• M2PLUS
  • 現場で役立つ 薬局業務ガイドブック 改訂版

現場で役立つ 薬局業務ガイドブック 改訂版

  • ISBN : 9784296112074
  • ページ数 : 264頁
  • 書籍発行日 : 2022年4月
  • 電子版発売日 : 2022年6月22日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥6,380 (税込)
ポイント : 116 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

薬局で働くために必要な基礎知識が詰まった薬局業務ガイドブック。
2022年度調剤報酬改定を反映。日本調剤の編集協力により誕生!


まずは社会人としてのマナー、医療保険制度のしくみなど、いまさら聞けない常識をおさらい。服薬指導の基本、薬歴記載や疑義照会のポイントなどの日常業務を押さえながら、2022年度調剤報酬改定を反映した調剤報酬点数や算定要件についても学べます。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

はじめに


薬局は今、大きな変革の中にあります。過去130年間にわたって「調剤の業務を行う場所」と定義されていた薬局が、改正医薬品医療機器等法(薬機法)により、「調剤の業務ならびに薬剤および医薬品の適正な使用に必要な情報の提供および薬学的知見に基づく指導の業務を行う場所」となりました。そして薬局薬剤師の業務は、対物中心から対人中心へと大きな転換が図られ、患者が服用する薬を一元的に把握し、必要に応じてフォローアップすることが義務化されました。

こうした動きを反映して、2022年度調剤報酬改定では、調剤料と薬剤服用歴管理指導料が廃止され、新たに薬剤調製料、調剤管理料、服薬管理指導料の3つに組み替えられました。対物業務である薬剤調製や取りそろえ、調製後の鑑査業務の評価と、一人ひとりの患者に応じた処方内容の薬学的知見に基づく分析や調剤設計、調剤録・薬歴への記録、そして服薬管理指導の評価に再編されたわけです。

薬剤師は、法改正や調剤報酬の算定要件を実務と結び付けて理解する必要がありますが、新人薬剤師はもとより現場で活躍する薬剤師であっても、これらの変化に対応して知識をアップデートするのは容易ではありません。最新情報を入手しにくい環境にある薬剤師、そして出産や育児などでブランクのある薬剤師にとっては、時代の変化についていけるか不安に感じることも多いのではないでしょうか。

また長引くコロナ禍において、入社時研修を対面でなくオンラインで実施する薬局も少なくありません。社会人としてのマナーを含め、本来は入社時にしっかり学ぶべき内容が手薄になってしまう恐れもあります。入社後に現場で実施するOJTに関しても、“ 三密” を回避しようとするとコミュニケーションが取りづらくなります。中には、新人が先輩たちに疑義照会の仕方やトレーシングレポートの書き方など、実務のちょっとした疑問を気軽に質問できる場が減っている薬局もあるようです。

そこで日経ドラッグインフォメーション編集部は、日本調剤株式会社の編集協力を得て、薬局で働くために押さえておきたい基礎知識を網羅した『薬局業務ガイドブック』を2021年に発行しました。そして今回、2022年度調剤報酬改定の内容とともに、オンライン服薬指導やオンライン資格確認などの最新情報を盛り込んだ改訂版を発行します。新卒・中途入社時の研修テキストとして、薬局に1冊常備して誰でも参考にできるテキストとして、ぜひご活用ください。

最後に、本書の出版にあたり、ご尽力いただきました日本調剤株式会社の教育情報部、広報部の皆様に、厚くお礼申し上げます。


2022年4月

日経ドラッグインフォメーション編集部

■ 目次

第1章 薬局で働くために身に着けておきたいマナー

身だしなみ

挨拶・言葉遣い

報告・連絡・相談

電話対応

文書の書き方

名刺の出し方、席次

ウェブ会議のマナー

第2章 薬局で働くために知っておきたい基本的なこと

医薬分業

保険薬局に関連する法律

医療保険制度

調剤報酬の支払いの仕組み

個別指導

医療保険

後期高齢者医療保険

患者の一部負担金

高額療養費制度

公費負担医療制度

介護保険制度

OTC医薬品などの販売

薬局の機能認定制度

オンライン資格確認

第3章 薬局で働くために押さえておきたい実務

保険薬局で使用できる医薬品

保険処方箋の記載上のルール

お薬手帳

薬袋と薬剤情報提供文書

後発医薬品への変更

疑義照会

疑義照会と処方箋チェック

トレーシングレポート

服薬指導の基本

POSの概念に基づく服薬指導

患者フォローアップ

薬歴管理

調剤後の処理

調剤過誤防止・医療安全

在庫管理

麻薬など規制医薬品の管理

在宅医療

オンライン服薬指導

第4章 薬局で働くために把握しておきたい調剤報酬

調剤報酬の基本

調剤基本料および加算

調剤技術料および加算

薬学管理料および加算

薬剤料

特定保険医療材料料

付録

2022年度調剤報酬点数表および調剤報酬点数表に関する事項

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:27.1MB以上(インストール時:62.3MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:27.1MB以上(インストール時:62.3MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません