• M2PLUS
  • 産婦人科の実際 2016年9月号 65巻9号 特集 産婦人科病態への血管の診断と治療【治療編】【電子版】

産婦人科の実際 2016年9月号 65巻9号 特集 産婦人科病態への血管の診断と治療【治療編】【電子版】

  • ISBN : 9784003106509
  • 書籍発行日 : 2016年9月
  • 電子版発売日 : 2020年4月24日
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,970 (税込)
ポイント : 162 pt (6%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

毎号充実した内容を提供し、産婦人科医の「あれ知りたい!」「これ知りたい!」「いま知りたい!」にお応えします。明日からの診療に即役立つプラクティカルな知識が満載です。

特集 産婦人科病態への血管の診断と治療 ■治療編
 1. 子宮筋腫に対する子宮動脈塞栓術(UAE) -球状塞栓物質(Embosphere)によるUAEの新たな展開-
 2. 産科出血に対するinterventional radiology(IVR)
 3. 深部静脈血栓症
 ほか


産婦人科の実際 シリーズバックナンバー

産婦人科の実際(2020年度年間購読)

■ 目次

特集 産婦人科病態への血管の診断と治療 ■治療編

1. 子宮筋腫に対する子宮動脈塞栓術(UAE) -球状塞栓物質(Embosphere)によるUAEの新たな展開-

2. 産科出血に対するinterventional radiology(IVR)

3. 深部静脈血栓症

4. 肺塞栓症 -婦人科手術後の急性肺血栓塞栓症の診断、治療、リスク群の見分け方-

5. 下肢静脈瘤

6. 術中骨盤内出血への対策

7. 双胎間輸血症候群(TTTS)に対する胎児鏡下治療

8. 脳血管疾患と産婦人科医療

9. 心臓血管疾患と産婦人科医療

10. 無心無頭蓋体/無心体胎児の血管に対する集束超音波での治療

シリーズで学ぶ最新知識

立体的骨盤解剖の理解と腹腔鏡手術へのアプローチ 2.子宮体がんに対する腹腔鏡手術の実際

新連載

“悩ましい症例”に立ち向かう!CPiCレポート 1.卵巣成熟奇形腫内の呼吸上皮から生じた粘液性癌の1例

診療

不妊治療と子宮内膜症治療の連携の重要性 -閉経までを見据えた治療環境の実現を目指して-

臨床経験

Aromatase InhibitorおよびDienogestを組み合わせた粘膜下病変を伴う子宮腺筋症に対する新しい治療戦略

月経前症候群に対し低用量経口避妊薬や低用量エストロゲン・プロゲステロン配合薬の含有プロゲスチンの相違による治療効果についての検討

症例

血液透析患者の機能性過多月経に対してSequential療法を行い、妊孕性を温存しえた1例

海外文献から

・妊娠マウスのジカウイルス感染は胎盤障害と胎児死亡を起こす

・治療歴のある進行脂肪肉腫・子宮平滑筋肉腫患者に対するエリブジンとダカルバジン治療のランダム化オープンラベル第III相多施設比較試験

■ 特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。


対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:8.7MB以上(インストール時:20.1MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:8.7MB以上(インストール時:20.1MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません