• M2PLUS
  • お母さんを診よう 第2版~プライマリ・ケアのためのエビデンスと経験に基づいた女性診療

お母さんを診よう 第2版~プライマリ・ケアのためのエビデンスと経験に基づいた女性診療

  • ISBN : 9784525203023
  • ページ数 : 351頁
  • 書籍発行日 : 2022年4月
  • 電子版発売日 : 2022年4月21日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,400 (税込)
ポイント : 80 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

もっと広く、もっと深く「お母さんを診よう」!

今まさに「お母さん」である妊婦さんや授乳婦さんだけでなく,これから「お母さん」になる人,そして「お母さん」の周りの人も.すべての「お母さん」を診る機会がある医師のために,本書ではさまざまな観点から女性の健康問題とその診かたについて解説します.
今回の改訂2版では,最新の各種ガイドラインに基づいた内容のアップデートに加え,より広く,より深く「お母さんを診る」ためにさまざまなトピックを加え,パワーアップした内容をお届けします.疾患はもちろんのこと,健康増進やメンタルヘルス,乳幼児のヘルスケア,そして貧困やヘルスリテラシーといった社会的要因や,「おばあちゃん」「お父さん」など,「お母さん」の周囲の人の支え方まで.さまざまな視点から,「お母さん」と向き合うための知識をお伝えします.

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

はじめに


この本の初版ができた2015年ごろはまだ女性診療,ウィメンズヘルスケアといえば産婦人科の領域であると思っている医療者が非常に多かった.改訂2版が出版される2022年までの7年の間に意識は大きく変わってきたように感じる.

2015年に「働き方改革」の波が医療現場にも押し寄せ,医師の長時間労働が問題となった.その時に問題にあがるのが,とくに女性の働き方である.2021年のジェンダーギャップ指数(男女格差)は156ヵ国中120位で,G7の中でも最下位,ASEAN諸国の中でも最下位となっており,政治と経済の女性の進出がとくに遅れている.健康格差を招くSDH(健康の社会的決定要因)の一つとしてもジェンダーは重要視されている.世界的にみても女性は経済力が低く,日本ではとくに母子家庭の貧困率が高いのはご承知の通りである.

日本では「男は強く,女はおしとやかに」,「男は仕事,女は家庭」といった性別の役割意識を刷り込まれており,2015年頃は“突破力”がある男性しか『男性の育休』は取れない状況であった.現在は筆者の周りでも男性の育休を取る人も増えてきて,スーパーや公園でベビーカーを男性1人で押している姿もよく目にする.

またLGBTQs・SOGIという言葉も浸透してきている.男性・女性という性別を2つにわけるのではなく,性別はグラデーションで性自認や性的指向は多様であるといった認識は徐々に広がりつつある.

本書は生物学的女性に特有の健康問題にフォーカスを当てている部分が多いが,LGBTQsや家庭内暴力などジェンダーに関わる社会的健康問題も盛り込んでいる.本書の目的は女性だけが健康を目指すことではなく,女性の健康を支えることで,パートナー・子ども・同僚・友人など,“性別によらず”周りの人たちの健康を支えることである.社会の変化とともにウィメンズヘルスケアも変化してきており,今回は仕事や運動と健康,父親の支援,中高年女性などさらに多様なトピックを加えている.

本書を通じて「女性の健康相談に乗れる」という医療者が多くなり,女性の相談窓口が増えることを願っている.


2022年3月

大津ファミリークリニック
中山明子

■ 目次

prologue プライマリ・ケア医がお母さんを診るということ/鈴木 真

Ⅰ 診

これからお母さんになる人を診る

1 月経異常/中山明子

2 性感染症/菅長麗依

column ヘルス・メンテナンス ─USPSTFを知る─/中山明子

3 HPVワクチン/伊藤雄二

4 風疹ワクチン,葉酸/菅長麗依

5 タバコ・アルコール/吉本 尚

6 妊娠したい人へのケア/松田真和他

7 基礎疾患をもつ女性/進藤達哉他

column 遺伝カウンセリング/岡田唯男

8 社会的支援が必要な場合/小橋孝介

column 未成年女性の診療について/柴田綾子

妊婦さんを診る

病気

9 妊婦の血圧・血糖コントロール/清田実穂

10 妊婦によくある疾患・症状/水谷佳敬

11 妊婦の怖い腹痛/池田裕美枝

12 妊娠中のX線/中山明子

13 妊婦のメンタルヘルス/森屋淳子

14 出生前診断/岡田唯男

ヘルスメンテナンス

15 妊婦の食事・アルコール/清田実穂

column 妊娠前・妊娠中の体重管理の正しい知識/西村真紀

16 出産に当たって伝えておくべきこと・注意点/水谷佳敬

column 妊婦の旅行/菅長麗依

授乳婦さんを診る

病気

17 おっぱいの相談(授乳中の乳房のしこり,痛み)/長尾智子

18 産後うつ病/森屋淳子

19 妊娠中の疾患の産後のフォローアップ/水谷佳敬

ヘルスメンテナンス

20 母乳育児と離乳食/柴田綾子他

21 聞かれるとちょっと迷う赤ちゃんのよもやま相談/山内裕子

column ワクチンスケジュールの参考例/山内裕子

お母さんを診る

22 乳癌検診/中山明子

23 子宮頸癌検診/中山明子

column プライマリ・ケアのセッティングでもできる内診について/髙村一紘

24 家族計画,避妊/池田裕美枝

25 事故予防 ~子どもの安全を守るために~/小橋孝介

26 子どもへの性教育/遠見才希子

27 小中学生の相談/西村真紀

28 更年期のトラブル/菅長麗依

29 骨粗鬆症/中山明子

column おばあちゃんを診よう/西村真紀

Ⅱ 支

30 家庭内暴力(IPV)/池田裕美枝

31 貧困/小橋孝介

32 ヘルスリテラシー ~医療者が意識したいポイント~/三浦弓佳他

33 LGBTQs(SOGI)/久保田 希

34 働く女性の健康支援/柴田綾子

35 女性のライフサイクルと運動・スポーツ参加/濱井彩乃

column お父さんを支える/山下洋充

Ⅲ 薬

36 低用量ピル/池田裕美枝

37 妊娠中の薬/柴田綾子

38 授乳中の薬/杉谷真季他

39 外来での妊婦への処方 ─症例集① 風邪─/塩田正喜

40 外来での妊婦への処方 ─症例集② 嘔吐・下痢─/岩間秀幸

41 外来での妊婦への処方 ─症例集③ 尿路感染症─/塚原麻希子他

42 外来での妊婦への処方 ─症例集④ 頭痛─/濱井彩乃


索引

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:28.1MB以上(インストール時:64.4MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:28.1MB以上(インストール時:64.4MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません