• M2PLUS
  • いそがしい医療従事者のための遺伝子バリアント評価法

いそがしい医療従事者のための遺伝子バリアント評価法

  • ISBN : 9784498008540
  • ページ数 : 256頁
  • 書籍発行日 : 2022年8月
  • 電子版発売日 : 2022年8月3日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,620 (税込)
ポイント : 84 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

がんゲノム医療に必須の遺伝子バリアントが10日間のレクチャーと演習でわかる!

がんゲノム解析の結果として返却される遺伝子バリアントの情報を,正しく短い時間で理解するための手引書.遺伝子と遺伝子バリアントの基本から,バリアントのデータベースを用いた変化の調べ方や評価の方法まで実際のウェブサイトの画面などを示しつつ解説し,最後には演習問題で実践的に身に着けることができる.10日間のレクチャー形式で,がんゲノム医療に必須の遺伝子バリアント評価法を効率的に学べる一冊.

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

まえがき

遺伝子解析の進歩は著しく,現在の次世代シークエンサーと呼ばれる遺伝子解析機器を用いると,短期間に非常に多くの遺伝子バリアントの検出が可能となります.こういった機器を実際の診療に応用するのはごく自然な成り行きです.遺伝子の変化が発病や病気の進行に大きく影響するがんの領域では,がんゲノム解析が2019 年からは医療保険に収載され,すでに本邦でも多くの検査がなされています.

このような中,保険の枠外でゲノム解析を行えないかと相談されるケースもあります.「海外の業者にデータ解析をお願いしたのですが…」と,解析結果を持参されて相談に来られる患者さんもおられます.遺伝子解析の結果,何らかの変化が見つかった場合,その変化が疾患の治療やその後の患者さんの治療にどう影響するか,様々な手法を用いて当該の遺伝子変化を評価することを,アノテーション(英語でannotation)と呼び,解析結果を診療に役立てる際に不可欠な作業となります.様々な病気に関する知識と,遺伝子についての生物学の知識とをあわせて行うこの作業は,実際には難易度が高いです.

こういった作業が脚光を浴びるようになったのは,2005 年の次世代シークエンサーの登場以降であり,そもそもこの作業についての教育体系がまだ確立してはいません.また,本邦では,遺伝性の病気に罹患され治療を受けておられる患者さんの一般人口に占める割合が欧米と比べて低く,遺伝子の変化と病気のつながりについての教育も,欧米よりおろそかにされがちです.この本をご覧になっている読者皆さんの中にも,がんゲノム解析の結果のアノテーションを実際に経験された方が多いと思います.すでに一般臨床で知られているがん遺伝子の変化ですと,普段見聞きしているので解釈が容易ですが,そうでない遺伝子については正直かなり手こずったのではないでしょうか.

筆者の藤田は現在,次世代シークエンサーのデータ解析のほか,悪性疾患としては主として肺癌の診療に従事している呼吸器内科医であり,筆者の真砂は,呼吸器内科医であるとともに,がんゲノム解析にも実際に従事しております.2002 年に当初「手術不能又は再発非小細胞肺癌」への適応としてゲフィチニブが認可され,以後肺癌の化学療法においては腫瘍細胞の遺伝子の変化の情報が欠かすことのできない重要なものとなりました.筆者は肺癌のこういった遺伝子の変化の情報が診療に応用されていく過程を臨床現場で経験し,2014 年以降は次世代シークエンサーを用いたがんゲノム解析に従事するようになりました.この過程で上記のアノテーションについては,だいぶ多くを経験させていただきました.愛知県がんセンターにおいては遺伝子病理診断部にて,がんゲノム解析の結果の臨床応用の現場でお手伝いする機会にも恵まれました.現場では,大量のがん遺伝子の変化の解釈に四苦八苦する医療現場のスタッフの方々を間近に見ることとなりました.現場の医療スタッフの方々からの質問をお受けし対応する中で,どういったことに現場の皆さんがお悩みなのかも肌で感じることとなりました.そのうち,個人的にアノテーションについてのレクチャーをお願いしたいと依頼されることもあり,自分で教材を作成しお話しする機会もございました.

2020 年初頭からの新型コロナウイルスの蔓延によって,医療に関連する多くの方々が,程度の差はあれ,このウイルスへの対応に追われることとなりました.このコロナ禍にあって,ただでさえ多忙な医療スタッフの皆さんは,アノテーションに必要な生物学や遺伝子学についての知識を得る機会も時間も乏しいのが実情です.

今回,これまで受けていた質問で多かった事項への解答を念頭に置き,個人的にレクチャーを依頼された際の講義資料をもとにした,1 章ごとに自学で習得できる形式での書籍をまとめることとしました.本書は,がんゲノム医療が浸透しつつある現在,がんゲノム解析の結果として返却される遺伝子バリアントの情報を,正しく短い時間で理解するための手引書です.最終章に演習問題を用意し,理解いただいた内容を応用する場も設けています.

私どもが本書を執筆する際に思い浮かべた読者層は,がんゲノム医療に関与されている医療現場の方々です.がんゲノム医療において,エキスパートパネルと呼ばれる会議が必須なのですが,そこでは検出されたバリアントに対する解釈が必要となります.この解釈は,病院によって担当する方が異なるのですが,若手医師であったり薬剤師さんであったりと様々です.臨床現場においても最前線で働いておられ,他にもたくさんの業務を抱えておられる皆さんに,できるだけ効率よく遺伝子バリアントの解釈をしていただきたいと考えています.また,実際に病気と向き合っておられる患者さんやそのご家族にも,理解可能なかたちに構成しています.生物学の知識をある程度お持ちの方であれば,本書の理解は比較的スムースではないかと思っています.

本書が少しでも,医療現場で格闘する皆さまの助けになれば,と願っています.


藤田史郎
真砂勝泰

■ 目次

0日目 準備するもの

1日目 遺伝子や遺伝子バリアントについて

  細胞とは

  細胞の活動

  タンパク質とは

  ヒトの遺伝子について

  タンパク質が合成されるまで

  遺伝子が変化した結果として,機能喪失か機能獲得か

  常染色体と性染色体

  タンパク質ができるのを応援したり邪魔したり

  遺伝子の変化の記述法

  コドン表

 【coffee break】❶ 遺伝子の変化の呼び方

2日目 遺伝子バリアントの評価の概略と染色体上の位置

  ジャームラインか,ソマティックか

  バリアントの評価の要点

  遺伝子バリアントがゲノム上のどの位置で生じているかを知る

  タンパク質の多型情報から染色体上の位置情報を得る,あるいはその逆

 【coffee break】❷ LRG(Local Reference Genomics)について

3日目 ジャームラインバリアントのデータベースの使用法

  gnomADを使用する

  東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)のデータベースの使用法

 【coffee break】❸ モザイク

4日目 既報のデータベースにあたる─ソマティック編

  ClinVar

  OncoKB

  COSMIC(Catalogue of Somatic Mutation In Cancer)

  CIViC

 【coffee break】❹ 遺伝性腫瘍の概念

5日目 既報のデータベースにあたる─ジャームライン編

  優性と劣性,顕性と潜性

  どういった遺伝子を調べるべきか

  注意すべきジャームラインのバリアントと遺伝子

 【coffee break】❺ 特定の遺伝子バリアントのみを取り扱うサイト

6日目 バリアントの影響をコンピューターで評価する

  CADDスコアの計算法と運用

  SIFT

  Polyphen-2

7日目 タンパク質発現・VAFと有用な情報サイト

  タンパク質の発現

  VAF

  腫瘍細胞がどのくらい含まれるか

  有用なサイト集

 【coffee break】❻ ビタミン

8日目 融合遺伝子とは

  融合遺伝子の記載

  融合遺伝子のパターン

  融合遺伝子のデータベース

  本当に発現しているのか

 【coffee break】❼ ヒトゲノム計画

9日目 特殊なタイプのバリアントについて

  スプライシング異常

  遺伝子の増幅と欠失

  Tumor mutation burdenについて

  マイクロサテライト不安定性について

 【coffee break】❽ 免疫染色について

10日目 演習問題

  問題

  第1問の解説

  第2問の解説

  第3問の解説

  第4問の解説

  第5問の解説

  第6問の解説

  第7問の解説

  第8問の解説

 【coffee break】❾ 治験や臨床試験を探す

 【coffee break】❿ 浸透度

付録

  i 比較的よくみられる遺伝子変化

  ii がんゲノム検査にてよく見かける遺伝子

  iii 融合遺伝子のリスト

  文献

  索引

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:311.0MB以上(インストール時:625.5MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:311.0MB以上(インストール時:625.5MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません