• M2PLUS
  • 消化器内科専攻医マニュアル

消化器内科専攻医マニュアル

  • ISBN : 9784908083730
  • ページ数 : 636頁
  • 書籍発行日 : 2022年2月
  • 電子版発売日 : 2022年1月25日
  • 判 : B6変型
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥5,500 (税込)
ポイント : 100 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

消化器内科のすべてがここに。
全国50を超える関連病院を有する名古屋大学消化器内科学教室の全身全霊、ここに極まれり!


名古屋大学消化器内科学教室は、愛知県を中心に50を超える関連病院を有する全国最大規模の大教室。その教室全体のハイレベルの知識・技術のすべての項目に等しくかつ容易にアクセスできるように教室の総力を結集し共通のマニュアルとして作成したものが本書です。また、疾患の知識のみならず、手技の方法・手順も詳細に記載されており、施設内での手技の標準化や多施設共同研究のプラットフォーム構築にも役立つものとなっております。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

序 文


ここに名古屋大学消化器内科学教室の総力を挙げて作成した「消化器内科専攻医マニュアル」をお届けいたします.


名古屋大学消化器内科学教室は,愛知県を中心に50を超える関連病院を有する全国有数の大教室です.われわれの教室員は,初期研修および消化器内科専門研修を関連病院で行い,卒後6年目以降に大学院生として帰局します.すなわち,消化器内科医としての素養は関連病院で培われることになります.“鉄は熱いうちに打て”と言われるように,消化器内科医師としてのキャリアの初期段階に,どのような環境で診療に従事するかは極めて重要です.しかし,関連病院ごとに得意分野や診療体制等に違いがあることは否めません.そこで,消化器内科の将来を担う人材が,教室が全体として有するハイレベルの知識・技術に,等しくかつ容易にアクセスできるよう,教室の総力を結集し,共通のマニュアルとして本書を作成することとしました.本書には疾患の知識のみならず,手技の方法・手順も記載されていることから,教室全体における手技の標準化や多施設共同研究のプラットフォーム構築にも役立つものと思われます.

手に取ってご通読くださればお分かりいただけるように,大変すばらしいものに仕上がったと自負しております.教室の関係者に留めておくのはもったいなく,是非,広く全国の消化器内科学を志す若い医師の方々にご活用いただきたいと存じます.

最後に,本書作成にあたって,執筆を担当くださった教室員各位,特にとりまとめにご尽力いただいた中村正直医局長,そしてお世話になった横尾直享氏をはじめとする株式会社シービーアールの関係諸氏に厚く御礼申し上げます.


2021年9月

名古屋大学大学院医学系研究科 消化器内科学 客員教授
東京大学大学院医学系研究科 消化器内科学 教授
藤城光弘

■ 目次

第Ⅰ章 消化器救急への対応

1 急性腹症の鑑別診断

2 消化管出血

3 急性腸炎

4 汎発性腹膜炎

5 腸閉塞への初期対応

6 急性胆道感染症

7 急性肝炎,急性肝不全

8 急性膵炎,重症急性膵炎

9 急性虫垂炎

10 薬物および毒物服用例への対応

11 消化管異物

第Ⅱ章 検査手技

1 消化管造影

2 上部消化管内視鏡検査

3 下部消化管内視鏡検査

4 バルーン内視鏡

5 カプセル内視鏡(小腸・大腸)

6 腹部超音波検査(胆膵)

7 腹部超音波検査(肝臓)

8 超音波内視鏡検査―胆膵領域―

9 腹部造影CT,腹部造影MRI,PET‒CT

10 内視鏡的逆行性胆管膵管造影

11 腹部血管造影

12 腹水穿刺

13 肝生検

14 消化管ステント留置術(食道)

15 消化管ステント留置術(大腸)

第Ⅲ章 治療手技

A 消化管

1 経鼻胃管・イレウス管挿入

2 内視鏡的腫瘍切除術(食道)

3 内視鏡的腫瘍切除術(胃)

4 内視鏡的腫瘍切除術(大腸)

5 内視鏡的止血術

6 異物除去

7 血球除去療法

B 肝臓

1 ラジオ波焼灼療法,マイクロ波

2 肝動脈化学塞栓療法,肝動脈化学療法

3 肝膿瘍ドレナージ

4 急性肝不全に対する血液浄化療法

C 胆道・膵臓

1 内視鏡的総胆管結石除去術

2 内視鏡的十二指腸乳頭切除術

3 内視鏡的胆道ドレナージ術

4 膵石治療,膵管ドレナージ術

5 超音波内視鏡下治療

6 経皮経肝胆道ドレナージ術

7 胆囊ドレナージ術

D 消化器癌の化学療法

1 主なレジメン集

2 主な副作用とその対策

3 緩和医療の実際

4 化学療法用埋め込みポート造設

E 栄養・輸液

1 経腸栄養・経管栄養

2 高カロリー輸液,中心静脈栄養法

3 内視鏡的胃瘻造設術

第Ⅳ章 代表的疾患の病態と診療の実際

A 食道疾患

1 食道アカラシア

2 胃食道逆流症

3 胃食道静脈瘤

4 食道癌

5 Mallory―Weiss症候群

B 胃・十二指腸疾患

1 急性胃炎,急性胃粘膜病変

2 慢性胃炎

3 機能性ディスペプシア

4 消化性潰瘍(胃・十二指腸)

5 胃ポリープ

6 胃粘膜下腫瘍

7 胃MALT リンパ腫,胃悪性リンパ腫

8 胃癌

C 腸疾患

1 腸管感染症

2 吸収不良症候群,蛋白漏出性胃腸症

3 潰瘍性大腸炎

4 クローン病

5 虚血性大腸炎

6 過敏性腸症候群

7 大腸ポリープ

8 大腸癌

9 家族性大腸腺腫症

10 消化管ポリポーシス(家族性大腸腺腫症除く)

11 大腸憩室疾患

12 腸閉塞

13 薬剤起因性腸炎(NSAIDs 起因性腸炎)

14 放射線性腸炎

15 小腸疾患

16 腸結核

D 肝疾患

1 急性肝炎

2 急性肝不全

3 C型肝炎

4 B型肝炎

5 自己免疫性肝炎

6 薬物性肝障害

7 アルコール性肝障害

8 非アルコール性脂肪肝炎,非アルコール性脂肪性肝疾患

9 肝硬変

10 原発性胆汁性胆管炎,原発性硬化性胆管炎

11 Wilson病

12 肝膿瘍

13 肝囊胞

14 肝細胞癌

15 肝内胆管癌(粘液産生性胆管腫瘍を含む)

16 転移性肝癌

17 肝移植の適応とマネジメントの実際

E 胆道疾患

1 膵・胆管合流異常

2 総胆管結石症,肝内結石症,急性胆管炎

3 胆囊結石症,急性胆囊炎

4 胆道癌

5 良性胆管狭窄

6 胆囊良性腫瘍性疾患(胆囊ポリープ,胆囊腺筋腫症)

F 膵疾患

1 慢性膵炎

2 急性膵炎,重症急性膵炎

3 膵仮性囊胞

4 膵囊胞性腫瘍

5 自己免疫性膵炎

6 膵癌

7 膵神経内分泌性腫瘍

第Ⅴ章 診療アルゴリズム,鑑別診断

1 早期胃癌診療アルゴリズム

2 早期大腸癌診療アルゴリズム

3 小腸出血診療アルゴリズム

4 炎症性腸疾患の鑑別診断

5 肝機能異常・(急性)肝障害の鑑別診断

6 自己免疫性膵炎診断


索引

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:27.3MB以上(インストール時:64.9MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:27.3MB以上(インストール時:64.9MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません