• M2PLUS
  • 研修医のための内科診療ことはじめ 救急・病棟リファレンス

研修医のための内科診療ことはじめ 救急・病棟リファレンス

  • ISBN : 9784758123853
  • ページ数 : 888頁
  • 書籍発行日 : 2022年3月
  • 電子版発売日 : 2022年3月8日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥7,920 (税込)
ポイント : 144 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

研修医の先生に向け内科診療での重要テーマを豊富な図表でわかりやすく!救急や病棟で出合う症候や疾患へのアプローチを病態・解剖から診断・治療まで解説.よく使う薬剤や検査についてもフォローした手厚い1冊.

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

監修のことば


私が杉田陽一郎先生と一緒に仕事をさせていただいたのは,杉田先生が卒後5年目のときでした.「Vスキャンを個人で持っている人」,「PowerPoint にまとめるのが上手な人」というふれこみで私の前に現れました.実際に一緒に仕事をしたときのインパクトは今でも忘れません.「巨星現る」,それが私の第一印象でした.「疾患の病態生理への理解」,「個々の症例への莫大な知識量」,「数学を説くがごとく流れるような臨床推論」,「後輩たちへの丁寧な教育」,そして実地臨床をしていくうえでも最も大事な「患者さんへの愛情」など巨星たる所以を挙げると枚挙にいとまがありませんでした.この本が出版される頃には杉田先生は卒後8年目になっていますが,おそらく卒後5年目で,ほぼ本書の内容は杉田先生の中で完成していたのではないかと思います.驚くべきことです.私が本書の監修にまさか関われるとは思っておらず,お話があったときはとても光栄に感じました.

本書を手にとっていただければ,いかに初期研修医をはじめとした若い研修医の立ち位置をよく理解した杉田先生ならではの内容になっているかがおわかりいただけるでしょう.難解な成書を読むことはもちろん大事ですが,あまり時間もない,でもなるべく早く基本的病態を理解したい,そんな若い研修医が「なるほど」と思っていただけるような病態生理への解説となっています.また,初期研修医の目線で,研修現場において「今必要な知識や理論」を簡潔に網羅しています.電子版も合わせて販売されるため,ベッドサイド,救急外来,現在必修化となった一般外来研修の現場で,機動力のある,「今この時」から使える書籍になっているかと思います.

杉田陽一郎先生の著書をサポートできたことは私にとって,とても大切な時間となりましたが,本書が初期研修医だけでなく,専攻医や若手医師の皆様の実地臨床にお役にたつことができればとても嬉しいです.


2022年1月

地方独立行政法人 総合病院国保旭中央病院 総合診療内科
塩尻 俊明





現在の臨床医学は新しい治療法,治療薬が日々開発されており日進月歩です.私たち臨床医は,最新の医学知識・エビデンスに遅れをとらないように日々焦燥感を抱えながら走り続けています.その一方で,臨床医学では今も昔も変わらず重要なテーマが数多く存在します.感染症診療でのグラム染色を中心とした微生物学診断にこだわる姿勢や,血液ガス検査の解釈,意識障害へのアプローチなどのテーマは,おそらくこの先もずっとその内容が大きく変わることはないのではないかと思います.今後AIがいくら進化したとしても,病歴,身体所見をとり,基本的な検査結果を正しく解釈して総合的に診断,治療へアプローチするという臨床スタイルはずっと重要であり続けると私は信じています.

本書は研修医の先生方を対象として,病棟・救急外来でこの先もずっと役立つ内科の重要なテーマを選んでまとめたものになります.本書の執筆には約2年を要しましたが,内科医としての未熟さが露呈してしまう「恥ずかしさ」と少しでも後輩に役立つ書籍が提供できればという「淡い期待」の入り混じった複雑な感情を抱きながら執筆をつづけていました.治療に関しては遅れている内容があるかもしれないし,最新の技術は紹介できているとは決して言えません.また普段私が診療しない腫瘍,間質性肺炎,肺高血圧症などのテーマに関しては全く扱っていないため物足りなさを感じる点も数多くあると思います.一内科医の足搔きに過ぎないかもしれませんが,本書が研修医の先生方にとって少しでも内科診療を学ぶ足がかりになることができましたら幸いです.

最後に本書の監修をしてくださった塩尻先生,これまで多くをご指導いただいた先生方,切磋琢磨した同僚,一緒に眠い目をこすりながら当直を戦った後輩,いつも支えてくれた看護師さんをはじめメディカルスタッフや事務の方々,辛抱強く尽力してくださった羊土社の方々,優しく支えてくれた家族,そして何よりこれまで多くを教えてくれた患者さんへの感謝を込めて本書を献じます.


2022年1月

武蔵野赤十字病院 神経内科
杉田 陽一郎

■ 目次

◆ 監修のことば/塩尻俊明

◆ 序/杉田陽一郎

第1章 感染症パート

 #感染症診療の基本

1 グラム染色

2 発熱へのアプローチ:救急外来version

3 発熱へのアプローチ:入院患者version

4 血液培養

5 黄色ブドウ球菌菌血症(SAB)

6 感染性心内膜炎(IE)

 #疾患・症候

7 咽頭痛

8 急性咽頭炎

9 肺炎

10 尿路感染症

11 皮膚軟部組織感染症 〜特に蜂窩織炎に関して

 #免疫不全と院内感染

12 免疫不全と感染症

13 発熱性好中球減少(FN)

14 カンジダ感染症

15 CDI(Clostridioides difficile infection)

16 カテーテル関連血流感染症(CRBSI)

 #細菌以外の重要な感染症

17 結核

18 梅毒

19 インフルエンザ

20 帯状疱疹

 #抗菌薬

21 抗菌薬

22 抗真菌薬

23 抗ヘルペス薬

第2章 呼吸器パート

 #呼吸管理

1 呼吸生理

2 酸素供給(SaO2, PaO2の違い)

3 低酸素血症

4 呼吸回数

5 呼吸性アルカローシス

6 呼吸性アシドーシス

7 酸素療法

8 マスク換気

9 気管挿管

10 人工呼吸管理

 #症候

11 急性の呼吸困難

12 喘息発作

13 COPD 増悪

14 咳嗽

15 喀血

16 鎮咳薬・去痰薬

17 吸入薬

 #検査

18 呼吸機能検査の解釈

19 胸水の評価

20 胸腔ドレーンの原理

21 画像読影

第3章 循環器パート

 #症候・病態

1 γ計算とカテコラミン

2 静脈還流量と心拍出量

3 心肺蘇生 (CPR)

4 ショック

5 胸痛

6 動悸

 #疾患

7 心不全

8 頸静脈の診察

9 急性冠症候群(ACS)

10 急性大動脈解離

11 深部静脈血栓症(DVT) /肺塞栓症(PE)

 #心電図・不整脈

12 心電図の読み方

13 ST上昇

14 徐脈

15 narrow QRS tachycardia

16 心房細動

17 wide QRS tachycardia

18 QT延長

 #薬剤・処置

19 利尿薬

20 Ca 拮抗薬

21 β遮断薬

22 ACE阻害薬・ARB

23 中心静脈カテーテル留置

第4章 消化器パート

 #症候

1 腹痛

2 腹痛をきたす代表的な疾患

3 女性の腹痛

4 嘔気・嘔吐

5 下痢:院外・急性の場合

6 下痢:院内の場合

7 便秘

 #肝胆膵関連

8 肝逸脱酵素上昇・肝障害

9 胆道感染症

10 急性膵炎

11 肝性脳症

12 腹水

 #消化管出血

13 上部消化管出血/ 吐血

14 下部消化管出血/血便・下血

15 消化性潰瘍

16 プロトンポンプ阻害薬(PPI)

 #経腸栄養

17 経腸栄養

18 経鼻胃管

第5章 神経パート

 #神経症候/ 解剖/ 疾患

1 意識障害

2 一過性意識消失

3 てんかん・痙攣

4 せん妄

5 認知症

6 不眠(入院患者)

7 めまい

8 頭痛のアプローチと2次性頭痛

9 1次性頭痛

10 細菌性髄膜炎

11 無菌性髄膜炎

12 腰椎穿刺

13 脳の解剖と血管支配

14 頭部画像検査

15 急性期脳梗塞

16 脳梗塞の管理(急性期~慢性期)

17 一過性脳虚血発作(TIA)

18 しびれ・感覚障害

19 上肢の神経支配

20 下肢の神経支配

21 頸椎症

22 眼球運動障害と複視

23 顔面神経麻痺

24 嚥下障害

 #薬剤

25 アルコール関連疾患

26 中毒

第6章 腎臓パート

 #酸塩基平衡と輸液

1 酸塩基平衡

2 代謝性アルカローシス

3 AG開大性代謝性アシドーシス

4 A 正常代謝性アシドーシス

5 輸液

 #尿検査

6 尿検査

7 尿電解質

 #腎機能

8 糸球体の解剖と病態

9 急性腎障害(AKI)

10 慢性腎臓病(CKD)

11 腎代替療法(透析)

 #電解質異常

12 低Na血症

13 高Na血症

14 低K血症

15 高K血症

16 高Ca血症

17 低Mg血症・高Mg血症

18 低P血症

19 高P血症

 #その他

20 横紋筋融解症

21 浮腫

22 排尿障害

第7章 内分泌代謝パート

 #内分泌疾患

1 副腎不全

2 ステロイド

3 甲状腺ホルモン

4 甲状腺機能亢進症/ 中毒症

5 甲状腺機能低下症

 #糖尿病

6 高血糖緊急症〜糖尿病性ケトアシドーシス(DKA) /高浸透圧性高血糖状態(HHS)

7 低血糖症

8 糖尿病

9 経口血糖降下薬

10 インスリン製剤

11 入院患者の血糖管理

 #生活習慣病関連

12 骨粗鬆症

13 高血圧症

14 2次性高血圧症

15 脂質異常症

16 高尿酸血症

第8章 血液パート

1 鉄代謝と貧血

2 血小板減少

3 汎血球減少症

4 好酸球増加

5 凝固

6 抗凝固療法

7 抗凝固薬の切り替え/休薬

8 抗血小板薬

9 輸血

第9章 筋骨格・免疫パート

 #筋骨格

1 関節痛のアプローチ

2 化膿性関節炎

3 痛風・偽痛風

4 関節リウマチとPMR

5 後頸部痛

6 腰背部痛

7 手・指関節の診察

8 肩関節の診察

9 股関節の診察

10 膝関節の診察

11 足関節の診察

 #鎮痛薬

12 アセトアミノフェン+α

13 NSAIDs

14 非麻薬性鎮痛薬

15 麻薬性鎮痛薬:オピオイド

16 神経障害性疼痛の治療薬

 #自己免疫関連

17 自己抗体検査

18 血管炎

19 不明熱(FUO)

20 免疫抑制剤

 #アレルギー・皮膚

21 アナフィラキシー

22 薬疹

23 蕁麻疹

24 抗ヒスタミン薬

25 ステロイド外用薬

26 その他の外用薬


◆ 索引

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:24.9MB以上(インストール時:64.1MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:24.9MB以上(インストール時:64.1MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません