• M2PLUS
  • PT・OTのための画像評価学テキスト

PT・OTのための画像評価学テキスト

  • ISBN : 9784830645983
  • ページ数 : 348頁
  • 書籍発行日 : 2022年6月
  • 電子版発売日 : 2022年7月14日
  • 判 : B5変型
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥5,280 (税込)
ポイント : 96 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

PT・OTが画像の評価能力を短期間で効率的に修得できる1冊!

教育課程で使いやすい15章で構成され,運動器疾患・神経疾患・内部疾患をモダリティ別に解説.各分野のスペシャリストである医師と理学療法士により,解剖イラストと併せて疾患の特徴をよく反映したわかりやすい画像を数多く系統的に掲載.厳選された正常画像と疾患画像を対比しながら学習でき,読影のコツやピットホールの解説,学習の到達度を確認できるチャレンジ問題により評価能力を短期間で効率的に修得できる.

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

序文

日本の高齢者人口の割合は,2007年に21%を超えて超高齢社会を迎えましたが,2021年には29.1%になり,2060 年には39.9%とさらに上昇していくことが予想されています.このように高齢化がより一層進んでいく中で,社会からリハビリテーションへの期待と要望はますます高まっています.

一方,フィルムレスによる画像診断が普及したことで,医師だけでなく,メディカルスタッフが,現在の画像に加えて過去の画像も電子カルテ端末から容易に参照できるようになりました.リハビリテーションへのさまざまな要望と画像診断技術の進歩を踏まえて,理学療法ならびに作業療法養成課程において,2020年度の入学者より画像評価に関する単位が新たに設けられ,コアカリキュラムの中でリハビリテーションに関わる画像の評価能力の修得が必須となりました.

そこで,理学療法学ならびに作業療法学を専攻中の学生,ならびにすでに臨床現場で働いている療法士が,求められる画像の評価能力を短期間に効率的に修得できることを目的として本書は企画されました.

画像の評価能力の学習に際しては,基本的な画像の読み方を理解したうえで,疾患画像の特徴を把握することが大切ですが,そのためには,解剖学的イラストレーションと合わせて,疾患の特徴をよく反映したわかりやすい画像を数多く見ることが必要です.

本書は,各分野のスペシャリストが厳選した正常画像と疾患画像を対比しながら読影することで,読影時のポイントがぱっと脳裏に浮かぶようにビジュアルを中心に学習できるように構成されています.さらに,スペシャリストによる画像読影のコツやピットホールに関する解説や,学習の到達度を評価できるチャレンジ問題など,読み物としても興味を持ちやすい内容とすることで,画像の評価を主体的にマスターして,日々のリハビリテーション業務に取り入れられるようになることが本書を読むことの最大のベネフィットです.

デジタル化が進んだ今日であっても,効率的な学習にあたっては,読みやすい書籍の利点はきわめて大きいです.特に,これだけ多くの画像を療法士向けに系統的に掲載した画像評価のテキストはほとんどなく,本書が画像評価のミニマムスタンダードテキストとして,療法士の養成校ならびに多様なリハビリテーションの現場で活用されることを切に願っています.

最後に本書の発刊にご尽力いただいた,編集者の高橋哲也先生,松田雅弘先生,手塚純一先生,ならびに分担執筆者の先生方,そして,文光堂編集企画部の皆様に深謝申し上げます.


2022年5月

三浦靖史

■ 目次

Part 1 ▶︎ 総論

Chapter-1 基本画像診断・評価学

Part 2 ▶︎ 運動器疾患の画像

Chapter-1 骨・関節X線の基本と画像解剖・評価

Chapter-2 骨・関節CT・MRIの基本と画像解剖・評価

Chapter-3 外傷の画像評価

Chapter-4 関節疾患の画像評価

Chapter-5 脊椎・脊髄疾患の画像評価

Chapter-6 運動器エコーの基本と画像解剖・評価

Part 3 ▶︎ 神経疾患の画像

Chapter-1 脳画像の基本と画像解剖・評価

Chapter-2 脳血管疾患の画像評価1:出血

Chapter-3 脳血管疾患の画像評価2:梗塞

Chapter-4 脳血管疾患の画像評価3:その他

Part 4 ▶︎ 内部疾患の画像

Chapter-1 胸部X線の基本と画像解剖・評価

Chapter-2 胸部のCTの基本と画像解剖・評価

Chapter-3 心血管のCT・MRIの基本と画像解剖・評価

Chapter-4 心エコー・腹部エコーの基本と画像解剖・評価


索引

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:56.9MB以上(インストール時:121.0MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:56.9MB以上(インストール時:121.0MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません