• M2PLUS
  • Medical Technology49巻10号 先輩技師が教える 一般検査Tips

Medical Technology49巻10号 先輩技師が教える 一般検査Tips

  • ISBN : 9784006104910
  • ページ数 : 100頁
  • 書籍発行日 : 2021年10月
  • 電子版発売日 : 2021年11月26日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥1,870 (税込)
ポイント : 34 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

特集:先輩技師が教える 一般検査Tips
尿の適切な採取法(採尿指導の必要性)
糞便中の寄生虫,寄生虫卵と見間違いやすい成分
血性髄液の細胞補正は必要なのか? ほか

≫ 「Medical Technology」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

はじめに―本特集にあたって


一般検査は臨床検査のなかでも歴史的に古くから行われている尿検査をはじめ,糞便検査,髄液検査,体腔穿刺液検査,精液検査など多岐にわたり,現在も日常診療において幅広く用いられている必要不可欠で重要な臨床情報が得られます.これらは基本的で簡便な手技・操作との印象から,新人が最初に配属されることも多く,日当直業務でも担当する機会があることと思われます.

近年,一般検査も精度保証に重点を置いた標準作業書,操作マニュアル,手順書などが整備されているとともに,自動化が進んでいる施設もあることでしょう.しかしながら,今も用手法による検査方法が数多くあり,日常業務のなかで関連マニュアルに従って検査を実施していても,なかなか上手くいかなかった経験がある方も少なくないはずです.基本的な検査であるがゆえの思わぬピットフォール(落とし穴)なのかもしれません.

また,一般検査は標準法が確立されていない検査項目もあり,自施設の検査手技・方法などに疑問や不安を感じることや,基本的で簡便であるはずなのに,うろ覚えで自信がないこともあるかと思われます.これは,一般検査には多彩な検査材料を正しく取り扱い,多岐にわたる検査項目を理解することが求められ,またその検査手技は顕微鏡を用いた形態学的検査や用手法も多いためと思われます.日常的な判定・鑑別・結果報告で臨床検査技師としての知識と技術,経験値と総合的な判断能力が重視されるのです.

昨今,臨床検査技師には臨床検査のスペシャリストであることにとどまらず,ジェネラリストであることが求められています.私は,一般検査とは臨床検査技師がジェネラリストになるための登竜門であり,さらには臨床検査のジェネラリストが一般検査を担うことが望ましいとも考えています.臨床検査技師がジェネラリストになるためには,幅広く深い知識と習熟した技術やコツを習得し,多くの経験を積み,総合的に臨床検査成績を判断できる能力が必要です.

本特集の執筆者は現場経験も豊富で,多くの経験を積んできた一般検査分野における第一人者の方々です.現場で働く皆様のスキルアップや,忘れかけていた基礎の振り返り,経験の一つとして,本特集を日常業務にお役立ていただければ幸いです.


企画監修 太田 惣(KKR札幌医療センター 臨床検査科)

■ 目次

特集 先輩技師が教える 一般検査Tips

はじめに―本特集にあたって  太田惣

尿検査編

尿の適切な採取法(採尿指導の必要性)  加藤節子

尿検査に影響のある飲み物・食べ物  大沼健一郎

尿量が多い場合(多尿),考えたい尿検査のこと  山下広光

尿糖が出れば糖尿病?  中川裕美

アルブミン尿と蛋白尿って違うの?  油野友二,佐藤妃映

投薬治療中患者の尿検査の必要性  太田惣

尿の色調が尿検査に与える影響と対応  吉永治代

肉眼的血尿で注意すべき尿沈渣成分  友田美穂子

尿量が少ない場合の尿沈渣検査の注意点  門脇和秀

尿沈渣成分が多量の場合の注意点  長嶌和子

尿中赤血球と類似成分の見分け方  堀田真希

尿中白血球と類似成分の見分け方  田中雅美,宿谷賢一

尿細管上皮細胞と類似成分の見分け方  坂牛省二

糞便検査関連編

糞便中の寄生虫,寄生虫卵と見間違いやすい成分  滝賢一

便潜血検査の検体採取の注意点・採便指導の必要性  稲垣泰良

髄液検査関連編

血性髄液の細胞補正は必要なのか?  渡邉裕樹,竹下享典,奈良豊

白血球以外に出現する成分は?  山下美香

Editorial―今月のことば

東京2020オリンピック・パラリンピック後への期待  三村邦裕

話題―NEWS&TOPICS

多項目遺伝子検査における国際標準化の動向  宮地勇人

ctDNA検査とは  岩谷岳

読者モニター募集のお知らせ

L・Lの日常

L・Lの日常  周玲蓮  

基礎講座

押さえておきたい 各種APTT試薬の特徴  山﨑哲

FOCUS

輸血関連業務におけるタスクシフトの取り組み  遊佐貴司

臨床検査Q&A

SARS-CoV-2の遺伝子検査で,偽陽性を疑った時の対処法について教えてください.  阿部教行

リンパ節細胞診で樹状細胞を見分けるポイントを教えてください.  岸本浩次,土田秀

Special Report  第70回日本医学検査学会

本学会を振り返って  西浦明彦

私が注目したこの演題

臨床化学領域  米根鉄矢

血液検査領域  臼倉健世

微生物検査領域  手島裕治

病理・細胞診領域  橋向圭介

生理検査領域  杉山聡

一般検査領域  尾上由美

輸血検査領域  渕野亮太

学会レビュー

第46回日本超音波検査学会学術集会  大澤俊之

第62回日本臨床細胞学会総会(春期大会)  加藤弘志

LABO LIFE―私の仕事・私の明日

POCコーディネーターとして働く  木下真紀

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:14.3MB以上(インストール時:31.2MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:14.3MB以上(インストール時:31.2MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません