• M2PLUS
  • がん診療における対話力をみがく

がん診療における対話力をみがく

  • ISBN : 9784498022904
  • ページ数 : 118頁
  • 書籍発行日 : 2022年6月
  • 電子版発売日 : 2022年6月21日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,640 (税込)
ポイント : 48 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

コミュニケーション能力は、医術だ.

コミュニケーションは言語学・心理学・脳科学・行動経済学・人間学・コーチングなどの複合的学問と言えるのではないか.そのような着想のもと,長年がん患者と向き合い,数多の臨床経験を誇る著者が「言葉は人を癒やす」「医師の存在そのものが患者を癒やす」という理想を体現するために必要と考えた学術的な知識とノウハウを紹介する.「コミュニケーション能力は磨ける」と実感できる,多方面で培った至極の知恵が満載だ.

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

プロローグ


皆さんは,自分のコミュニケーションがどんなふうになったらよいと思いますか? 皆さんが考えるコミュニケーションが上手な人とは,どんな人でしょうか?

私が考えるコミュニケーションが上手な人というのは,いつでも相手を心地よくさせられる,決して相手を傷つけない,わかりやすく話せる,どんな話題でも話ができる,穏やかに話ができる,場の雰囲気を読むことができる,相手の感情に上手に対応できる,相手がたくさん話したくなる,聞き上手である,心の琴線に触れることができる,相手が一番求めているものを察知することができる,そして,また会いたくなる人です.

本書では,私がこれまでに知り得たコミュニケーションに関連するコンテンツをお伝えします.どこからでも読むことができますので,気になったところから開いてみてください.きっと何かのヒントがみつかると思います.

Chapter1では医療におけるコミュニケーションの課題を,Chapter2ではコミュニケーションの原点を考えてみます.Chapter3~7が本書のメインパートで,利用可能なあらゆる技を披露します.そして,Chapter8では仮想症例での対話を考えてみたいと思います.

本書の大きな目的は,医学界のみならずビジネス,自己啓発,心理学,脳科学,コーチング,芸術などの世界中にある宝石のような知恵を紹介し,がん診療における対話というネックレスを拵える土台を提供することです.皆さんが気に入った宝石を選び,ご自分なりのネックレスを楽しみながら作っていただければと思います.


2022年5月

大坂 巌

■ 目次

プロローグ

Chapter 1 医療におけるコミュニケーションの課題と展望

医師と患者さんの認識の違い

コミュニケーションギャップ

医療分野におけるコミュニケーション教育の課題

がん診療におけるコミュニケーションの特徴

コミュニケーションスキル

CSTの有効性

医療におけるコミュニケーションの重要性

Chapter 2 コミュニケーションとは何か

語源

コミュニケーションの種類

メラビアンの法則の真意

言霊

コミュニケーションの本質はVUCA

対話力をみがく

Chapter 3 体をみがく

コミュニケーションにおける体

からだ

てい

うなずき

SOLER

SURETY

パーソナルスペースを意識する

椅子の配置を変える

Chapter 4 技(インプット)をみがく

代表システム

アイ・アクセシング・キュー

身に付けているもの,持ち物に気づく

診察室では本音はみえない

聴く力をみがく

音声メッセージ

Active listening

聴くときの見方

両耳の働きは同じではない

聴いているときの行動

きいてもらえた,わかってもらえたという感覚

声にならない声を聴く

話が終わらない場合にどうするか

聴くときの禁止事項

Autocrine

違和感を放置しない

直観をみがく

観察力をみがくトレーニング

[column]  1潜在意識

Chapter 5 技(アウトプット)をみがく

言葉をみがく

話し方をみがく

伝え方をみがく

フィードバック

Chapter 6 技(インターバル)をみがく

沈黙

空気

当意即妙

リズム感

[column]  2脳と脳が直接対話する?

Chapter 7 心をみがく

感受性をみがく

感情をみがく

Non—violent communication

共感

がん診療における共感

感情の区別化

コンパッション

GRACE

ゴールデンサークル

共感力の評価

人は変われる

直感を大切にする

五感をみがく

マインドフル・コミュニケーション

Pause

己をみがく

[column]  3チューニング

[column]  4キャリブレーション

Chapter 8 実践編

初めての外来

がん治療を説明する

がん治療の終了を伝える

予後を突然尋ねられた

Dialog

みがき言葉リスト

エピローグ

索引

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:43.5MB以上(インストール時:89.4MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:43.5MB以上(インストール時:89.4MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません