• M2PLUS
  • オンライン診療 実践パーフェクトガイド~患者が集まり、感染対策にも役立つ

オンライン診療 実践パーフェクトガイド~患者が集まり、感染対策にも役立つ

  • ISBN : 9784296110186
  • ページ数 : 264頁
  • 書籍発行日 : 2021年11月
  • 電子版発売日 : 2021年12月3日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,950 (税込)
ポイント : 90 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

新たな診療形態であるオンライン診療の「始め方」「成功事例」を徹底解説

新型コロナの流行時にどう活用?患者の集め方、伸ばし方は?報酬算定の方法と今後の展望は?など。
業務改善に役立つ医療経営DXの先進事例も紹介します。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

はじめに

日本のオンライン診療は「次のステージ」を迎えつつあります。2018年度診療報酬改定では、保険診療においてオンライン診療が位置付けられ、「オンライン診療料」などの報酬項目が新設されました。そして2020 年、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行拡大によって、「時限的・特例的対応」として、初診からの幅広い電話・オンライン診療が認められるようになりました。

2021年夏に猛威を振るったCOVID-19の第5波でも、オンライン診療は医療機関の感染対策などに大きな役割を果たしました。東京都品川区では「品川モデル」と呼ばれる電話・オンライン診療による支援体制を構築。品川区医師会、荏原医師会、品川区薬剤師会が地域で連携しながら、オンライン診療でCOVID-19の自宅療養者等を支えています。2021年9月からは東京都医師会も品川モデルを参考に、自宅・宿泊療養者向けのオンライン診療の体制整備を始めました。

国はオンライン診療を推進し、この時限的・特例的対応を「恒久化」する方針を打ち出しています。2021年11月現在、厚生労働省の検討会において、恒久化に求められる条件等についての議論が進んでおり、2021年内に「オンライン診療の適切な実施に関する指針」の見直しの内容が定まる見通しです。このオンライン診療指針の改訂を受け、2022年度診療報酬改定でオンライン診療関連の報酬がどのように設定されるのか、改めて注目が集まっています。

本書ではオンライン診療を日常の診療ツールとして積極的に活用し、成果を上げている先進的な実践例を詳しく紹介しています。ほかにもオンライン診療を巡る制度動向や導入手順、各社のオンライン診療サービスの特徴、報酬算定のルール、法的留意点、次世代のオンライン診療・遠隔医療の最新技術動向などについても解説しました。今後、オンライン診療の導入を検討される多くの医療関係者の方々のお役に立てることを願っています。


2021年11月

日経ヘルスケア編集長 永井 学

■ 目次

第1章 オンライン診療を巡る制度動向と展望

新たな段階迎えるオンライン診療

第2章 オンライン診療の準備と実際の流れ

医師の研修や届け出が必要

第3章 オンライン診療サービスの特徴と選択のポイント

導入費用や用途で使い分け

・CLINICSオンライン診療 (株)メドレー 家族で使えるオンライン診療、決済手数料は3.45%と低水準

・curon(クロン) (株)MICIN 初期費用、月額利用料が無料で利用可能

・Door. into 健康医療相談 MRT(株) オンライン健康相談を入り口にオンライン診療を提供

・YaDoc Quick、YaDoc (株)インテグリティ・ヘルスケア 用途に応じて2つのサービスを提供

・LINEドクター LINEヘルスケア(株) 「LINE」から利用できるオンライン診療サービス

第4章 先進的なオンライン診療の活用事例

感染対策や患者との関係維持に効果

Case1 発熱外来での活用で実施件数が増加 医療法人家族の森・多摩ファミリークリニック(川崎市多摩区)

Case2 オンライン診療の仕組みで患者の車を「診察室」に 医療法人はちのへファミリークリニック(青森県八戸市)

Case3 経過観察に活用し院内感染のリスクを低減 医療法人山下病院(愛知県一宮市)

Case4 通院困難な高齢患者に提案、家族の負担も軽減 社会医療法人博進会・スワンクリニック(青森県南部町)

Case5 月100件以上のオンライン診療を実施 医療法人法山会・山下診療所(東京都目黒区、豊島区)

Case6 対象患者のみ予約可能なフィルターを設定 医療法人南輝・みやはら耳鼻咽喉科(岡山市南区)

Case7 自宅療養者を地域で支援、「品川モデル」に注目 品川区医師会など

第5章 オンライン診療・オンライン服薬指導の実務と報酬算定 105 第5章

Part1 新型コロナウイルス感染症に係る「診療報酬上の臨時的な取り扱い」

Part2 オンライン診療料の報酬算定

Part3 情報通信機器を用いた診療で算定可能なその他の報酬項目 〜遠隔連携診療料、退院時共同指導料、遠隔モニタリング加算など〜

Part4 オンライン服薬指導の報酬算定

第6章 オンライン診療の法的留意点

医師法20条とオンライン診療指針 TMI総合法律事務所 弁護士 藤巻 伍

第7章 次世代のオンライン診療・遠隔医療

「D to P with D」型の遠隔診断などが本格普及へ

1 「D to P with D」型オンライン診療が保険適用、課題は施設基準だがてんかん専門医による遠隔診断が普及の兆し

2 クラウドを介して脳波データを動画で共有Joinを活用したてんかん遠隔脳波診断支援の臨床研究を開始

3 複合現実(MR)を活用した次世代オンライン診療システム3Dホログラムで「直に触れるかのように」関節リウマチを診る

4 順天堂大が開発した「Holomedicine」患者を映し出す3次元オンライン診療システム

5 遠隔ICUサービスは日本でも普及するか?遠隔アドバイスでICUの治療成績向上を目指す

6 MICIN社のcuronを利用、医療機関の追加負担はなしJ:COMがテレビを通じたオンライン診療に参入

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:46.5MB以上(インストール時:97.8MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:46.5MB以上(インストール時:97.8MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません