• m3.com 電子書籍
  • 実験医学別冊 リアルタイム・デジタルPCR実験スタンダード~実験の原理から検出・定量・診断まで、現場で生きる完全マニュアル

実験医学別冊 リアルタイム・デジタルPCR実験スタンダード~実験の原理から検出・定量・診断まで、現場で生きる完全マニュアル

  • ページ数 : 301頁
  • 書籍発行日 : 2022年1月
  • 電子版発売日 : 2022年2月2日
¥6,820(税込)
ポイント : 124 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

リアルタイムPCRで何ができる?デジタルPCRのメリットは?実験・診断の現場で急速に普及する先端PCR.核酸増幅の原理,検量線の読み方の基本からmRNA発現,環境ゲノム解析など実用プロトコールまで紹介

≫ 「実験医学」バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

「リアルタイム・デジタルPCR 実験スタンダード」をお手にとっていただき誠にありがとうございます.本書が皆様の実験のサポートそして研究のお役に立つことを心から願ってやみません.

本書の前々版「原理からよくわかるリアルタイムPCR 実験ガイド〜基本からより効率的な解析まで必要な機器・試薬と実験プロトコール」が出版されてから14 年余り,そして前版「最強のステップUP シリーズ 原理からよくわかる リアルタイムPCR 完全実験ガイド」が出版されてから8 年余りが経ちました.「実験プロトコール」→「実験ガイド」→「実験スタンダード」とそのタイトルからもリアルタイムPCR は,ちょっと特別な方法(プロトコール)から一般的な方法,そして身近で定番の方法になっていったと感じます.もちろん,その間のハード面,ソフト面の進化は,検出精度や解析精度を向上させ,使い易さに磨きをかけ,普及に貢献したと思います.そして現在,新型コロナウイルス感染症の検査の第一線で活躍する主要な検査システムになっています.テレビなどから「PCR 検査が云々,Ct 値が何々…」と専門用語を耳にしますと,この新型コロナウイルス感染症を契機にPCR の名前が広く世の中に浸透したなと思います.身近になったPCR,改めてその優れた仕組みや原理について,そして実際の実験例について本書にまとめました.前版からの全体的なアップデートはもちろん,特に進展の著しいデジタルPCR については,リアルタイムPCR と比較した特徴,診断や定量分析の現場で使われるプロトコールなど,前版にはなかった項目を大きく拡充しています.また冒頭には,PCR そしてリアルタイムPCR やデジタルPCR の仕組みを理解しやすいように,PCR で解析する核酸(DNA やRNA)の特徴や性質についても解説に加えました.これからリアルタイムPCR やデジタルPCR をつかった実験をはじめられる方々の入門書として,また既にこれらのPCR を使った研究を進められている方々のよき活用書としてご利用いただけたら幸いです.

本書は初代「原理からよくわかるリアルタイムPCR 実験ガイド」からはじまって三代目となります.三代目といえば,音楽業界では三代目JSB from ET でしょうか?日本史でみれば,三代目というと徳川家光,足利義満,北条泰時(ご先祖様ではありません)…それぞれの時代で盤石な礎を築いた名君がおります.三代目の本書も先人にあやかりPCR 解析の基礎と理解を支える礎の一助になればと願っております.

最後になりましたが,お忙しいなかにもかかわらず本書の企画にご理解をいただきご執筆を快くお引き受けいただいた諸先生には本当に心より感謝,御礼申し上げます.また羊土社実験医学編集部の蜂須賀修司氏,本多正徳氏には,企画・編集制作の過程で多大なご尽力をいただきました.あらためて感謝御礼申し上げます.


2021 年12 月

北條浩彦

目次

第0部 基礎の基礎

核酸の基礎知識とPCRの基本原理【北條浩彦】

第1部 リアルタイムPCR

基本編

1 リアルタイムPCRの原理【北條浩彦】

2 リアルタイムPCRの定量方法【北條浩彦】
協力/ ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社,ライフテクノロジーズジャパン株式会社

3 転写産物からの遺伝子発現解析の流れ【北條浩彦】

4 遺伝子発現量の測定の実際【玉田翔子】

5 SNPのタイピングの原理【勝本 博】

6 マルチプレックスPCRの設計【渡邊 健,外丸靖浩,清水則夫】

7 特異的アレルの検出の原理【勝本 博】

8 プライマー/プローブの設計手順【大瀬 塁】

実践編

発現解析(mRNA,miRNA)

1 経時的な遺伝子発現解析で概日リズムを量る【小川雪乃,程 肇】

2 遺伝子発現抑制効果を評価する【浅野吉政,程 久美子】

3 遺伝子変異を検出する【木庭幸子,奥山隆平】

4 リアルタイムPCR・デジタルPCRを用いた環境DNAによる水生生物の生息把握【土居秀幸】

5 網羅的な発現をみる【鈴木孝昌】

6 内在性コントロール遺伝子の設定について【萩原圭祐】

7 miRNA生合成経路をみる【尾上耕一,鈴木 洋】

8 TaqMan®Arrayプレートによる遺伝子発現プロファイリング【岡 直美,近藤一博】

細胞外RNA(エクソソームRNA)解析

9 加齢に伴って減少する血中miRNA【北條浩彦】

10 細胞外miRNAを捉える【木村公俊】

ウイルスの検出

11 下水からの新型コロナウイルスの検出【原本英司】

12 ウイルス感染症を診断する【外丸靖浩,渡邊 健,清水則夫】

13 新型コロナウイルス変異株の検出・解析法【木村博一,岡山香里,後藤慶子,林 由里子,白井達也,佐田 充】

遺伝⼦タイピング

14 TaqMan®プローブを使ったタイピングの実際【宮川 卓】

15 ゲノム上の遺伝子量に関する解析【勝本 博】

エピジェネティクス

16 エピジェネティクスな状態を知る【山下 聡】

第2部 デジタルPCR

基本編

1 デジタルPCRの原理と応用【北條浩彦】

実践編

1 デジタルPCRによる免疫受容体のコピー数多型解析【平安恒幸】

2 診断のための遺伝子変異の検出【佐伯亘平,池田凡子,西村亮平,後藤(越野)裕子】

3 ddPCRによるBRAF変異の検出【木庭幸子,奥山隆平】

4 デジタルPCRを用いた神経芽腫微小残存病変の評価法【田村彰広,Kyaw San Lin,山本暢之,西村範行】

5 デジタルPCRによるmiRNAの測定【芳野聖子,小松真太郎,鈴木 洋】

6 デジタルPCRを用いたcfDNAのDNAメチル化解析【新城恵子,近藤 豊】

7 肺がん患者血漿のデジタルPCRを用いた遺伝子変異解析【西尾和人,坂井和子】

8 シングルセルドロップレットデジタルPCR法【内山 徹】

ウェブサイト一覧

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:13.3MB以上(インストール時:34.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:53.1MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:13.3MB以上(インストール時:34.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:53.1MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784758122573
  • ページ数:301頁
  • 書籍発行日:2022年1月
  • 電子版発売日:2022年2月2日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。