• M2PLUS
  • 胆と膵 2020年10月号(Vol.41 No.10)【特集】自己免疫性膵炎の最前線

胆と膵 2020年10月号(Vol.41 No.10)【特集】自己免疫性膵炎の最前線

  • ISBN : 9784865173918
  • ページ数 : 134頁
  • 書籍発行日 : 2020年10月
  • 電子版発売日 : 2022年8月1日
  • 判 : A4判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,300 (税込)
ポイント : 60 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

特集 自己免疫性膵炎の最前線
自己免疫性膵炎臨床診断基準 2018/自己免疫性膵炎臨床ガイドライン 2013 とその改正作業のポイント/自己免疫性膵炎の全国調査 ほか

≫ 「胆と膵」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 目次

特集:自己免疫性膵炎の最前線 企画:神澤 輝実

自己免疫性膵炎臨床診断基準 2018

川 茂幸

自己免疫性膵炎臨床ガイドライン2013とその改正作業のポイント

岡崎 和一

自己免疫性膵炎の全国調査

菊田 和宏ほか

自己免疫性膵炎の病因・病態:自己免疫性疾患との関連の視点から

塩川 雅広ほか

自己免疫性膵炎の病因・病態:自然免疫の視点から

内田 一茂ほか

自己免疫性膵炎と血中IgG4値

上原 剛ほか

IgG4関連硬化性胆管炎の臨床像と自己免疫性膵炎との関連性について

西野 隆義ほか

自己免疫性膵炎の生検診断のためのガイダンス

能登原 憲司

自己免疫性膵炎の EUSおよびEUS-FNA診断

山宮 知ほか

自己免疫性膵炎の診断における画像診断のためのガイダンス

髙橋 正明ほか

自己免疫性膵炎に合併する膵囊胞性病変の病態と治療戦略

窪田 賢輔ほか

自己免疫性膵炎のステロイド治療と再燃予測因子

清水 京子

自己免疫性膵炎の長期予後

石川 卓哉ほか

自己免疫性膵炎2型の臨床

植木 敏晴ほか

コラム①:IgG4関連疾患に対するリツキシマブによる治療

山本 元久ほか

コラム②:IgG4関連疾患患者レジストリ

石川 秀樹ほか

コラム③:日本IgG4関連疾患学会

川野 充弘ほか

症例

限局性肝内胆管拡張を伴った胆管狭窄に対し腹腔鏡下左肝切除を行った2例

種村 彰洋ほか

内視鏡的経乳頭的胆囊ドレナージ(ETGBD)で胆囊管を損傷した中等症急性胆囊炎の1例

吉田 有佑ほか

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:23.6MB以上(インストール時:52.0MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:23.6MB以上(インストール時:52.0MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません