• M2PLUS
  • 臨床栄養141巻6号 ガイドライン2022を踏まえた 動脈硬化性疾患予防のための食事療法

臨床栄養141巻6号 ガイドライン2022を踏まえた 動脈硬化性疾患予防のための食事療法

  • ISBN : 9784006414106
  • ページ数 : 128頁
  • 書籍発行日 : 2022年11月
  • 電子版発売日 : 2022年11月18日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数 : 3
販売価格 (ダウンロード販売)
¥1,870 (税込)
ポイント : 34 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

ガイドライン2022を踏まえた 動脈硬化性疾患予防のための食事療法
I エネルギーと脂質(脂肪エネルギー比率,脂肪酸,コレステロール)
II 野菜,果物,果糖,大豆,穀物,食物繊維
III 日本食パターン ほか

≫ 「臨床栄養」最新号・バックナンバーはこちら
臨床栄養 年間購読(2022年1月-12月)受付中!

※都合により,紙版の誌面と異なり割愛される箇所があることがございます(p.857,p.858の図は未収載となっております).



※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

特集にあたって


狭心症や急性心筋梗塞といった冠動脈疾患やアテローム血栓性脳梗塞などの動脈硬化性疾患は,悪性新生物とともに日本人の主要な死因であり,平均寿命と健康寿命の乖離という社会問題につながる大きな原因です.その危険因子となる脂質異常症や高血圧,糖代謝異常,メタボリックシンドローム,慢性腎臓病などの予防や治療は著しく進歩しています.

こうした背景をもとに,日本動脈硬化学会の「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022 年版」は,動脈硬化性疾患の成因,病態,予防,治療の発展,向上を図るとともに,国民に対する啓発活動を行うことを目的に2017 年版に引き続き発刊されました.脂質管理は動脈硬化性疾患発症や進展の予防に対して明確なエビデンスをもつ治療であり,なかでも食事療法はその基本です.そして,指導する医療側としては血圧や糖代謝も含めて包括的にリスクを把握し,食事療法,運動療法,薬物療法を組み立てることが望まれています.すなわち大切なことは,指導する対象者の病態を包括的に理解することと,優先順位や経過の評価なども含めてアセスメントとケアプランがしっかり立てられることです.また,多くの情報が溢れる時代に,こうした危険因子に関する食事療法の正しい知識を習得することが要求されています.

本特集では,今回のガイドラインにおける改訂のポイントのうち食事療法,とくに脂質を中心に解説しました.上記ガイドラインにも採用されている野菜や果物,飲酒などの項目や,近年注目されている食事パターンとして日本食,地中海食,DASH食についての解説も含まれます.本特集が医師,管理栄養士,保健師のみならず,国民の健康にかかわるさまざまな職種の専門的知識および技術の向上につながり,国民の健康増進に貢献できることを望むところです.動脈硬化性疾患の予防・治療対策を皆さんと考えていきましょう.


神戸学院大学栄養学部 栄養学科 臨床栄養学部門
藤岡由夫

■ 目次

特集:ガイドライン2022を踏まえた動脈硬化性疾患予防のための食事療法

動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版の改訂ポイント  吉田博

<動脈硬化性疾患予防のための食事療法・生活指導>

I エネルギーと脂質(脂肪エネルギー比率,脂肪酸,コレステロール)  藤岡由夫

II 野菜,果物,果糖,大豆,穀物,食物繊維  竹谷豊

III 日本食パターン  竹本稔

IV 地中海食とDASH食  田守義和

V 飲酒,アルコール  絹田皆子,神田秀幸

巻頭カラー

ESPEN2022参加報告記  吉村芳弘

活動レポート 栄養ケア・ステーション

認定栄養ケア・ステーション ファンスタディ  長井彩子

Current Tech in the Kitchen

食品の品質を保つ冷蔵庫の最新テクノロジー―衛生除菌から鮮度・おいしさの保持まで  東崎秀信,欒福磊,王海燕

スポット

食道癌化学療法におけるオーラルクライオセラピーの有用性  岡本浩一

ズームアップ

血中レプチン測定と脂肪萎縮症  中尾一和

連載

こんだてじまん

じまんの一品料理 ちらし寿司(さんさ踊り行事食)/盛岡市立病院  大森美紀,吉田未央,黒澤麻理子,齊藤聡至,武田尚子,浜田紗織

Case Reportに学ぶ摂食嚥下障害の栄養アセスメントと介入のコツ

2.多職種に届け! 栄養診断(PES報告)の書き方  園井みか,江頭文江,小城明子

宮島流! 病棟栄養士のためのケースカンファレンス活用術

CASE 11 完全房室ブロック  宮島功

ビタミン栄養学UPDATE―新たな臨床的意義の確立に向けて

11.静脈経腸栄養におけるビタミン  佐々木雅也,栗原美香

Medical Nutritionist養成講座

59.半固形経腸栄養剤はどのように使われているのか  井上善文

Dr.雨海の男性臨床栄養学

18.タンパク質の逆襲(3)―脂質異常症のローブロー  雨海照祥

『日本食品標準成分表』の活用でもっと深まる 食品と調理のキソ知識

第43回 し好飲料類2  渡邊智子

ORIGAMI ART―食に活かすおりがみ/食の教養

ラ・フランス  西田良子,立木美保

レポート

第69回日本栄養改善学会学術総会

News&Information

日本栄養士会医療職域

第42回食事療法学会開催のご案内  徳丸季聡

自治体病院

周術期栄養管理実施加算取得への道  津田克彦

精神科病院

令和4年度 日本精神科医学会学術教育研修会「栄養士部門」(Web配信)報告―「精神科医療での栄養サポートを見つめ直す」  高橋俊裕

厚生労働省・消費者庁

「令和4年版厚生労働白書―社会保障を支える人材の確保」の公表・他

おしらせ

日本臨床栄養協会 卒後研修委員会主催「現場で行う臨床研究塾―データを料理して成果を見える化しよう」・他

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:24.2MB以上(インストール時:53.1MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:24.2MB以上(インストール時:53.1MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません