生存曲線で考える 血液内科外来診療

  • ページ数 : 180頁
  • 書籍発行日 : 2022年10月
  • 電子版発売日 : 2022年9月30日
¥5,060(税込)
ポイント : 92 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

外来診療という短い診療時間で最適な医療を行うための必読書

これまで感覚的に行うことの多かった様々な血液疾患の外来治療・経過観察のポイントを「生存曲線」というデータに基づき,まだ経験の少ない血液内科の医師,また専門ではないが経過観察を行う必要のある他科の医師にもわかりやすく解説.

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

巻頭言

埼玉県は人口に比して血液内科の診療施設が少ないため,市中病院の血液内科はとても貴重な存在です.外来,入院診療と多忙を極める中,6冊目の著書を上梓する著者の才能と努力には感嘆を覚える他ありません.

本書は生存曲線という新たな切り口から外来診療をまとめたものですが,血液内科の外来診療自体はかなりハードかもしれません.外来の特性として短い時間で方向を見極めて判断することはもちろん,再発可能性のチェック,次回の化学療法のアレンジ,入院のタイミング決め,移植後合併症のスクリーニングなど,ときには患者さんの生死に直結するという危機感もあり,施設によってはかなりスリリングな経験と思います.加えて,入院病床数が限られているときなど,いかにして外来で持ちこたえるかという技量も要求されます.ところが,入院と違って1症例ずつ指導してくれる指導医が傍らにいる訳ではありません.特に造血器悪性腫瘍は再発・増悪したときも進行速度は速く,タイムリーなすくい上げが要求され,うまくいかないと挽回するのに多大な努力を要することもままあります.一方で,外来の混雑のひどさから受診間隔をできるだけ延ばしたいという欲求もあり,個々の症例のリスクを考えながら経験的に間隔を調整しています.生存曲線という興味深い視点は,外来での再発・増悪リスクや受診間隔を考える上で大きな示唆を与えてくれるものと思います.

同時に,現在行われている造血器悪性腫瘍の治療については概ね網羅されており,コアとなる文献も引用されています.外来で患者さんを呼び入れる前にさっと目を通すだけでも知識が定着していくのに役立つでしょう.また,コンパクトにまとまっていることから,カンファレンスで治療のディスカッションが行われる際に参考にするのにもよいかもしれません.時間があれば,引用文献に直接当たって,試験が行われた背景,組み入れ基準,プライマリーアウトカム,有害事象,試験の問題点などを見ていくと治療成績の報告を見る目がどんどん養われていくと思います.

ただ,ひとつ注意しておかなければならないのは,ここに挙げられた生存曲線のほとんどは治験や臨床研究の結果です.そのためリアルワールドとは多少の乖離があるかもしれません.是非,皆さんの経験でその差を埋めて,リアルワールドデータを作っていってください.また,個々の患者さんの疾患の状況や社会的背景をよく考慮して本書を応用していただかれるよう願っています.


2022年9月

防衛医科大学校 血液内科
木村文彦


緒言


この度,6冊目の本を執筆させていただきました.6冊目の本は血液内科の外来診療についてです.

当然ながら血液内科の外来も外来での治療をベースにする疾患と治療後の経過観察に大きく分かれます.

血液腫瘍の経過観察もそうですが,一般的に悪性腫瘍は全生存率や無再発生存期間を念頭に置きながら経過観察をしています.これは感覚的にやっている先生も多いと思います.それを感覚ではなくデータに基づいて外来経過観察のポイントを記載したものになります.

また,外来治療では再生不良性貧血・特発性血小板減少性紫斑病・自己免疫性溶血性貧血などの良性疾患の治療や骨髄異形成症候群や多発性骨髄腫などの「完治ではなく共存を目指す」抗がん剤治療を行う患者,その他の完治を目指す疾患に分かれます.外来診療という「短い」診療時間において,経過を予測しながら最適な医療を行うことはかなり重要なことだと思います.少しでもわかりやすいように私見を含んで記載しておりますが,一つの参考として考えていただけますと嬉しく思います.

造血幹細胞移植については専門性が高く,患者の基礎疾患,寛解時期,ドナーの情報,ドナーソースなどさまざまな情報が必要になります.それを診ている移植施設の先生がより生存曲線などを理解していると思いますので,この本では省かせていただきました.

それぞれの疾患における外来治療・経過観察のポイントについて外来をやり始めた若手血液内科の先生,近くに血液内科がなく経過観察を行っている先生など外来を行う多くの先生のお役に立てることを祈念して緒言とさせていただきます.


2021年11月

TMGあさか医療センター 血液内科
渡邉純一

目次

1 急性骨髄性白血病(予後良好群)(CBF白血病,high dose AraC)

 大量シタラビン療法

 予後不良因子

 微小残存病変

2 急性骨髄性白血病(中間リスク)

 中間リスク群の生存曲線

 中間リスクの予後不良群

3 急性骨髄性白血病(高リスク)

 予後不良群の生存曲線

 ELN2017における再発率

4 高齢者AMLに対するアザシチジン

 高齢者AMLに対するアザシチジン

5 ベネトクラクス併用化学療法

 ベネトクラクス併用化学療法のスケジュールと背景・寛解率

 有害事象

 生存曲線

6 CAG療法・AVG療法

 CAG療法

 AVG療法

7 FLT3阻害薬

 ギルテリチニブ

 キザルチニブ

8 Ph陰性急性リンパ性白血病(16〜24歳)

 若年者Ph陰性ALL

 高リスク・標準リスク

9 Ph陰性急性リンパ性白血病(25〜65歳)

 Ph陰性ALL

 維持療法の重要性

10 Ph陽性急性リンパ性白血病(Dasa+BFM骨格)

 Dasatinib+BFM骨格

 再発リスクとMRD

11 Ph陽性急性リンパ性白血病(Dasatinib+HyperCVAD/HD-MTX-AraC)

 Dasatinib+hyperCVAD

 非移植群(維持療法群)

12 Ph陽性急性リンパ性白血病(Dasatinib+PSL)

 Dasatinib+PSL

 再発患者とT315I

13 ブリナツモマブ

 ブリナツモマブ

 移植へのブリッジング

14 イノツズマブ オゾガマイシン

 イノツズマブ オゾガマイシン

 移植へのブリッジング

15 急性前骨髄球性白血病(ATRA+Chemo)

 ATRA+Chemotherapy

16 急性前骨髄球性白血病(ATRA+ATO)

 ATRA+ATO

 高リスク群

17 濾胞性リンパ腫(R-CHOP療法)

 R-CHOP,FLIPI2

 治療後の評価

 治療反応性(早期再発)

18 濾胞性リンパ腫(R-B療法)

 R-B療法

 R-B後早期再発

19 濾胞性リンパ腫(リツキシマブ単剤・無治療経過観察)

 リツキシマブ単剤/watch and wait

 R単剤,R維持療法

20 濾胞性リンパ腫(リツキシマブ─レナリドミド)

 R2療法

 R2療法のメリット

21 濾胞性リンパ腫(Obinutuzumab:G-B, G-CHOP)

 Obinutuzumab(初発;GALLIUM試験)

 リツキシマブ後,obinutuzumab

22 原発性マクログロブリン血症

 IPSS WM,Revised IPSS WM

 LPL/WM に対するR-B療法

 LPL/WM に対するボルテゾミブ

23 MALTリンパ腫(gastric and non-gastric)

 MALTリンパ腫

 MALTリンパ腫の早期再発

24 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(R-CHOP療法)

 DLBCLの予後評価

 NCCN-IPI

 R-mini-CHOP療法

25 再発難治DLBCLに対する救援化学療法

 R-ESHAP療法

 R-DHAP,R-ICE療法

 CHASER療法

 R-GDP療法

 その他の救援療法

 ポラツズマブ ベドチン

26 マントル細胞リンパ腫(若年者)

 MIPI

 HyperCVAD/HD-MTX-AraC療法

 R-CHOP/R-DHAP交代療法

27 マントル細胞リンパ腫(高齢者・救援化学療法)

 マントル細胞リンパ腫に対するR-B療法

 VR-CAP療法

 再発難治マントル細胞リンパ腫に対するイブルチニブ

28 バーキットリンパ腫

 バーキットリンパ腫に対するR-HyperCVAD/HD-MTX-AraC療法

 R-CODOX-M/IVAC療法

 バーキットリンパ腫に対するDA-R-EPOCH療法

29 High Grade B cell lymphoma(ダブルヒットリンパ腫)

 ダブルエクスプレッサー・ダブルヒットリンパ腫

 ダブルエクスプレッサー

 ダブルヒットリンパ腫

30 末梢性T細胞リンパ腫

 PIT score

 CHOEP療法

31 末梢性T細胞リンパ腫(A-CHP療法)

 A-CHP療法

32 末梢性T細胞リンパ腫(新規薬剤)

 ロミデプシン

 プララトレキサート

 ブレンツキシマブ ベドチン

 モガムリズマブ

 フォロデシン

33 ホジキンリンパ腫(ABVD,A-AVD療法)

 ABVD療法,IPS

 A-AVD療法

34 成人T細胞白血病リンパ腫

 ATLLの生存期間

 VCAP-AMP-VECP療法

 移植前治療

35 再発・難治ATLL

 モガムリズマブ

 レナリドミド

 ツシジノスタット

36 慢性リンパ性白血病

 初発CLLに対するFCR/イブルチニブ

 再発難治CLLに対するイブルチニブ

 アカラブルチニブ

 再発難治CLLに対するベネトクラクス

37 多発性骨髄腫(初発・移植適応)

 寛解導入療法

 移植前の寛解レベル

 VRD induction → 自家移植

 VCD → 自家移植

38 多発性骨髄腫(初発・移植非適応)

 DLd療法

 レナリドミド+低用量デキサメサゾン

 Dara-VMP療法

 高齢者に対するボルテゾミブベースの治療

 VRd療法(移植なし)

 自家移植の適応年齢は?

39 ボルテゾミブ耐性骨髄腫の治療

 IRd療法

 DLd療法

 DKd,Kd療法

 Kd療法

 ELd療法

 KRd療法

40 レナリドミド耐性骨髄腫の治療

 PVd療法

 PAN-Bd療法

 Kd,Bd療法

 Pd療法

41 ボルテゾミブ・レナリドミド耐性骨髄腫の治療

 Kd療法

 ダラツムマブ単剤

 DKd療法

 Pd療法

 PCd療法

 EPd療法

 Isa-Pd療法

42 多発性骨髄腫・維持療法

 自家移植後 → R維持療法

 自家移植後 → イキサゾミブ維持療法

 自家移植後 → ボルテゾミブ維持療法

 移植非適応,イキサゾミブ維持療法

43 骨髄異形成症候群(低リスク)

 IPSS-R

 免疫抑制療法

 5q−症候群

 ダルベポエチンα

 その他

44 骨髄異形成症候群(高リスク)

 アザシチジン

 実臨床データ

 アザシチジン無効後

45 慢性骨髄性白血病

 イマチニブ

 ダサチニブ

 ニロチニブ

 ボスチニブ

46 骨髄増殖性腫瘍

 真性赤血球増加症

 本態性血小板血症

 原発性骨髄線維症

47 骨髄異形成症候群/骨髄増殖性腫瘍

 CMML

 aCML

 MDS/MPN-U

48 再生不良性貧血

 血縁者間同種造血幹細胞移植

 非血縁者間同種造血幹細胞移植

 免疫抑制療法

 60歳以上

 初回免疫抑制療法 no-responder

49 溶血性貧血

 自己免疫性溶血性貧血

 AIHAの寛解率

 血栓性血小板減少性紫斑病

50 特発性(免疫性)血小板減少性紫斑病・後天性血友病

 特発性(免疫性)血小板減少性紫斑病

 後天性血友病

 索引

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:13.4MB以上(インストール時:29.9MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:53.4MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:13.4MB以上(インストール時:29.9MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:53.4MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784498225367
  • ページ数:180頁
  • 書籍発行日:2022年10月
  • 電子版発売日:2022年9月30日
  • 判:A5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。