• M2PLUS
  • 改訂第7版がん化学療法レジメンハンドブック~治療現場で活かせる知識・注意点から服薬指導・副作用対策まで

改訂第7版がん化学療法レジメンハンドブック~治療現場で活かせる知識・注意点から服薬指導・副作用対策まで

  • ISBN : 9784758123877
  • ページ数 : 1176頁
  • 書籍発行日 : 2022年3月
  • 電子版発売日 : 2022年3月29日
  • 判 : B6変型
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥5,280 (税込)
ポイント : 96 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

レジメンごとに必須情報が一目でわかると大好評の定番書,新薬を追加し大幅改訂!充実の234レジメン!支持療法や投与速度を含めた投与スケジュールのほか,奏効率,副作用対策,服薬指導,減量・休薬基準も掲載!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

改訂第7版の序


本書は,使用頻度が高くエビデンスのあるレジメンを選択し,レジメンごとに投与スケジュール,チェックすべきポイント,副作用対策,服薬指導のポイントなど医療者が知っておくべき内容を薬剤師の視点で丁寧に解説しています.そのため,病院や薬局でがん医療に関わる医療者をはじめ,医学生や薬学生などのがん医療の初学者にも活用されています.

近年,免疫チェックポイント阻害薬の登場で,がん治療も大きく様変わりしています.免疫チェックポイント阻害薬は,これまでの抗がん薬とは全く異なるメカニズムで作用するため,がん免疫療法の新たな時代が訪れたと言われています.今回の改訂では,多数の免疫チェックポイント阻害薬のレジメンを追加しました.

一方,薬剤師による継続的な服薬状況の把握や服薬指導の義務が法制化され,今まで以上に患者への関わりが重要になりました.また,がんの専門医療機関連携薬局の認定制度もスタートし,医療機関と薬局との連携の重要性が高まっています.両者で患者をケアすることで,がん薬物療法をより効果的に,より安全に施行することになり,患者の安心につながります.医療者には適正なレジメンの理解とそれに基づく十分な介入が求められています.

がん薬物治療の実施や患者への介入において,本書を利用していただくことで,標準療法が適切に行われ,さらにがん薬物療法の質の向上につながることを願っています.


2022年2月

一般社団法人 日本臨床腫瘍薬学会
監事 遠藤 一司

■ 目次

改訂第7版の序

初版の序

1. 肺がん

●化学療法の概要

1)小細胞肺がん

・ PI(CDDP+CPT-11)療法

・ PE(CDDP+ETP)療法

・ CBDCA+ETP療法

・ AMR単独療法

・ Atezolizumab+CBDCA+ETP followed by Atezolizumab療法

・ Durvalumab+CDDP or CBDCA+ETP followed by Durvalumab療法

2)非小細胞肺がん

・ CDDP+Pemetrexed followed by Pemetrexed療法

・ TC(CBDCA+PTX)±BV followed by BV療法

・ GP(CDDP+GEM)療法

・ NP(CDDP+VNR)療法

・ CBDCA+nab-PTX療法

・ CBDCA+S-1療法

・ Nedaplatin+DTX療法

・ CBDCA+RT(放射線)療法

・ Pemetrexed単独療法

・ Ramucirumab+DTX療法

・ Nivolumab単独療法

・ Pembrolizumab単独療法

・ Atezolizumab単独療法

・ Durvalumab単独療法

・ Gefitinib単独療法

・ Erlotinib±BV療法

・ Erlotinib+Ramucirumab療法

・ Afatinib単独療法

・ Dacomitinib単独療法

・ Osimertinib単独療法

・ Crizotinib単独療法

・ Lorlatinib単独療法

・ Alectinib単独療法

・ Brigatinib単独療法

・ Ceritinib単独療法

・ Dabrafenib+Trametinib療法

・ CDDP+GEM(+ Necitumumab)療法

・ Atezolizumab+CBDCA or CDDP+Pemetrexed followed by Atezolizumab+Pemetrexed療法

・ Atezolizumab+BV+CBDCA+PTX followed by Atezolizumab+BV療法

・ Atezolizumab+CBDCA+nab-PTX followed by Atezolizumab療法

・ Nivolumab+Ipilimumab療法

・ Nivolumab+Ipilimumab+CBDCA+Pemetrexed療法

・ Nivolumab+Ipilimumab+CBDCA+PTX療法

・ Nivolumab+Ipilimumab+CDDP+Pemetrexed療法

・ Pembrolizumab+CBDCA+Pemetrexed followed by Pembrolizumab+Pemetrexed療法

・ Pembrolizumab+CBDCA+nab-PTX followed by Pembrolizumab療法

・ Pembrolizumab+CBDCA+PTX followed by Pembrolizumab療法

・ Entrectinib単独療法

・ Tepotinib単独療法

・ Capmatinib単独療法

3)悪性胸膜中皮腫

・ CDDP+Pemetrexed療法

・ Nivolumab単独療法

2. 乳がん

●化学療法の概要

・ AC(DXR+CPA)療法/dose-dense AC followed by PTX療法

・ FEC(5-FU+EPI+CPA)療法

・ TC(DTX+CPA)療法

・ Trastuzumab単独療法

・ Weekly PTX単独療法

・ CMF(CPA+MTX+5-FU)療法

・ VNR単独療法

・ Lapatinib+Capecitabine療法

・ Eribulin単独療法

・ nab-PTX単独療法

・ Pertuzumab+Trastuzumab+DTX療法

・ BV+PTX療法

・ S-1単独療法

・ GEM単独療法

・ Capecitabine単独療法

・ DTX単独療法

・ Trastuzumab emtansine(T-DM1)単独療法

・ Everolimus+Exemestane療法

・ Lapatinib+AI療法

・ Palbociclib+Letrozole or Fulvestrant療法

・ Abemaciclib+Fulvestrant or 非ステロイド性AI療法

・ Atezolizumab+nab-PTX療法

・ Trastuzumab Deruxtecan単独療法

・ Olaparib単独療法

・ Pertuzumab+Trastuzumab+VNR療法

・ Trastuzumab+DTX療法

・ Pertuzumab+Trastuzumab+Eribulin療法

・ Pertuzumab+Trastuzumab+GEM療法

・ Pertuzumab+Trastuzumab+Weekly PTX療法

・ Trastuzumab+DTX+CBDCA±Pertuzumab療法

3. 胃がん

●化学療法の概要

・ S-1単独療法

・ S-1+DTX療法

・ S-1+CDDP療法

・ SOX(S-1+L-OHP)療法

・ XP(Capecitabine+CDDP)±Trastuzumab療法

・ Ramucirumab±PTX療法

・ Ramucirumab+Weekly nab-PTX療法

・ Weekly nab-PTX療法 / Tri-weekly nab-PTX療法

・ Nivolumab単独療法

・ Trastuzumab Deruxtecan単独療法

・ Trifluridine/Tipiracil(TAS-102)単独療法

・ mFOLFOX6(5-FU+ℓ-LV+L-OHP)療法

4. 食道がん

●化学療法の概要

・ FP(5-FU+CDDP)±RT(放射線)療法/ FP(5-FU+CDDP)+ Pembrolizumab療法

・ Nedaplatin+5-FU療法

・ DTX単独療法

・ Weekly PTX単独療法

・ DCF(DTX+CDDP+5-FU)療法

・ FOLFOX(5-FU+ℓ-LV+L-OHP)±RT(放射線)療法

・ Nivolumab単独療法

・ Pembrolizumab単独療法

5. 大腸がん

●化学療法の概要

・ mFOLFOX6(5-FU+ℓ-LV+L-OHP)±BV療法

・ CAPOX(Capecitabine+L-OHP)±BV療法

・ SOX(S-1+L-OHP)+ BV療法

・ FOLFIRI(5-FU+ℓ-LV+CPT-11)±BV療法

・ IRIS(S-1+CPT-11)±BV療法

・ CAPIRI(Capecitabine+CPT-11)+ BV療法

・ FOLFOXIRI(5-FU+ℓ-LV+L-OHP+CPT-11)±BV療法

・ FOLFIRI(5-FU+ℓ-LV+CPT-11)+ Ramucirumab療法

・ FOLFIRI(5-FU+ℓ-LV+CPT-11)+ Aflibercept療法

・ Panitumumab±mFOLFOX6 or FOLFIRI療法

・ Cetuximab+mFOLFOX6 or FOLFIRI療法

・ CPT-11+Cetuximab療法

・ CPT-11+Panitumumab療法

・ Cetuximab単独療法

・ Trifluridine / Tipiracil(TAS-102)±BV療法

・ Regorafenib単独療法

・ Capecitabine+RT(放射線)療法

・ Cetuximab+Encorafenib+Binimetinib療法

・ Nivolumab単独療法(MSI-High)

・ Nivolumab+Ipilimumab療法(MSI-High)

6. 肝・胆・膵がん

●化学療法の概要

1)肝細胞がん

・ Sorafenib単独療法

・ Lenvatinib単独療法

・ Regorafenib単独療法

・ Atezolizumab+BV療法

・ Ramucirumab単独療法

・ Cabozantinib単独療法

2)胆道がん

・ GC(GEM+CDDP)療法

・ S-1単独療法

・ Pemigatinib単独療法

・ GS(GEM+S-1)療法

・ GCS(GEM+CDDP+S-1)療法

3)膵がん

・ GEM単独療法

・ S-1単独療法

・ FOLFIRINOX(L-OHP+CPT-11+5-FU+ℓ-LV)療法

・ GEM+nab-PTX療法

・ GEM+S-1療法(術前)

・ nal-IRI+5-FU+ℓ-LV療法

・ Olaparib単独療法

4)膵神経内分泌腫瘍

・ Everolimus単独療法

・ Sunitinib単独療法

・ STZ±DXR療法

・ STZ±5-FU療法

7. 婦人科がん

●化学療法の概要

1)子宮頸がん

・ CDDP+RT(放射線)療法

・ CT(CDDP+Topotecan/Nogitecan)療法

・ TP(PTX+CDDP)療法

・ TC(PTX+CBDCA)療法

2)子宮体がん

・ AP(DXR+CDDP)療法

3)卵巣がん(上皮性卵巣がん)

・ TC(PTX+CBDCA)療法

・ dose-dense TC(Weekly PTX+CBDCA)療法

・ PTX+CBDCA+BV followed by BV療法

・ DC(DTX+CBDCA)療法

・ GEM+CBDCA+BV followed by BV療法

・ PTX単独療法

・ DTX単独療法

・ CPT-11単独療法

・ Liposomal Doxorubicin(PLD)単独療法

・ GEM単独療法

・ Topotecan(Nogitecan)単独療法

・ Olaparib単独療法

・ Olaparib+BV療法

・ Niraparib単独療法

8. 泌尿器がん

●化学療法の概要

1)膀胱がん

・ GC(GEM+CDDP)療法

・ Pembrolizumab単独療法

・ Avelumab単独療法

2)前立腺がん

・ DP(DTX+PSL)療法

・ DE(DTX+EP)療法

・ Cabazitaxel+PSL療法

・ Abiraterone+PSL療法

・ Enzalutamide単独療法

・ Darolutamide単独療法

・ Apalutamide単独療法

・ Olaparib単独療法

3)胚細胞腫瘍

・ BEP(CDDP+VP-16+BLM)療法

・ EP(CDDP+VP-16)療法

・ VIP(CDDP+VP-16+IFM)療法

・ VelP(CDDP+IFM+VLB)療法

4)腎細胞がん

・ Sunitinib単独療法

・ Pazopanib単独療法

・ Axitinib単独療法

・ Nivolumab単独療法

・ Sorafenib単独療法

・ Everolimus単独療法

・ Temsirolimus単独療法

・ IFN-α単独療法

・ Nivolumab+Ipilimumab療法

・ Pembrolizumab+Axitinib療法

・ Avelumab+Axitinib療法

・ Cabozantinib単独療法

9. 造血器腫瘍

●化学療法の概要

1)慢性骨髄性白血病

・ Imatinib単独療法

・ Dasatinib単独療法

・ Nilotinib単独療法

・ Bosutinib単独療法

・ Ponatinib単独療法

2)骨髄異形成症候群

・ Azacitidine単独療法

・ Lenalidomide単独療法

3)多発性骨髄腫

・ Ld(Lenalidomide+Dexamethasone)療法

・ BLd(Bortezomib+Lenalidomide+Dexamethasone)療法

・ VDC(Bortezomib+CPA+Dexamethasone)療法

・ Bd(Bortezomib+Dexamethasone)療法

・ Pd(Pomalidomide+Dexamethasone)療法

・ KRd(Carfilzomib+Lenalidomide+Dexamethasone)療法

・ IRd(Ixazomib+Lenalidomide+Dexamethasone)療法

・ DBd(Daratumumab+Bortezomib+Dexamethasone)療法

・ DLd(Daratumumab+Lenalidomide+Dexamethasone)療法

・ ELd(Elotuzumab+Lenalidomide+Dexamethasone)療法

・ IPd(Isatuximab+Pomalidomide+Dexamethasone)療法

・ PBd(Pomalidomide+Bortezomib+Dexamethasone)療法

・ DCd(Daratumumab+Carfilzomib+Dexamethasone)療法

・ DMPB(Daratumumab+Bortezomib+L-PAM+PSL)followed by Daratumumab療法

4)悪性リンパ腫

・ ABVD(DXR+BLM+VLB+DTIC)療法

・ Brentuximab Vedotin単独療法

・ Nivolumab単独療法

・ CHOP(CPA+DXR+VCR+PSL)±Rituximab療法

・ ESHAP(VP-16+mPSL+Ara-C+CDDP)±Rituximab療法

・ DA-EPOCH(VP-16+VCR+DXR+CPA+PSL)±Rituximab療法

・ ICE(IFM+CBDCA+VP-16)±Rituximab療法

・ R-GDP(Rituximab+GEM+Dexamethasone+CDDP)療法

・ Rituximab+Polatuzumab Vedotin+Bendamustine療法

・ Bendamustine±Rituximab療法

・ Obinutuzumab+Bendamustine療法

・ Obinutuzumab+CHOP(CPA+DXR+VCR+PSL)療法

・ Rituximab+Lenalidomide療法

・ Pralatrexate単独療法

・ Romidepsin単独療法

10. 頭頸部がん(甲状腺がんを含む)

●化学療法の概要

・ CDDP+RT(放射線)療法

・ Cetuximab+RT(放射線)療法

・ Cetuximab Sarotalocan単独療法

・ Pembrolizumab単独療法

・ Pembrolizumab+(CDDP or CBDCA)+ 5-FU療法

・ Cetuximab+(CDDP or CBDCA)+ 5-FU療法

・ DCF(DTX+CDDP+5-FU)導入化学療法

・ PCE(PTX+CBDCA+Cetuximab)療法

・ PTX±Cetuximab療法

・ Nivolumab単独療法

・ DTX単独療法

・ Lenvatinib単独療法

付 録

1.調製時の注意点

2.HBV 再活性化の対策

3.抗がん剤一覧表

4.体表面積換算表


索引

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:19.5MB以上(インストール時:56.2MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:19.5MB以上(インストール時:56.2MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません