• M2PLUS
  • 不明熱のエッセンス(先行予約)

不明熱のエッセンス(先行予約)

  • ISBN : 9784498010260
  • ページ数 : 426頁
  • 書籍発行日 : 2022年1月
  • 電子版発売日 : 2022年1月13日
  • 判 : A5変型
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
  • ※ 1月26日 ダウンロード開始予定
販売価格 (ダウンロード販売)
¥5,060 (税込)
ポイント : 92 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

10年分の不明熱のケースレポート、全部読みました
私たちはまだ、本当の不明熱に出会っていないのかもしれない


不明熱診療で大切なこととは何でしょうか.不明熱にかかわった経験があるならば誰しもが考えることである一方で,もしかしたら不明熱のトレンドがここ10年で変遷してきていることに気づいている方々もいらっしゃるかもしれません.本書はその感覚を形にしました.検査の進歩や普及,新たな炎症病態への理解や認知,そして社会や患者さんからの要請など,不明を取り巻く数多の要素を乗り越える最高の一冊.

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 目次

PART 1

 1 不明熱を知る医者は,不明熱に出会わない

 2 不明熱を知らない者が不明熱を語ろうとすれば,虚構になる

 3 不明熱が自然科学だとすれば,不明熱は誰もが確認できる事柄だけから成る

 4 不明熱は,命題たりえない

 5 臨床の「熱遊戯」としてなら,不明熱は存在できる

 6 集団の信念として了解するなら,不明熱は臨床医と患者の間で語られてよい

 7 不明熱は,実体はないが認識はできる.そしてそれは定義によらない

 8 熱源は何だろうという問いを脳内で発した時点で,もう解決は難しいかもしれない

 9 不明熱という問題の解決を,問題の消滅によって気づくということがある

 10 熱の原因がわからないからといって,すぐに「語ることができないことについては,沈黙するしかない」を選ぶべきではないが,熱の唯一の原因を探してもならない

 11 熱の原因がわからないのか.君は今それを診ているじゃないか.何も隠されていないのだ

 12 不明熱の症例報告では本当の不明熱は語られていない

PART 2

Editorial

 2010

 2011

 2012

 2013

 2014

 2015

 2016

 2017

 2018

 2019

 2020

PART 2 参照論文・ウェブページへのリンク

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません