• m3.com 電子書籍
  • 薬局 2023年8月 Vol.74 No.9 身につく!検査値のチカラ 薬学管理・服薬指導・記録にどう活かす?

薬局 2023年8月 Vol.74 No.9 身につく!検査値のチカラ 薬学管理・服薬指導・記録にどう活かす?

  • ページ数 : 154頁
  • 書籍発行日 : 2023年8月
  • 電子版発売日 : 2023年7月26日
¥2,200(税込)
ポイント : 40 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

2013年頃から、検査値付き処方箋が国公立大学病院や基幹病院を中心に普及し始めました。しかし、患者さんの検査値を見ることができても、自信をもって薬剤業務に活用するのは簡単ではありません。そこで本特集では、現場の薬剤師が、副作用確認、処方監査、服薬指導、薬歴記載などの薬剤業務に検査値をどう活かすことができるのか? という実践面に焦点を絞りました。検査値に注目する際のはじめの一歩から、検査値の評価を行った後、具体的に薬剤師がなすべきことに至るまで、「検査値が読める」薬剤師になるための知識がつまった一冊です!

「薬局」最新号・バックナンバーはこちら
薬局(2023年度定期購読)

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

特集にあたって

薬物療法を支援するうえで,薬剤師は薬剤の治療効果や副作用を,薬学的観点のみならず臨床的な観点からも評価する必要がある.臨床的な観点として,患者の自覚症状を聞き取り評価することに加えて,客観的評価指標としての臨床検査値(検査値)は特に重要となる.院外処方箋に検査値が記載されるのは当たり前の時代になった.

では,臨床現場で,薬物療法の評価,副作用確認,処方監査,処方提案,服薬指導,薬歴記載などの薬剤業務に検査値をどう活かすことができるか? 腎機能や肝機能,白血球数やヘモグロビン値などの血液データなどに基づいた処方監査において,検査値を理解できていれば回避できるリスクもある.薬剤の治療効果や副作用の評価に必要な知識は広範にわたり,処方内容や患者とのコミュニケーションだけでは得られない,より豊富な情報が検査値から得られることもあるはずである.しかし,疾患や薬剤によって評価項目は異なり,患者に応じて検査の必要な項目や目標値が異なる場合もあるため,漏れのない的確な評価は容易ではない.臨床現場で対応ができるようになるには,一対一対応の知識ではなく,さまざまな検査値や具体的な症状の有無,個々の患者対応のなかで得られた情報を全体として捉えることが重要であり,これができて初めて「検査値が活用できる薬剤師」になるといえよう.

本特集では,薬剤に関連する検査値にスポットをあて,検査値活用の実践例として腎機能,肝機能,カリウム,カルシウム,ナトリウム,血液疾患,血糖について,さらに検査値の見かた・使いかたとして,副作用の発見,処方監査,検査値の使い分け,検査値異常の読み解き,患者に応じた目標値,腫瘍マーカー,患者サポートなどについてもわかりやすく執筆いただいた.本特集の活用によって,臨床での対応のポイントを理解でき,薬剤の適正使用や医療安全,患者の治療効果向上へとつながることを期待している.

本特集を,薬物療法に携わるみなさまの日常的な薬剤業務および患者サポートに役立てていただければ幸いである.


岐阜薬科大学 病院薬学研究室 教授
吉村知哲

目次

特集 身につく! 検査値のチカラ薬学管理・服薬指導・記録にどう活かす?

特集にあたって(吉村 知哲)

こんなに使える! 薬剤師による検査値活用術(宇佐美 英績)

検査値,活かしてみました

・腎機能(田﨑 智也)

・肝機能(竹田 滋郁 ほか)

・カリウム(飯田 慎也 ほか)

・カルシウム(中野 貴文)

・ナトリウム(南島 拓矢)

・血算(安福 平)

・血糖(石橋 真実)

検査値の見かた・使いかたエトセトラ

・薬の副作用を見つける(大森 智史)

・処方監査に活かす(山口 洪樹)

・類似した検査値を使い分ける(篠田 康孝)

・検査値を代替,補正する(岩切 智美 ほか)

・検査値には現れない異常に気づく(坂東 寛 ほか)

・自覚症状のない検査値異常を読みとく(西田 承平 ほか)

・患者に応じた目標値を推定する

 ─糖尿病に合併した脂質異常症における治療目標値およびそのエビデンス─(宮﨑 元康)

・腫瘍マーカーについて説明する(中島 寿久)

・検査値の記録を患者サポートにつなげる(大森 智史)

シリーズ

症状・体質からしっかり選べる!フローチャートでわかる 漢方薬虎の巻

〈第4回〉鼻炎・花粉症

(永田 郁夫)

えびさんぽ

HbA1c値は厳格に管理すべきでしょうか?

(青島 周一)

飲み合わせ研究所 子どもの服薬Tips

〈第08回〉ロペミン®小児用細粒0.05%

(小嶋 純,米子 真記)

Gebaita?! 薬剤師の語ログ

〈第20回〉荒れる!アレルギー歴!?

(篠田 康孝)

薬剤師力の型 新たな思考と行動プランを手に入れろ!

〈弐拾ノ型〉抗がん薬曝露対策,次の1手を考えよ!

(前田 章光)

医薬品適正使用・育薬 フラッシュニュース

・SSRIの消化器系副作用リスクの比較

・スタチンの筋症状リスクはそれほど高くない?

(佐藤 宏樹,澤田 康文)

くすりのかたち外伝 わかる!使える!まいにち薬会話

〈第20回〉「前回の薬よりも作用(副作用)が〇〇です」(前編)

(浅井 考介,柴田 奈央)

腫瘍薬学ハイライト

多発性骨髄腫の治療薬の進歩

(川西 正祐)

現場で働く薬剤師のための臨床薬学研究のオモテ・ウラ

〈第20回〉調剤業務を研究するオモテ・ウラ

(大井 一弥)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:21.0MB以上(インストール時:46.4MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:83.8MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:21.0MB以上(インストール時:46.4MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:83.8MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784009107409
  • ページ数:154頁
  • 書籍発行日:2023年8月
  • 電子版発売日:2023年7月26日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。