• M2PLUS
  • 小児急性脳炎・脳症のとらえ方と治療戦略 Practice and Progress <小児科ベストプラクティス> 

小児急性脳炎・脳症のとらえ方と治療戦略 Practice and Progress <小児科ベストプラクティス> 

  • ISBN : 9784521749235
  • ページ数 : 304頁
  • 書籍発行日 : 2022年6月
  • 電子版発売日 : 2022年6月17日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥9,680 (税込)
ポイント : 176 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

日本がリーダーシップをとり,常に牽引しつづけている小児急性脳炎・脳症.
ガイドラインをさらに踏み込んだエキスパートコンセンサスが蓄積され,研究・臨床の最新知見,有効性を示す症例を収載.さまざまな疾患・病態に起因し診断が難しい急性脳症の要点を「診断のポイント」で解説,難治性が多く家族への伝え方が難しい「家族への説明」を語り口調で紹介.

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文


急性脳症は,急激に広範な脳障害をきたす疾患で,既知の疾患が否定された場合に診断されます.根本的な病因や病態は依然として不明のままで,予後を確実に改善させる治療法も確立していません.欧米でも知られているReye症候群や出血性ショック脳症症候群は本邦では少なく,けいれん重積型(二相性)急性脳症や可逆性脳梁膨大部病変を有する軽症脳炎・脳症,急性壊死性脳症が多くみられます.急性脳症の発症は年間400~700人で,後遺症・死亡を約40%にきたすと報告されています.急性脳症は本邦における後天性脳障害の主要な原因であり,これまで厚生労働省研究班ならびに日本小児神経学会において診療ガイドラインや指針が策定されてきました.『インフルエンザ脳症ガイドライン』(2005年)ならびにその改訂版(2009年),『インフルエンザ脳症の診療戦略』(2018)が厚生労働省研究班により策定され,『小児急性脳症診療ガイドライン2016』(2016年)が日本小児神経学会より策定されました.

1990年代後半から,MRI撮像法の進歩などにより急性脳症の臨床病型が整理されてきました.急性脳症に対して,本邦の臨床医や研究者が臨床的特徴のまとめや髄液・血液のバイオマーカーの解析,遺伝子解析,画像解析,脳波解析などを精力的に行い,急性脳症の病態や早期診断法,治療法が少しずつ明らかになってきました.

急性脳症の大部分がてんかん重積状態(けいれん重積状態)で発症するため,初期治療には小児科医や研修医,総合診療医,救急医の先生方が関わります.本書は小児神経科医のみならず,急性脳症および急性脳炎の初期対応を担当する先生方の実臨床に役立つことを目的に編集しました.各章は,その領域のエキスパートの先生方に執筆していただきました.ガイドラインや学術論文を基本にしながらも,最新の知見を紹介していただきました.さらに,画像や症例提示,家族への説明の要点などを取り入れることで,診療に役立つように工夫しました.急性脳症に関わる先生方の診療に役立てましたら幸いです.そして,急性脳症に罹患した子どもたちが適切に診断・治療され,後遺症が少しでも軽くなることを切に願っています.


2022年4月

鳥取大学医学部脳神経医科学講座脳神経小児科学分野
前垣義弘

■ 目次

Appendix 1 急性脳症の見つけ方・見分け方

Appendix 2 症候群分類

1章 急性脳症概論

急性脳症の概念・定義・分類 / 水口 雅

感染病原体と急性脳症臨床病型との関連 / 星野 愛

急性脳症の疫学・予後 / 葛西真梨子

急性脳症の病因・病態 / 柴田明子

急性脳炎・急性脳症の神経病理 / 林 雅晴

2章 急性脳症の検査・診断

急性脳症の診断・検査・鑑別診断 / 九鬼一郎

頭部画像検査 / 髙梨潤一

脳波検査 / 大栗聖由,岡西 徹

脳波モニタリング / 山本啓之

熱性けいれん重積と急性脳症の鑑別 / 西山将広

3章 急性脳症の治療

てんかん重積状態の治療 / 菊池健二郎

急性期全身管理・支持療法 / 平井克樹

脳低温療法・脳平温療法 / 根岸 豊,岩田欧介

急性脳症の特異的治療 / 松重武志

けいれん重積後の急性脳症予防・早期治療プロトコール例(1)鳥取大学 / 宮本洋輔,金井創太郎

けいれん重積後の急性脳症予防・早期治療プロトコール例(2)兵庫県立こども病院 / 豊嶋大作

後遺症とリハビリテーション / 栗原まな

4章 急性脳炎・急性脳症の臨床

けいれん重積型(二相性)急性脳症(AESD) / 髙梨潤一

可逆性脳梁膨大部病変を有する軽症脳炎・脳症(MERS) / 多田弘子

出血性ショック脳症症候群(HSES) / 山口 宏

急性壊死性脳症(ANE) / 吉田健司

難治頻回部分発作重積型急性脳炎(AERRPS) / 堀野朝子,佐久間 啓

Reye症候群・Reye様症候群 / 那須野 将,稲葉雄二

インフルエンザ脳症 / 奥村彰久

突発性発疹(HHV–6, 7)脳炎・脳症 / 井上岳司

単純ヘルペス脳炎 / 河村吉紀

マイコプラズマ感染症に伴う脳炎 / 金森 透,水野朋子

サイトメガロウイルス中枢神経感染症 / 森内昌子,森内浩幸

急性弛緩性脊髄炎 / 吉良龍太郎

先天代謝異常症による急性脳症 / 杉山洋平,村山 圭

Dravet症候群に合併する急性脳症 / 奥村彰久

急性脳症を合併しやすい慢性基礎疾患 / 金井創太郎

急性疾患に合併・併発する急性脳症 / 清水正樹

抗NMDA受容体脳炎 / 高橋幸利,井田久仁子,水谷聡志

自己免疫性脳症―急性散在性脳脊髄炎,オプソクローヌス・ミオクローヌス症候群 / 鳥巣浩幸

可逆性後部白質脳症(PRES) / 土岐 平,野々田 豊,石倉健司

急性小脳失調症 / 石川暢恒

略語一覧

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:18.9MB以上(インストール時:46.0MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:18.9MB以上(インストール時:46.0MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません