• M2PLUS
  • 気管支の枝読みで考える 胸部画像診断入門~肺既存構造と区域解剖学から学ぶ読影の基礎

気管支の枝読みで考える 胸部画像診断入門~肺既存構造と区域解剖学から学ぶ読影の基礎

  • ISBN : 9784784963300
  • ページ数 : 266頁
  • 書籍発行日 : 2022年1月
  • 電子版発売日 : 2022年1月14日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥5,720 (税込)
ポイント : 104 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

“わかりやすい”ではなく、“わかりに行く”読影!知識としての肺の解剖を、実際の臨床画像の読影に応用するための実践書

■読者自身が気管支の内部に入ったつもりで、気管から末梢へ――巷に溢れる胸部画像の解説本とはひと味違った、「気管支の枝読み体験」。
■開始から14年以上、170回を超える研修医のための勉強会で蓄積された指導経験を踏まえ、丁寧に解説しています。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文


現在の診療の現場では,胸部画像診断は胸部X線写真とそれに続くCTが主であろう。なかでも胸部X線写真はその歴史も長く,現在の臨床の場でも最も使用されるもののひとつである。その画像解析や読影方法は長年にわたる先人の知識や経験の膨大な蓄積に基づいている。さらに,CTなど新たな診断機器の出現とその解像度の向上も,診断の領域に大きな力を注入できる地平が開発されてきている。

1976(昭和51)年に大学卒業の筆者は,1980(昭和55)年頃,胸部画像の診断で,いわゆる「目からウロコ」状態の,驚きの,いわばカルチャーショックとも言える衝撃を経験した。それは,札幌医科大学内科学第三講座教授,鈴木 明先生の講演で,当時の主であったモダリティーとしての断層写真,さらに日常臨床に広く利用されつつあったCTを含めての区域解剖に基づく画像解析,画像診断である。すなわち,気管支や血管などを同定・解析することにより,肺の詳細な部位の同定が可能となり,それを疾患に特有な進展様式と関連づけて解析することであった。今や通常の読影手段であるが,初めて聞いたときの衝撃は今でも忘れられない。

ところが近年,すべての初学者が肺既存構造を念頭に置き,区域解剖を含めての読影手法を実施するには少しのハードルがあるように思われた。この思いを強くするようになったのは,「香川胸部CT読影研究会」がきっかけである。香川県内の研修医の先生方への基本的な読影勉強会で,月に1回行われている。この原稿を執筆する時点では170回を超え,開始以来14年以上を数える会での経験である。この会では,1症例に1時間をかけて胸部X線写真からそれに続いてCTを読影し,診断を考えることを主眼としている。初学者が最初に画像に対面する時に多少の戸惑いを感ずる様子は少なくないが,回を重ねると,次第に容易に解析できるようになるのが感じられる。

知識として理解する区域解剖を,実際の臨床画像の読影時に応用すべく,実践を通しての読影,および確診へのツールとなることを願い,本書にまとめ上梓した次第である。


2021(令和3)年12月
佐藤 功

■ 目次

はじめに

本書の読み方

第Ⅰ章 解 剖

1 X線単純写真

 1.肺野の辺縁

 2.気管支樹

 3.中枢気道

 4.傍気管線

 5.中枢肺動脈

 6.肺野末梢の血管分布の概念

 7.肺の範囲・肺の辺縁

 8.奇静脈食道陥凹

2 CT

 1.正常解剖

 2.気管支分岐異常

 3.縦隔内血管の分岐異常・正常変異

第Ⅱ章 症 例

1 軟部陰影

 Case1 Recklinghausen 病

 Case2 疣贅(イボ)

 Case3 豊胸術後

 Case4 漏斗胸

 Case5 Poland症候群

2 骨陰影

 1.肋骨

 2.椎体

  Case1 頸椎肋骨,腰椎肋骨

  Case2 骨島

  Case3 腺癌の右第2肋骨浸潤

  Case4 腺癌とその椎体転移

3 肺門陰影

 Case1 腺癌

 Case2 扁平上皮癌

 Case3 腺癌

 Case4 胸腺腫

4 シルエットサイン

 Case1 アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)

 Case2 左下葉無気肺(左下葉の炎症性変化による)

 Case3 左下葉無気肺(左下葉末梢の慢性炎症による)

 Case4 左上葉無気肺(扁平上皮癌)

 Case5 左上葉無気肺(扁平上皮癌)

 Case6 腺癌

 Case7 腺癌

 Case8 大動脈瘤

 Case9 左腕頭静脈欠損による最上肋間静脈経由で奇静脈へ流入する変異

5 気管支・血管分岐

 Case1 小細胞癌,縦隔リンパ節転移

 Case2 右上葉無気肺(扁平上皮癌)

 Case3 扁平上皮癌

 Case4 気管支結核,肺結核

 Case5 気管支閉鎖症

 Case6 腺癌

 Case7 アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)

 Case8 肺分画症(肺底動脈大動脈起始症)

 Case9 肺分画症

 Case10 シミター症候群(部分肺静脈還流異常症)

6 空洞・囊胞

 Case1 腺癌

 Case2 腺癌

 Case3 ニューモシスチス肺炎,扁平上皮癌

 Case4 サルコイドーシス

7 葉間線

 Case1 扁平上皮癌

 Case2 葉間胸水,胸水

 Case3 奇静脈葉

終 章  

画像は隅から隅まで

 Case 右肺が左肺型の2 葉(左右のミラーイメージ),奇静脈連結,腹部臓器逆位

おわりに

索 引


Lesson 1 傍心膜脂肪組織

Lesson 2 大動脈弓不鮮明(脂肪沈着,生理的現象)

Lesson 3 左肺動脈明示化(縦隔気腫例)

Lesson 4 右葉間が明瞭な例

Lesson 5 肺の範囲(前接合線の偏位)

Lesson 6 両側のB7の正常変異

Lesson 7 左上葉気管支から舌区気管支が水平方向に分岐

Lesson 8 下葉気管支と肺動脈の関係

Lesson 9 気管支の娘枝

Lesson 10 左上葉無気肺による容積減少の見え方と葉間の位置

Lesson 11 胸部X線写真側面像の解析

Lesson 12 気管支閉鎖症

Lesson 13 区域をまたぐ存在

Lesson 14 びまん性粒状影の鑑別パターン

Lesson 15 胸部X線写真における葉間線の描出

Lesson 16 incomplete border sign(不完全辺縁サイン)

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:35.9MB以上(インストール時:74.2MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:35.9MB以上(インストール時:74.2MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません