像-下部消化管 改定第4版

¥11,000

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

初版から13年、急速に変貌を遂げつつある下部消化管内視鏡診断学を見据え第4版改訂! バルーン小腸内視鏡やカプセル内視鏡の画像診断学や改訂された種々の規約・指針や,新しいガイドラインの内容も盛り込み,最新の下部消化管診断学の情報を網羅した診療に必須の書籍となっている。 > 内視鏡診断のプロセスと疾患別...

炎症性腸疾患Imaging Atlas-診断の極意と鑑別のポイント
炎症性腸疾患Imaging Atlas-診断の極意と鑑別のポイント

¥8,690

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

これまでにない非常に充実した炎症性腸疾患における画像診断アトラス 典型例に加えて多彩な非典型例を数多く提示。日常診療において診断に迷う際の参考になるよう工夫してある。さらにUC/CDと鑑別を要する26項目にわたる疾患群をピックアップし、鑑別困難例のうち最終的にも確定診断がつけられない症例をはじめ、感...

臨牀透析 Vol.40 No.4 特集「急性腎障害の最新トレンド」
臨牀透析 Vol.40 No.4 特集「急性腎障害の最新トレンド」

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

従来,急性腎不全(acute renal failure;ARF)と認識されていた病態を新たに急性腎障害(acute kidney injury;AKI)と呼び変えるようになったのが2004年頃であり,RIFLE基準を起点として,AKIN基準及びKDIGO基準といった国際的に統一されたAKI診断基準...

臨牀消化器内科 Vol.39 No.3 特集「サルコペニアと消化器疾患」
臨牀消化器内科 Vol.39 No.3 特集「サルコペニアと消化器疾患」

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

筋肉量が減少し,筋力および身体機能が低下している状態を指すサルコペニアは,さまざまな疾患の病態形成や予後に深く関連することが報告されている.サルコペニアは,その成因によって,加齢に伴う筋肉量の減少である一次性サルコペニアと,活動性の低下(廃用性萎縮)や低栄養,臓器不全や侵襲,腫瘍などの疾患に伴う筋肉...

臨牀透析 Vol.40 No.3 特集「“透析看護”研究,論文発表に繋げよう!」
臨牀透析 Vol.40 No.3 特集「“透析看護”研究,論文発表に繋げよう!」

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

本特集では,看護実践を可視化するためのプロセスとして,看護現場で経験した実践事例をまとめることから論文発表までの取り組みをわかりやすく解説した.(「はじめに」より)

臨牀透析 Vol.40 No.2 特集「血液透析患者の血圧を再考する」
臨牀透析 Vol.40 No.2 特集「血液透析患者の血圧を再考する」

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り
臨牀消化器内科 Vol.39 No.1 特集「消化器内視鏡診療における鎮静」
臨牀消化器内科 Vol.39 No.1 特集「消化器内視鏡診療における鎮静」

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

本邦においても内視鏡検診の時代にもなり,苦痛なく内視鏡検査・治療を行うことで,コンプライアスの向上による早期診断,さらには予後改善,また治療内視鏡の成績向上につなげていくか,ということを考える時代になっている.

臨牀透析 Vol.39 No.13 特集「透析室のベストな医療安全管理」
臨牀透析 Vol.39 No.13 特集「透析室のベストな医療安全管理」

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り
臨牀消化器内科Vol.38 No.13 特集「胆膵の画像・内視鏡診断の進歩-早期診断と正確な診断のために」
臨牀消化器内科Vol.38 No.13 特集「胆膵の画像・内視鏡診断の進歩-早期診断と正確な診断のために」

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

本特集が,膵臓・胆道疾患における診断の知識の整理と同時にupdateにつながり,読者の日常臨床に役立つものと信じている.

臨牀消化器内科 Vol.38 No.12 特集「非乳頭部十二指腸腺腫・癌の診療方針」
臨牀消化器内科 Vol.38 No.12 特集「非乳頭部十二指腸腺腫・癌の診療方針」

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

変化・進歩しつつある非乳頭部十二指腸腫瘍診療の現況を解説し,今後の「十二指腸癌診療ガイドライン」改訂の方向を示すために本特集を企画した.明日からの診療に役立てていただけることを願っている.

臨牀透析 Vol.39 No.12 特集「血液浄化法に応じた食と栄養」
臨牀透析 Vol.39 No.12 特集「血液浄化法に応じた食と栄養」

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

本特集では各血液浄化法における栄養代謝への影響を概説いただき,各浄化療法に応じた適切な食と栄養管理の重要性を明らかにすることを目的に企画

臨牀透析 Vol.39 No.11 特集「プライマリーナースとしての透析看護」
臨牀透析 Vol.39 No.11 特集「プライマリーナースとしての透析看護」

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

透析看護は,患者と週に3 回,4~5 時間,長年に渡ってケアを継続している.他の看護分野にはない特長があり,透析室の看護提供方式こそまさにプライマリーナーシングの看護が実現できる現場といえる.

臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.11 消化管出血のマネジメントが変わっている?-最新情報と診療の実際
臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.11 消化管出血のマネジメントが変わっている?-最新情報と診療の実際

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「消化管出血のマネジメントが変わっている?-最新情報と診療の実際」  本特集では、日常診療で遭遇することの多い「消化管出血」をテーマとして取り上げ、疫学から診断手順、疾患別の治療ストラテジーについて、最新情報と診療の実際を詳しく解説していただいた。

臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.10 ここまで進んだ肝硬変診療
臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.10 ここまで進んだ肝硬変診療

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「ここまで進んだ肝硬変診療」  肝硬変には肝予備能や予後・QOL の改善が期待できない限界点,すなわち「Point of No Return」も存在します.「これからの肝硬変診療」は「Point of No Return」を明らかにし,乗り越えていくことではないでしょうか.

臨牀透析 Vol.39 No.10 特集「透析患者の希望(ホープ)を照らす」
臨牀透析 Vol.39 No.10 特集「透析患者の希望(ホープ)を照らす」

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「透析患者の希望(ホープ)を照らす」 この特集では,腎透析臨床の実践者や,人生の終末期の心理や意思決定に焦点を当てて診療と研究を行う臨床家,行動医学の専門家から,具体的でわかりやく,診療現場での希望の意義やアプローチの仕方について執筆頂いた.患者とより良い治療関係を築き,患者の充実した疾病ライフ...

臨牀透析 Vol.39 No.9 特集「在宅・長時間透析2023-快適で長生きするために」
臨牀透析 Vol.39 No.9 特集「在宅・長時間透析2023-快適で長生きするために」

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

特集「在宅・長時間透析2023-快適で長生きするために」 今回,在宅血液透析(HHD)とオーバーナイト透析を含む長時間透析の現状をまとめてもらった.2021 年の時点でHDD患者数は748 人であり全透析患者の0.21%である.HHD によりQOL や食事の自由度が上がるが,自分自らで施行することや...