• M2PLUS
  • 救急医学 2021年11月増刊号 第45巻第13号 外傷画像診断アトラス2021

救急医学 2021年11月増刊号 第45巻第13号 外傷画像診断アトラス2021

  • ISBN : 9784012004513
  • ページ数 : 328頁
  • 書籍発行日 : 2021年11月
  • 電子版発売日 : 2021年11月24日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,400 (税込)
ポイント : 80 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

特集 外傷画像診断アトラス2021

外傷画像診断のバイブルが誕生! 他に類を見ない“外傷症例の画像”オンリーの特集号、圧倒的ボリュームの症例画像枚数、「救急医学」誌だからこその外傷診療トップランナーによる解説で、外傷例の特徴的な画像所見とその読影、そして治療方針等の判断ポイントをこの1冊に凝縮。絶対に後悔させないボリュームとクオリティで お届けします。

救急医学バックナンバー

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

特集にあたって


わが国における外傷診療は,外傷初期診療指針(JATECTM)および病院前外傷診療指針(JPTECTM)が確立されて20年近くが経過し,さらには外傷専門診療ガイドライン(JETEC)もコース設定され,その標準化が革新的に進んできました。そのようななか,外傷診療での診断・治療方針の決定において画像診断の位置づけは大変重要であり,各種研修コースなどでも画像検査のタイミングや読影について,標準化教育の一要素として取り上げられています。また最近では,本誌でも特集記事(2020年5 月号)として取り上げた“ハイブリッドER システム”の普及によって,外傷の診断手順と画像診断のあり方さえも,変化を遂げつつあるところです。そのうえで実臨床の現場では,限られた時間のなかで診断に必要不可欠な画像検査手段を選択し,適切に診断すると同時に,画像所見から緊急度・重症度を評価することも求められます。このように画像診断は,外傷診療において診断・治療・時間短縮のカギを握る,非常に重要な要素であることは間違いありません。

さて,このように外傷診療のカギを握る画像診断ですが,救急疾患・緊急病態に関する「画像アトラス」については,本誌でも各成書でもこれまで何冊も出版されてきた一方で,「外傷の画像診断」だけに焦点を絞り,網羅的に取り上げたものはほとんどありませんでした。そこで,2021年後半の『救急医学』増刊号となる今号では,「外傷画像診断アトラス2021」と題した特集を企画いたしました。今号では,とくに画像検査が診断・治療方針決定のカギとなる外傷例,および外傷に伴う合併症例を網羅的に取り上げ,実際の症例画像を多数ご掲示いただくとともに,その所見とそれに基づく診断・治療方針決定などについて,外傷診療および外傷画像診断において第一線をひた走る先生方にご執筆いただきました。

これだけの外傷症例画像が集まった特集は,間違いなく他に類をみないものです。この貴重な一冊が,次世代を担う若手救急医,外傷外科医,放射線科医をはじめとする読者に大いに活用されること,そして外傷診療の歴史のなかでも重要な位置づけとなることを信じて,本増刊号をお届けいたします。


『救急医学』編集委員会
企画担当::筑波大学医学医療系救急・集中治療医学
井上 貴昭

■ 目次

特集 外傷画像診断アトラス2021

Ⅰ 外傷症例に対する画像診断総論

外傷診療における画像選択と画像診断のあり方
藤田医科大学病院救急科/船曵 知弘

体幹外傷読影のポイント
国立病院機構災害医療センター放射線科/一ノ瀬 嘉明

中枢神経外傷読影のポイント
東京都立墨東病院救命救急センター/柴橋 慶多

Ⅱ 外傷症例に対する画像診断各論

◎頭頸部・顔面外傷

頭蓋内出血─急性硬膜外血腫,急性硬膜下血腫,脳挫傷
日本医科大学大学院医学研究科救急医学分野/横堀 將司

びまん性脳損傷─脳振盪,びまん性軸索損傷,外傷性くも膜下出血,びまん性脳腫脹
国際医療福祉大学成田病院脳神経外科/末廣 栄一 他

穿通性頭部外傷,脳内異物
長崎みなとメディカルセンター救命救急センター/早川 航一 他

顎顔面骨骨折
島根大学医学部歯科口腔外科学講座/管野 貴浩

視覚器損傷─眼窩骨折,視神経管骨折,眼球外傷など
昭和大学医学部眼科学講座/恩田 秀寿

頸部血管損傷
長崎大学病院高度救命救急センター/平尾 朋仁 他

頸椎・頸髄損傷
北海道大学大学院医学研究院整形外科学教室/高畑 雅彦

◎胸部外傷

多発肋骨骨折,血気胸
埼玉医科大学国際医療センター救命救急科/大谷 義孝

肺挫傷,肺内血腫
日本医科大学千葉北総病院救命救急センター/ショック・外傷センター/益子 一樹

横隔膜損傷
済生会横浜市東部病院救急科/妹尾 聡美

胸部大血管損傷
日本医科大学多摩永山病院救命救急科/中山 文彦

心損傷,心タンポナーデ
鳥取県立中央病院救命救急センター・集中治療センター/救急外傷外科/小林 誠人

◎腹部外傷

肝・胆道系損傷
堺市立総合医療センター救命救急科/IVR センター/薬師寺 秀明

脾損傷
聖マリアンナ医科大学医学部放射線医学/渕上 淳也 他

膵・十二指腸損傷
島根大学医学部Acute Care Surgery 講座/藏本 俊輔 他

腎損傷
深谷赤十字病院救急診療科/金子 直之

尿管・膀胱・尿道損傷
深谷赤十字病院救急診療科/金子 直之

消化管損傷,腸間膜損傷
済生会横浜市東部病院救命救急センター/清水 正幸

腹部大血管損傷
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院放射線科/濱口 真吾

◎四肢骨盤外傷

脊椎損傷,脊髄損傷
山梨県立中央病院整形外科/岩瀬 弘明

骨盤骨折,寛骨臼骨折
日本医科大学千葉北総病院救命救急センター/ショック・外傷センター/瀬尾 卓生

主要な四肢外傷
帝京大学医学部附属病院外傷センター/黒住 健人

◎外傷に関連する合併症

頭部外傷合併症─外傷性けいれん発作,髄膜炎・脳炎
大阪大学医学部附属病院高度救命救急センター/戸上 由貴

頸部外傷合併症,頸部膿瘍─頸部ガス壊疽,縦隔炎を含む
大阪急性期・総合医療センター救急診療科/木口 雄之 他

胸部外傷合併症─膿胸,肋骨骨折端に伴う大動脈損傷
順天堂大学医学部附属静岡病院救急診療科/石川 浩平 他

腹部外傷合併症─縫合不全,腹腔内膿瘍,術後イレウスなど
東海大学医学部外科学系救命救急医学/上畠 篤 他

骨盤・四肢外傷合併症
日本医科大学大学院医学研究科救急医学分野/平林 篤志

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:35.0MB以上(インストール時:76.9MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:35.0MB以上(インストール時:76.9MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません