• M2PLUS
  • NEWはじめてのNICU看護~“なぜ”からわかる、ずっと使える!

NEWはじめてのNICU看護~“なぜ”からわかる、ずっと使える!

  • ISBN : 9784840478601
  • ページ数 : 160頁
  • 書籍発行日 : 2022年4月
  • 電子版発売日 : 2022年5月11日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,970 (税込)
ポイント : 54 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

【要点がパッとつかめる&根拠がわかる】

NICU看護の必須知識をビジュアル解説。NICUにおけるケアの根拠が明確にわかるだけでなく、先輩ナースの経験に根ざしたコツや注意点などもふんだんに紹介。NICU看護の要点がギュッと詰まっているので、復習・指導用テキストとしてもおすすめ。ダウンロードして理解度が確認できる振り返りテスト付き。
※都合により,紙版の誌面と異なり割愛される箇所があることがございます(P140 ミリスロール®, P146デカドロン®、デキサート®は未収載となっております).

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

はじめに


NICUとよばれる新生児特定集中治療室は、病院において早産児や低出生体重児、または何らかの疾患のある新生児を集中的に管理・治療し、看護を行う部署です。看護師として看護を提供するということは、看護の対象である個人とその家族を、身体的・心理的・社会的な多側面から全人的に捉え、それらの対象が自立し日常生活ができるように援助することです。看護の基本は誰が対象であっても変わるものではありませんが、実際にはNICU看護は特殊性を強く有しています。

NICUで児の治療・ケアを行いながら、成長・発達を支援していくことが看護師の役割であることは言うまでもありませんが、とくに「早産児、あるいは新生児の脳の発達を守るためにどうすればよいのか」を探究することが大切です。

NICUに入院している新生児は、身体の状態を示すモニターや人工呼吸器、輸液ポンプなど、数多くの医療機器に囲まれ、胎内とは異なった、生体の恒常性を乱す胎外環境にさらされています。NICUの養育環境は、新生児の発達途上の脳や神経系が期待するものとは大きく懸け離れたものです。NICUに入院している新生児が低酸素状態に陥る原因の4分の3は、医療スタッフが及ぼす影響であるとも言われています。また、NICUに入院中の新生児は、さまざまなニーズを言葉で発することができません。言葉を発しない新生児のサインを読み取るには、まず、正しい知識を習得することが必要です。そして、一つひとつの看護技術を正確に丁寧に行え、さらに、繊細でこまやかな技術や能力も要求されます。

本書は、2013年刊行の『はじめてのNICU看護』を加筆・修正して大幅に改訂した書籍で、NICU看護の必須知識や要点が、ビジュアル(写真、イラスト、図表など)でわかりやすく解説されています。とくに新版では、ケアのなぜ(根拠)が明確にわかるとともに、先輩ナースの経験に根ざしたコツや注意点などを多数紹介しました。1 〜4章には、医師によるワンポイントアドバイスも追加されています。さらに、理解度が確認できる「振り返りテスト」がダウンロードでき、復習・指導用テキストとして役立ちます。

まずは、正しい知識や正確な技術の習得、アセスメントにご活用ください。さらに、新生児に行った看護を振り返って評価し、より良いものへと築き上げていくステップアップにご活用いただければうれしく思います。


2022年2月

佐藤 眞由美

■ 目次

・はじめに

・振り返りテストダウンロード方法

・編集・執筆者一覧

1章 新生児看護の特徴

1 新生児の特徴

2 NICUの環境

3 新生児看護の特徴

4 ファミリーセンタードケア(family-centered care)

5 ディベロップメンタルケア(developmental care)

2章 新生児特有の症状・所見

1 母体・胎児・出生時における情報の把握

2 体温・皮膚

3 呼吸器系

4 循環器系

5 消化器系

6 中枢神経系

7 水分・電解質

8 免疫

3章 ハイリスク新生児の看護

1 体温管理とケア

2 呼吸管理とケア

3 循環管理とケア

4 栄養管理・点滴管理とケア

5 新生児の行動観察とケアパターンの調整

6 感染予防

7 よく行われる検査

8 光療法

4章 新生児の日常ケアと観察のポイント

1 バイタルチェック

2 ライン・センサーの固定

3 計測

4 ポジショニング

5 体位変換

6 抱っこ

7 痛みのケア

8 授乳

9 沐浴・清拭(シャワー浴)・オムツ交換

5章 NICUで使用される代表的な薬剤

NICUでの薬剤投与

・引用・参考文献

・索引

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:20.3MB以上(インストール時:44.7MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:20.3MB以上(インストール時:44.7MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません