• m3.com 電子書籍
  • いまさら訊けない!透析患者薬剤の考えかた,使いかた Q&A Ver.3

いまさら訊けない!透析患者薬剤の考えかた,使いかた Q&A Ver.3

  • ページ数 : 460頁
  • 書籍発行日 : 2022年6月
  • 電子版発売日 : 2022年6月10日
¥5,060(税込)
ポイント : 276 pt (6%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

病態を知り、薬剤を正しく使う

「病態を理解したうえで薬剤を選び,適正な使いかたをする」をコンセプトに,外来やベッドサイドで透析患者に薬物治療を行う際の疑問点をまとめた好評書が4年ぶりに改訂.ここ数年で登場した新薬やガイドラインに対応し,さらに「ポリファーマシー」「COVID-19」「PCI」など,近年の時流に沿った項目も新たに追加した.透析患者に関わる医療スタッフ必携の一冊.

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

3版の序文

2018年1月に『いまさら訊けない!透析患者薬剤の考えかた,使いかた Q&A 改訂2版』が発刊されて,ほぼ4年が過ぎました.お陰様で多くの先生方からご評価いただき,今回,改訂3版を出版する機会を得ることができました.

この4年間で,透析領域ではいくつかの新たな薬剤が登場し,関連する診療ガイドラインも改訂されました.そこで,可能なかぎり最新の内容にアップデートしていただきました.さらに,第2版で取り上げなかった5項目を追加し,全74項目のQ&Aから構成されています.

腎機能低下時における薬剤治療については,これまで多くの書籍が出版されています.そうしたなか,本書の「病態を理解したうえで薬剤を選び,適正な使いかたをする」,という特徴が,読者の皆様からご評価いただいていると感じております.第3版でも,各病態からみた薬の考えかた,選びかた,使いかたが,わかりやすく記載されています.どうか透析患者に薬剤を処方する際は,本書を手に取っていただき,お役立ていただけると幸いです.

最後に,コロナ禍で大変にお忙しいなか,執筆にご協力いただいた先生方,さらには中外医学社の企画部・編集部の皆様に,この場を借りて心より御礼申し上げます.


2022年5月吉日

加藤明彦

目次

I 総論

Q1.血液透析患者における薬物動態の特徴を教えてください〈川上純一 見野靖晃〉

Q2.腹膜透析患者における薬物動態の特徴を教えてください〈古久保 拓〉

Q3.持続的血液濾過透析を行う場合の薬物動態と薬剤の使い方について教えてください〈山本武人〉

Q4.透析患者におけるポリファーマシー,潜在的に不適切な処方の現状と対処法について教えてください〈木村 健〉

II 感染症

Q1.透析患者における市中肺炎の特徴と治療法を教えてください〈加藤明彦〉

Q2.透析患者における尿路感染症の診断と治療はどうすればよいですか?〈磯崎泰介〉

Q3.カテーテル関連感染症の診断と抗菌薬の使いかた,予防法を教えてください〈伊藤健太〉

Q4.透析患者におけるMRSA感染症の特徴と抗MRSA薬の使い方を教えてください〈原田孝司〉

Q5.ESBL産生菌とは何ですか? 透析患者における特徴と現状を教えてください.また抗菌薬をどう使えばよいですか?〈辻 孝之〉

Q6.透析患者に対するアミノグリコシド系抗菌薬の使い方と注意点を教えてください〈糟野裕子 福永 惠〉

Q7.透析患者における結核,非結核性抗酸菌症の特徴,抗菌薬の使いかたを教えてください〈横村光司 須田隆文〉

Q8.透析患者における深在性真菌症の特徴と抗真菌薬の使い方を教えてください〈坂尾幸俊〉

Q9.透析患者のヘルペス感染症の特徴と治療法について教えてください〈松本芳博〉

Q10.透析患者・腎移植患者におけるサイトメガロウイルス感染症の臨床像と治療法を教えてください〈藤垣嘉秀〉

Q11.免疫抑制薬を使っている透析患者では,感染予防はどうすればよいですか?〈山城良真 安田日出夫〉

Q12.透析患者におけるHIV感染症の診断法と治療を教えてください〈柴田 怜〉

Q13.インフルエンザの診断法と,治療薬の使い方について教えてください〈山本龍夫〉

Q14.新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診断法と治療薬の使い方について教えてください〈菊地 勘〉

Q15.透析患者に対するワクチン接種法を教えてください〈成瀬正浩〉

Q16.B型肝炎について透析患者における現状と治療法を教えてください〈大石和久〉

Q17.C型肝炎について透析患者における現状と治療法を教えてください〈安藤亮一〉

Q18.透析患者においてピロリ菌の診断,治療,効果判定はどうすればよいですか?〈杉本光繁〉

Q19.多発性囊胞腎の透析患者に対する腎臓および肝臓の囊胞感染症の治療法を教えてください〈諏訪部達也 乳原善文〉

III 循環器・脳血管

Q1.透析患者の不整脈はどう診断し,どう治療すればよいですか?〈佐藤 洋〉

Q2.透析患者における発作性心房細動や上室性不整脈の特徴と治療法について教えてください〈夛田 浩〉

Q3.透析患者における心不全治療薬の適応と使い方について教えてください〈高橋紘子 渋谷祐子〉

Q4.透析患者に対する降圧薬の選びかた,使いかたを教えてください〈大竹剛靖〉

Q5.透析中の低血圧の原因と対処法を教えてください〈深澤洋敬〉

Q6.頻脈性心房細動に対するレートコントロール治療の仕方を教えてください〈大橋 温〉

Q7.透析患者の経皮的冠動脈インターベンション(PCI)施行時および施行後の薬物療法について教えてください〈坂本篤志 前川裕一郎〉

Q8.透析患者の冠動脈バイパス術(CABG)施行時および施行後の薬物療法について教えてください〈椎谷紀彦〉

Q9.末梢動脈疾患(PAD)には抗血栓薬や抗血小板薬の適応はありますか? また,どのように使えばよいですか?〈日高寿美 小林修三〉

Q10.透析患者の急性期脳梗塞の特徴と薬剤の使い方を教えてください〈宮嶋裕明〉

Q11.頭部MRI・MRAで脳動脈の狭窄がみつかった場合や,頸動脈エコーで頸動脈狭窄がみつかった場合は,抗血栓療法は行うべきですか?〈酒井直樹〉

Q12.透析患者におけるワルファリンの導入期と維持期の調整のコツを教えてください〈本間一成〉

IV 消化管

Q1.逆流性食道炎に対するプロトンポンプ阻害薬,カリウムイオン競合型アシッドブロッカー,H2遮断薬と粘膜保護薬の使い方を教えてください〈杉本 健〉

Q2.NSAIDを処方しているとき,上部消化管の粘膜病変への対応はどうしたらよいですか?〈古田隆久〉

Q3.透析患者の消化器がんに対する抗がん薬の使い方について教えてください〈山出美穂子 大澤 恵〉

Q4.透析患者の便秘について対処法を教えてください〈柏葉 裕 宇田 晋〉

Q5.透析患者が大腸憩室炎,虚血性腸炎を発症したときの対処と,薬の使い方を教えてください〈松島秀樹〉

Q6.抗血栓薬の内服中に内視鏡的処置を行う場合の休薬方法を教えてください〈大澤 恵〉

Q7.リン吸着薬の便通への影響を教えてください〈戸川 証〉

Q8.カルシウム受容体作動薬(calcimimetics)による胃腸障害はどう対処すればよいですか?〈野垣文昭〉

Q9.高カリウム血症治療薬の特徴と副作用について教えてください〈大島一憲 光武明彦 池谷直樹〉

Q10.透析患者にCT,MRIや眼底検査が必要な場合,造影剤の使いかたと注意点を教えてください〈井上秀樹〉

V 糖尿病・代謝・栄養

Q1.透析患者における経口血糖降下薬の適応と使いかたを教えてください〈中山裕史〉

Q2.透析患者ではインスリン製剤の適応はどうなっていますか? また,どのように使えばよいですか?〈馬場晴志郎 阿部雅紀〉

Q3.透析患者におけるGLP-1アナログ製剤の適応と使い方を教えてください〈森田 浩〉

Q4.血糖値に対する透析液ブドウ糖濃度の影響を教えてください〈長井幸二郎〉

Q5.透析患者の脂質異常症に対する薬剤の使いかたを教えてください〈庄司哲雄〉

Q6.透析患者でしばしば高尿酸血症を認めますが,どうすればよいですか?〈榊間昌哲 川勝祐太郎 米村克彦〉

Q7.透析患者における骨粗鬆症の実態と治療法について教えてください〈角田隆俊〉

Q8.透析患者ではビタミン類の補充はどういうときに必要ですか? またどうやって補うのがよいですか?〈長井美穂 和田憲和 菅野義彦〉

Q9.どういうときにカルニチン欠乏症を疑いますか? どうやって補充すればよいですか?〈伊丹儀友〉

Q10.透析患者に対する透析中の高カロリー輸液および経口栄養剤の適応とメニューを教えてください〈熊谷裕通 吉田卓矢〉

Q11.透析患者における抗リウマチ薬の適応と使い方について教えてください〈大浦正晴〉

VI 神経

Q1.透析患者における睡眠障害・不眠は多いですか? また,どういった薬をどのように使えばよいですか?〈小野孝彦〉

Q2.むずむず脚症候群(restless legs syndrome:RLS)とはどういう病気ですか? また,どういった薬剤が有効ですか?〈小池茂文〉

Q3.認知機能の評価方法および現状と薬の使い方について教えてください〈日高寿美 小林修三〉

Q4.透析患者のParkinson病の特徴と薬物療法の適応,薬剤の特徴とその使い分けについて教えてください〈濃沼崇博 服部信孝〉

Q5.透析患者の抗うつ薬の使い方を教えてください〈宮嶋裕明〉

Q6.透析患者に対する抗てんかん薬の使い方について教えてください〈佐藤慶史郎〉

Q7.透析患者におけるWernicke脳症の特徴と治療法について教えてください〈石垣さやか〉

VII 透析合併症・その他

Q1.透析患者に対するリン吸着薬の使いかたを教えてください〈笠井健司〉

Q2.CKD-MBDに対するビタミンD製剤とCa受容体作動薬の適応と使い方を教えてください〈菅野靖司 角田隆俊〉

Q3.透析患者における透析液の使い分けについて教えてください〈稲熊大城〉

Q4.腎性貧血治療薬とその使い分けについて教えてください〈下山皓太郎 小林賛光 山本裕康〉

Q5.鉄補充の適応はどうなっていますか? またどのように治療するのがよいですか?〈中西 健 北川 聡 山本清子〉

Q6.透析患者の痒みの現状と薬の使い方について教えてください〈佐藤貴浩〉

Q7.透析患者における関節痛の現状と薬の使い方を教えてください〈宮地武彦〉

Q8.男性透析患者における性機能障害と治療について教えてください〈太田信隆〉

Q9.透析患者におけるDICの治療薬について教えてください〈磯部伸介〉

Q10.透析患者における禁煙補助薬,アルコール依存症禁酒補助薬の使い方について教えてください〈藤倉知行〉

Q11.移植腎機能喪失によって透析再導入する際の免疫抑制薬の使い方,減量方法について教えてください〈西 慎一〉

索引

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:18.8MB以上(インストール時:47.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:75.2MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:18.8MB以上(インストール時:47.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:75.2MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784498224780
  • ページ数:460頁
  • 書籍発行日:2022年6月
  • 電子版発売日:2022年6月10日
  • 判:B6判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。