学樹書院:6件

人気順

POWER MOOK 精神医学の基盤[3]特集:精神医学におけるスペクトラムの思想
POWER MOOK 精神医学の基盤[3]特集:精神医学におけるスペクトラムの思想

¥5,500

本書は学樹書院から出版されている《精神医学の基盤》シリーズの第3巻となる。このシリーズでは先行する2冊においても、精神医学の知見の網羅やマニュアル的情報の効率的提供ではなく、精神医学の土台をなす思想、方法論、あるいはパースペクティブそのものを問うことが目指されてきた。この第3巻ではその方針をさらに先...

POWER MOOK 精神医学の基盤[1]特集:薬物療法を精神病理学的視点から考える
POWER MOOK 精神医学の基盤[1]特集:薬物療法を精神病理学的視点から考える

¥4,400

記念すべき第1号の特集は「薬物療法を精神病理学的視点から考える」である。「精神医学の基盤」では精神医学における重要なテーマを斬新な切り口で俎上に載せていく予定であるが、第1号で選ばれたこのテーマは、今日の精神医学を語る際に避けては通れないばかりでなく、あらゆる議論のスタイルを象徴的にあぶりだす作用が...

POWER MOOK 精神医学の基盤[2]特集:うつ病臨床の論理と倫理
POWER MOOK 精神医学の基盤[2]特集:うつ病臨床の論理と倫理

¥4,400

精神医学そのものの変質が今日の問題の根本原因であり、決して不勉強、不心得な一部の医師の問題ではない。卒後の研鑽を怠らずガイドラインに従った医療を行う善意の医師が、患者に対して心理療法とともに種々の向精神薬の投与を行うことにより、結果的に患者の人生を大きく変えてしまうこともある。長年まじめに通院服薬し...

心拍再開後ケアと低体温療法 トレーニングマニュアル
心拍再開後ケアと低体温療法 トレーニングマニュアル

¥2,200

心拍再開後ケアに必要な事柄を全て網羅! 日本蘇生協議会(JRC)出版部から発刊し,日本循環器学会循環器救急医療委員会心拍再開後ケア普及啓発部会の会員が主体となって企画・作成。実際の現場や各施設でのトレーニング,あるいはPCASトレーニングコースに必携のマニュアルとして役立ちます。 ■追補版 ・ PC...

新・精神病理学総論 人間存在の全体
新・精神病理学総論 人間存在の全体

¥4,400

甦るヤスパース。〝総論″は何を主張していたのか。 かつてない平易な解説で、ヤスパースが提起した問題を、今日の問題として読み解く渾身のマニュアル。精神医学に関心を寄せる人々が知っておくべき「臨床」の考え方。書棚に飾るヤスパースから、活用されるヤスパースへ。

PCASトレーニング・マニュアル:追補
PCASトレーニング・マニュアル:追補

¥660

「 心拍再開後のケアと低体温療法のトレーニング・マニュアル」刊行後の追補項目のみを収載した追補版の冊子。 デバイスを使用した気道管理,CPR フィードバック機器,機械的CPR,PCPS を使用したECPR,さまざまな体温管理デバイスを使用したTTM,心拍再開後の全身管理,さらに蘇生中のさまざまなモニ...