• m3.com 電子書籍
  • 口腔・咽頭疾患 歯牙関連疾患を診る〈ENT臨床フロンティア〉

口腔・咽頭疾患 歯牙関連疾患を診る〈ENT臨床フロンティア〉

  • ページ数 : 320頁
  • 書籍発行日 : 2013年7月
  • 電子版発売日 : 2021年12月15日
¥14,300(税込)
ポイント : 260 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

口腔・咽頭・歯牙に関連する領域で耳鼻咽喉科医師が必ずおさえておきたい疾患,鑑別に注意を要する症状・疾患などについて,外来診療でのポイントを解説.視診に際して参考になる典型症例の臨床写真を豊富に掲載.また「私が薦める治療法」として,第一人者が治療の勘所を丁寧に指南する.巻末には,外来で使える患者説明用文書・イラストを収めた.

あわせて読む → 「ENT臨床フロンティア」シリーズ

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文


口腔・咽頭そして歯牙に関連する疾患の多くは,内視鏡などの機器を使用せずとも直接目で“見る”ことができる.それゆえ,患者自身も咽頭や舌の異常を自ら発見して受診することが多い.ところが,この領域の疾患を“診る”ことは必ずしも容易でない.ただ漠然と眺めているだけでは確定診断には至らず,血液学的検査や細菌学的検査,さらには病理組織学的検査などに委ねられることになる.しかし,その結果が判明するのを待つ間にも病状は日に日に増悪し,痛みで食事が満足にとれないという患者の訴えも強く,できれば一目見ただけで診断し治療できないものかという歯痒い思いをした経験を持つ耳鼻咽喉科医は少なくないと思われる.

このような要望に応えるべく,本書は『口腔・咽頭疾患,歯牙関連疾患を診る』と題して,視診のみでどこまで診断できるか,その限界に迫るとともに,日常診療ですぐに役立つ実践的な内容となることを目指した.そして,この目的を達成すべく,「口腔疾患」,「咽頭疾患」,「歯牙に関連する疾患」の3章に分け,日常診療で遭遇する機会が多く,その一方で診断に悩むことが少なくない疾患や病態のみを取り上げ,それぞれの執筆者には,実地診療の範囲内でその流れに沿って解説するようお願いした.また,いっぷう変わった病変や鑑別を必要とする類似疾患との“診”分け方,重要な疾患を“診”落とさないためのコツも記していただいた.治療についても,一般的な外来診療のレベルで実施でき,しかも極めて有効な秘伝ともいえる方法や難治性疾患への対処方法を「私が薦める治療法」として,患者説明の実例とともに分かりやすくまとめていただいている.

病を“診る”ことができるようになるためには,典型的な症例をじっくり観察することも大切である.そこで,本書では執筆者秘蔵の写真を数多く提示していただき,「視覚的に理解しやすい」ことを特徴とするこのシリーズの目的にも適った内容になっていると自負している.そして,本書を手に取られた先生が,ここに掲載された数々の写真や図を“見る”ことで,その疾患を“診る”ことができるようになることを期待している.


2013年6月

鹿児島大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科
黒野祐一

目次

第1章 口腔疾患を診る

口腔疾患の診療の進め方

外来でよくみる舌炎 (荒牧 元)

単純性舌炎

アレルギー性舌炎

悪性貧血による舌炎(Moller-Hunter 舌炎)

鉄欠乏性貧血による舌炎(Plummer Vinson 症候群)

黒毛舌

地図状舌

皺状舌

正中菱形舌炎

舌痛症

口腔粘膜にみられる諸種粘膜病変 (牧本一男,山本祐三)

扁平苔癬

特徴的所見を呈する舌炎

ローン(Crohn) 病にみられる口腔内病変

ベーチェット病にみられる口腔粘膜病変

再発性口腔・咽頭潰瘍

尋常性天疱瘡にみられる口腔内病変

多形滲出性紅斑にみられる口腔粘膜病変

口腔の潰瘍性病変 (原渕保明,高原 幹)

潰瘍性病変の診かた

単純ヘルペス性歯肉口内炎

口唇ヘルペス

帯状疱疹

ヘルパンギーナ

手足口病

水痘

慢性活動性EBウイルス感染症

べドナー(Bedner)アフタ(褥瘡性潰瘍)

尋常性天疱瘡

扁平苔癬

ベーチェット(Behcet)病

クローン(Crohn)病

PFAPA症候群

扁平上皮癌

鼻性NK/T細胞リンパ腫

難治性口腔咽頭潰瘍

口腔における性感染症 (荒牧 元)

口腔梅毒

HIV感染症,AIDS

性感染症としてのヘルペス性口内炎

口腔乾燥症 (吉原俊雄)

診断の進め方

検査法

検査所見の把握

具体的な原因疾患と鑑別

味覚障害 (池田 稔,野村泰之)

味覚障害の原因

味覚障害の診断手順

診断のポイント

治療

口臭症 (望月高行)

口臭診療における問題点

口臭の分類と原因

口臭物質

口臭を主訴とする患者へのアプローチ

口臭の予防と対策−治療のゴール設定をどこにおくのか?

繰り返す耳下腺腫脹 (河田 了)

非腫瘍性疾患

腫瘍性疾患

舌・軟口蓋麻痺 (大越俊夫,大久保はるか,石井祥子)

舌麻痺

軟口蓋麻痺

私が薦める治療法

再発を繰り返すアフタ性口内炎 (山本祐三,牧本一男)

アフタとは

再発性アフタ性口内炎

ベーチェット病

難治性口腔咽頭潰瘍

アフタ性潰瘍の鑑別点

視診で異常がない舌痛症 (井野千代徳)

背景からみた舌痛症患者の特徴

症状からみた舌痛症患者の特徴

局所所見からみた舌痛症の特徴

心理検査からみた舌痛症の特徴

舌痛症の治療

難治性の口腔カンジダ症 (加瀬康弘)

口腔・咽頭カンジダ症の種類

口腔・咽頭カンジダ症の診断

推薦する対処法

血清亜鉛値正常の味覚障害 (坂口明子,阪上雅史)

味覚障害の原因

特発性味覚障害

味覚障害の検査と治療について

特発性味覚障害の治療

特発性味覚障害の亜鉛内服療法による治療効果

小児の反復性耳下腺炎 (八木正夫,友田幸一)

反復性耳下腺炎の成因

好発年齢と臨床症状

診断および検査

治療と予防

第2章 咽頭疾患を診る

咽頭疾患の診療の進め方

外来でよくみるウイルス性咽頭炎 (佐久間孝久)

検査対象

検査方法

結果

治療に際しての留意点

急性扁桃炎−扁桃周囲炎・扁桃周囲膿瘍 (保富宗城,山中 昇)

急性扁桃炎の診断手順

急性扁桃炎の起炎菌・ウイルス検査

急性扁桃炎の分類

急性扁桃炎の治療

扁桃周囲炎・扁桃周囲膿瘍

伝染性単核球症 (工田昌也)

伝染性単核球症とは

病因

伝染性単核球症の自然経過と合併症

診断

鑑別診断

治療

いっぷう変わった咽頭の潰瘍性病変 (中田誠一,鈴木賢二)

咽頭潰瘍について

いっぷう変わった咽頭潰瘍の症例

天疱瘡について

鑑別診断について

STIとしての咽頭病変 (余田敬子)

梅毒

単純ヘルペスウイルス感染症

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症

淋菌感染症,クラミジア感染症

一側性の口蓋扁桃腫大 (大堀純一郎)

診察の仕方

診断のアルゴリズム(鑑別診断)

一般的な治療方針

扁桃病巣感染症の診断と手術適応 (高原 幹)

扁桃病巣疾患とは

扁桃病巣疾患の診断

各疾患における扁桃摘出術の有効性

扁桃病巣疾患における扁摘の適応

いびき−睡眠時無呼吸を含む (宮崎総一郎,北村拓朗)

ポイント

いびきと睡眠時無呼吸

いびき,睡眠時無呼吸の原因

いびきの診断

睡眠時無呼吸の診断手順

治療

咽喉頭異常感症−悪性疾患との鑑別 (内藤健晴)

咽喉頭異常感症の定義

咽喉頭異常感症の原因疾患

診断のための実際の検査

治療について

舌咽神経痛 (市村恵一)

舌咽神経痛の走行と支配構造

原因

統計事項

症状

診断

治療

副咽頭間隙膿瘍−重症度の評価とその対応 (鈴木正志,平野 隆)

頸部の間隙について

副咽頭間隙膿瘍の診断

重症度の評価

副咽頭間隙膿瘍の治療

私が薦める治療法

急性扁桃炎に対する抗菌薬の選択 (鈴木賢二)

急性扁桃炎に対する抗菌薬の選択

口蓋扁桃摘出術の適応と変遷 (藤原啓次)

扁桃摘出術(扁摘)の絶対適応(不変)

扁桃摘出術の比較的適応(変遷あり)

難治性咽頭潰瘍の薬物療法 (松本文彦,池田勝久)

臨床的特徴

治療

咽喉頭異常感症の薬物療法 (川内秀之)

病態

症状

検査と所見の把握

鑑別診断

治療方針

経過と予後

症例呈示

外来でできるいびきの治療 (久松建一)

いびきの診断と治療について

外来でできるいびきの治療

第3章 歯牙に関連する疾患を診る

歯牙関連疾患の診療の進め方

歯周炎 (毛利 学,梅田 誠,島津 薫)

歯周病への耳鼻咽喉科医の対応

歯周病の定義

歯周病の分類

単純性歯肉炎

慢性歯周炎

診断に際し注意すべきこと

エプーリス(歯肉腫) (森田章介,西川哲成)

定義

好発

原因・発生機序

臨床所見

分類

鑑別

治療

歯原性嚢胞 (原 晃,田中秀峰)

診断

鑑別

一般的な治療方針

歯原性腫瘍 (柴原孝彦)

歯原性腫瘍の分類

臨床的特徴と治療法

代表症例の提示

歯性上顎洞炎 (佐藤公則)

現代の歯性上顎洞炎の病態

歯性上顎洞炎の診断

歯性上顎洞炎の治療

私が薦める治療法

外来でできる歯性上顎洞炎の治療 (佐藤公則)

原因歯の外来治療

歯性感染症の外来治療

上顎洞炎の外来治療

外来でできる顎関節症の保存的治療 (五十嵐文雄)

概念

症状

診断

治療

患者への説明書類 実例集

再発を繰り返すアフタ性口内炎について (山本祐三,牧本一男)

舌痛症について (井野千代徳)

口腔カンジダ症の治療について (加瀬康弘)

味覚障害に対する検査について (坂口明子,阪上雅史)

味覚障害の治療について (坂口明子,阪上雅史)

小児の反復性耳下腺炎について (八木正夫,友田幸一)

口蓋扁桃摘出術について (藤原啓次)

難治性口腔咽頭潰瘍について (松本文彦,池田勝久)

咽喉頭異常感症の診断と治療について (川内秀之)

いびきの診断と治療について (久松建一)

いびきの外来手術について (久松建一)

顎関節症について (五十嵐文雄)

付録 患者への説明用イラスト集

咽頭

咽頭・扁桃

歯・口蓋

唾液腺

索引

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:32.7MB以上(インストール時:80.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:130.8MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:32.7MB以上(インストール時:80.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:130.8MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784521734651
  • ページ数:320頁
  • 書籍発行日:2013年7月
  • 電子版発売日:2021年12月15日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。