• M2PLUS
  • 精神科病棟ではたらく人のための感染対策きほんの「き」

精神科病棟ではたらく人のための感染対策きほんの「き」

  • ISBN : 9784840478632
  • ページ数 : 160頁
  • 書籍発行日 : 2022年4月
  • 電子版発売日 : 2022年5月11日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,960 (税込)
ポイント : 72 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

【精神科特有の感染対策のポイントがわかる!】

本書では「精神科病院で感染対策を実践するのはむずかしい」という方のために、感染対策の基本の実施について、精神科病院の実情に合わせて解説している。設備や患者さんの実際に即した対策を取り上げ、今すぐできる、わかりやすい解説を現場の看護師にお届けする。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

はじめに

まず、この本を手に取ってくださった「あなた」に心から御礼申し上げます。

精神科領域の感染対策は今でこそ、その必要性が認知されてきましたが、15年ほど前は「精神科は身体が元気な人が入院している施設だから」といった認識から、なかなか対策が進まない状況がありました。私が理事長を務めている「精神科領域の感染制御を考える会」も、創設者の山内勇人先生が学会の演題のすべてに目を通し、精神科での感染対策に関する取り組みをしている一人一人に声をかけながらメンバーを増やしてきました。

精神科(精神科病院)とひとことでいっても、そのなかにはスーパー救急から療養、身体合併症治療や司法病棟などさまざまな特徴があり、患者さんもさまざな方が多くいらっしゃいます。また精神科病院は病院だけでなく地域生活を支えるデイケアや共同住居などを有していることも多く、そこで必要になる対策は本当に多様なものです。私のイメージとしては多数の因子が複合的に影響している「複雑な方程式のような場所」であるように思います。それでいて「唯一解があるとは限らない」というむずかしい環境でもあります。そのなかで、感染対策に携わる人はさまざまな調整や提案をしなくてはならず、忙しさや精神的な負担感を抱えていることも少なくありません。「現場の智慧を持ち寄って、少しでも患者さんに安全な医療を提供できないか」との思いから、この書籍に携わらせてもらいました。

精神科領域には特殊性はあっても特別なものではない。私はそう思っています。

本書がほかの診療科や領域、多くの施設にも生かせる部分があることを心から願っています。


2022年2月

広島国際大学 看護学部 准教授 糠信 憲明

■ 目次

はじめに

執筆者一覧

【INTRODUCTION】

なぜ精神科病院で新型コロナウイルスの集団感染が多発したのか?

<Chapter1>精神科領域の感染対策の特殊性と戦略

1 アウトブレイクが起こると、なにが、どう、たいへんなの?

2 感染対策におけるワクチンの重要性を知っている?

COLUMN 知っておきたい感染対策の単語

<Chapter2>これだけは知っておこう!感染対策のきほんの「き」

1 人間には、どれだけの菌が、なぜいるのか知っている?

2 「接触」「飛沫」「空気」感染の予防策はできているか?

COLUMN 知っておきたい感染対策の単語

<Chapter3>具体的な手技や感染対策

1 標準予防策とはなにをすればいいの?

《手洗いと手指消毒》

2 手洗いはなぜ必要なの?

《個人防護具》

3 個人防護具とはなに?

4 個人防護具はどのように扱えばいいの?

5 個人防護具を正しく使うにはどうすればいいの?

《環境整備》

6 病床周囲の環境整備はどのようにすればいいの?

7 病棟の換気・温度・湿度などはどのように調整すればいいの?

COLUMN 保護室の掃除

<Chapter4>ここは外せない!精神科病棟の具体的な感染対策

《精神科ならではの注意点》

1 患者さんを巻き込んだ手指衛生の取り組み

2 アウトブレイクのときの対応

3 精神科で注意するべき感染症

《職種別・場面別の注意点》

4 精神科医に心がけてほしい感染対策

5 理学療法・作業療法時に注意してほしい感染対策

COLUMN 食中毒と腐敗とカビが生えた食品

6 介護福祉士・ケアワーカーに心がけてほしい感染対策

7 精神保健福祉士・臨床心理士に心がけてほしい感染対策

8 精神科デイケアの感染制御

9 感染防止のための行動制限

<Chapter5>読んでナットク!みんなが知りたいQ&A

1 BCPとはなんでしょうか?

2 感染管理認定看護師がいない病院では、なにからはじめたらいいですか?

3 精神科の感染管理認定看護師が特定行為研修を受講するメリットは?

4 精神科での環境整備のコツはなんですか?

5 畳部屋の感染対策は、どのように行えばよいですか?

6 クロザリル(R)を使う患者さんの感染対策では、なにに気をつければよいですか?

7 実習の学生に、精神科での感染対策としてなにを伝えればよいですか?

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:9.1MB以上(インストール時:25.4MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:9.1MB以上(インストール時:25.4MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません