• M2PLUS
  • 手術 2018年6月増大号 72巻7号 特集 腹部ヘルニア手術のすべて【電子版】

手術 2018年6月増大号 72巻7号 特集 腹部ヘルニア手術のすべて【電子版】

  • ISBN : 9784003007207
  • ページ数 : 268頁
  • 書籍発行日 : 2018年6月
  • 電子版発売日 : 2019年10月23日
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,840 (税込)
ポイント : 88 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

特集 腹部ヘルニア手術のすべて
 I.総論
  1)鼠径部ヘルニアの分類とガイドライン
  2)鼠径部ヘルニア手術のための解剖(1)-鼠径管・大腿管
  3)鼠径部ヘルニア手術のための解剖(2)-TAPP、TEP、腹膜前到達法を行ううえで必要な解剖知識
  4)鼠径部ヘルニア合併症の予防と治療
  5)鼠径部ヘルニアの手術教育
  6)鼠径・腹壁瘢痕ヘルニアの日帰り手術と保険診療
  ほか

■ 目次

特集 腹部ヘルニア手術のすべて

I.総論

1)鼠径部ヘルニアの分類とガイドライン

2)鼠径部ヘルニア手術のための解剖(1)-鼠径管・大腿管

3)鼠径部ヘルニア手術のための解剖(2)-TAPP、TEP、腹膜前到達法を行ううえで必要な解剖知識

4)鼠径部ヘルニア合併症の予防と治療

5)鼠径部ヘルニアの手術教育

6)鼠径・腹壁瘢痕ヘルニアの日帰り手術と保険診療

II.成人の鼠径部ヘルニア手術

1)リヒテンシュタイン法

2)メッシュプラグ法

3)女性の鼠径ヘルニアに対するダイレクト・クーゲル法

4)ポリソフト・オンフレックス法-Transinguinal preperitoneal(TIPP)repair with slitted mesh

5)ONSTEP法の手術手技

6)TEP法

7)TAPP法

III.特殊な鼠径部ヘルニア手術II.成人の鼠径部ヘルニア手術

1)小児の鼠径部ヘルニア手術-鼠径部切開法

2)小児の特殊な鼠径部ヘルニアに対する腹腔鏡手術(LPEC法)

3)女性の鼠径部ヘルニア手術

4)若年男性の鼠径部ヘルニア手術

5)鼠径部嵌頓ヘルニア手術-鼠径部切開法

6)再発鼠径ヘルニア手術-鼠径部切開法

7)再発鼠径部ヘルニアに対するTAPP法

IV.腹壁瘢痕ヘルニア手術

1)腹壁瘢痕ヘルニアの予防・診断・治療

2)Component separation法

3)IPOM、IPOM-Plus

4)腹直筋後面・腹膜前留置法

V.その他のヘルニア手術

1)傍ストーマヘルニア

2)内ヘルニアの診断と治療

手術手技

腹臥位胸腔鏡下食道切除術における反回神経周囲郭清の成績と麻痺を減らす工夫

膵切除後膵液瘻に伴う仮性動脈瘤形成予防のための手技的工夫-生体吸収材料ネオベール(R)の利用法を中心に

吊り上げ支持糸を用いたfunctional hybrid anastomosis(FHA-ダイヤ型吻合)による結腸体腔内吻合手技

手術症例報告

子宮筋腫への異時性転移を認めた胃癌の1例

腹腔内を占居する巨大な粘液嚢胞腺腫の1例-腹膜偽粘液腫に進展するかの検討を含めて

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:40.1MB以上(インストール時:87.3MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:69.9MB以上(インストール時:145.2MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません