• M2PLUS
  • 獣医版フローチャートマッサージ&漢方薬 飼い主さんもできるペットのツボ

獣医版フローチャートマッサージ&漢方薬 飼い主さんもできるペットのツボ

  • ISBN : 9784880028927
  • ページ数 : 180頁
  • 書籍発行日 : 2022年8月
  • 電子版発売日 : 2022年8月2日
  • 判 : B6変型
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,080 (税込)
ポイント : 56 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

大ヒット『獣医版フローチャートペット漢方薬』第2弾!

ツボにも漢方薬にも詳しくない。でも気になる獣医の先生に朗報です。診断に迷うケースも症状別のフローチャートで効果的なツボ&漢方薬が検索可能に。治療がむずかしいシニア期、がんのペットへの対応は必読。飼い主さんとのコミュニケーションツールとしても大活躍まちがいなし。

あわせて読む → 獣医版フローチャートペット漢方薬 実は有効!明日から使える!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

はじめに


『獣医版フローチャートマッサージ&漢方薬』が上梓されました.免疫学の実験で苦楽を共にした井上明先生との共著である『獣医版フローチャートペット漢方薬』の続編になります.今回は共著者に畦元香月先生に加わって頂いての発刊になります.畦元香月先生は中国の漢方である中医学への造詣が深く,動物のツボの専門家でもあります.

今回の書籍には獣医師がぜひとも臨床に取り入れたほうがよいツボと漢方薬がフローチャート的に記載されています.西洋医学的治療との併用も,また単独にツボや漢方を使用することもこの本を手にすると自由自在にできるようになります.

臨床を行ううえで,使える治療道具が多いほうが臨機応変に対応可能になり,西洋医学的治療だけでは限界がある場合にはきわめて有用なオプションになります.治療の選択肢の幅が拡がるということは,それだけ多くの疾患や症状に対応可能となり,来院するペットが増え,そして多くのペットに長く主治医として寄りそうことが可能になります.その結果,飼い主の信頼を勝ち取ることになるのです.

そんな臨床の潤滑油になるツボと漢方薬ですが,実はペットに対して明らかなエビデンスがあるものはごく稀です.米国臨床腫瘍学会のガイドラインに記載があるエビデンスレベルは5つに分類されています.最もエビンスレベルが高いものがレベル1で,最もエビデンスレベルが低いものがレベル5です.レベル5は1例報告や体験談,そして動物実験などです.レベル4は2例以上の症例報告,レベル3はランダム化されていない臨床研究です.そしてレベル2はランダム化された臨床試験ですが,症例数が少ないものです.レベル1は症例数が多いランダム化大規模臨床試験となります.症例数が多いとは1,000例規模以上のものです.

つまり1,000例を集めてくじ引きで治療を行うものと,行わないものを分けて,そして前向きに(将来に向かって)観察研究を行う臨床試験がレベル1なのです.人に対する医薬品として認可されるには,基本的にこのレベル1の臨床試験を勝ち抜く必要があります.

ところが,ツボや漢方薬にはこのレベル1に相当する1,000例規模のランダム化された大規模臨床試験はありません.例外は本書にも登場する生薬フアイアで,これは肝細胞がん手術後の約1,000名の患者をランダム化してフアイア内服群と非内服群に分け,無再発生存率をエンドポイントにして明らかな統計的有意差をもって勝ちました.

人の臨床で漢方薬は本邦では公的医療保険の対象となっていますが,実はレベル1の臨床試験を勝ち抜いた漢方薬や生薬はなく,歴史的有用性から例外的に保険適用医薬品として認められています.ツボも同様で,特別なツボをターゲットにして,特定の疾患に対して有用性が確認されたレベル1の臨床試験はまだ登場していません.

そしてペットへの有用性となると,1,000匹以上のペットを対象に,ある特定の病気や症状に対して,ランダム化された大規模臨床試験はありません.ペットでは基本的に人に対する有用性から類推して治療が選ばれ,そして獣医師の臨床経験から,その効果が追認されていることがほとんどです.

つまり,獣医師の臨床経験によるところが多いのです.今回のツボと漢方薬は畦元香月先生と井上明先生の膨大な臨床経験から導き出された臨床の叡智です.そんな英知が実際にペットの臨床に有効かはぜひともみなさまご自身でご確認ください.

フアイアに関する部分は新見正則が記載しています.人の経験からの類推ですが,多くのペットの症状や病気の軽快に役立っています.ペット向けにはフアイアの薬効成分であるTPG‒1をしっかりと含んでいるアニミューン® として登場します.

この書籍が多くの獣医師の先生方の臨床に役立つことを願っています.


新見正則

■ 目次

・推薦の言葉

・はじめに

・本書の使い方

ペットのツボ&漢方薬の基本

なぜ東洋医学が大切なのか

効果的なツボのマッサージ・鍼灸治療

温灸と食事について

免疫について

ペットへの漢方薬の処方の基本

フローチャートでさがすツボ&漢方薬

目の疾患

ドライアイ

流涙と目やに

耳の疾患

難聴

外耳炎

循環器疾患

心機能不全

貧血

肥大型心筋症による後肢麻痺

呼吸器疾患

呼吸の異常

興奮時の咳

鼻の疾患

鼻の疾患全般

花粉症

消化器疾患

消化器全般

梅雨時の胃腸炎

夏バテによる胃腸炎

車酔い

胃腸の冷えによる嘔吐

下痢

便秘

膵炎

泌尿器疾患

猫下部尿路疾患(FLUTD)

おしっこトラブル

腎疾患

腎不全

内分泌疾患

糖尿病

運動器疾患

あしの関節痛

肩・腰の痛み

椎間板ヘルニア・脊髄損傷性疾患

環椎軸椎不安定症

馬尾症候群(変性性腰仙椎狭窄症)

変性性脊髄症

皮膚疾患

かゆみ・炎症

爪・肉球トラブル

脳血管疾患

脳梗塞・脳出血の後遺症

精神・神経疾患

けいれん・てんかん発作

特発性顔面神経麻痺

自律神経の乱れ

分離不安症

認知症

がんを診る人は必ず読んで下さい

フアイアについて

アニミューンについて

腫瘍

脳腫瘍

脊髄腫瘍・髄膜腫

骨肉腫

鼻腔内腫瘍

口腔内腫瘍・メラノーマ・悪性扁平上皮がん

甲状腺腫瘍

肺腫瘍

乳腺腫瘍

消化器腫瘍

膀胱腫瘍

QOLの改善

冷えがありだるそうにしている

なんとなく活気がない

付録

経絡の種類

香月先生のおすすめ商品

・あとがき

・INDEX

コラム

肉球マッサージ

流涙と目やに

腸内細菌のバランス

ストレスによる不調

腫瘍の場合の鍼灸治療の目的

ペット介護の現実

ペットと行うヨガ

ハーブとホリスティック医療

ペットの悩み相談

私が臨床獣医師でいる理由

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:8.6MB以上(インストール時:19.1MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:8.6MB以上(インストール時:19.1MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません