• m3.com 電子書籍
  • 心エコー 2023年2月号(24巻2号) 心不全パンデミック時代に求められる心エコーとは

心エコー 2023年2月号(24巻2号) 心不全パンデミック時代に求められる心エコーとは

  • ページ数 : 104頁
  • 書籍発行日 : 2023年2月
  • 電子版発売日 : 2023年1月27日
¥2,970(税込)
ポイント : 54 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

特集は「心不全パンデミック時代に求められる心エコーとは」.心不全パンデミック時代に求められる心エコーとは/これって心不全?息切れ外来で心エコーを活かす/心不全の治療方針決定に必要な左室駆出率/心不全に潜む二次性心筋症を見落とさないために/左室リバースリモデリングってなんですか?/これって心不全の原因ですか?心房細動に合併したMRとTR/LVADってなんですか?また,今後増えるのですか? などを取り上げる.

≫ 「心エコー」最新号・バックナンバーはこちら
心エコー(2023年・定期購読)受付中!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

巻頭言:心不全パンデミック時代に備える


厳しい冬の寒さもピークを越えて,寒の明けも近づく季節となりました.春の訪れが待ち遠しいこの時節を,皆さまはどのようにお過ごしでしょうか.新年の誓いを胸に,新たな目標に向かって走り出している方も多いと思います.今年1年皆さまにとって実り多い年となりますよう願っております.

さて,今回の月刊心エコーは,心不全をテーマに特集を組みました.日本は世界のトップレベルの超高齢社会を迎えており,それに伴い心不全患者は著しく増加しています.その数はすでにがん罹患患者数を超えて全国で約120万人となっており,2030年には全国で約130万人,実にわが国の人口の1%以上が心不全患者となると予想されています.このような急激な心不全患者の増加は,感染症患者の急激な増加になぞらえて「心不全パンデミック」と呼ばれております.心不全パンデミック時代の到来によって医療費は著しく増大し,病院や医療者の負担も大きくなると予想されています.そのため,心不全は発症予防の重要性が叫ばれるようになり,いわゆるステージAにおける管理の重要性が増しています.さまざまな心不全の薬物治療やデバイス治療にも近年目覚ましい発展があり,LVADのdestination therapyも保険収載されました.また,心不全診療においては,病院だけでなく在宅医療が担う役割も大きくなっています.さらに,繰り返す心不全の入退院を減らすために,医師だけでなく,心不全療養指導士などコメディカルを含めたチーム医療の重要性が認識されるようになりました.心エコーは,いうまでもなく心不全の診断や治療方針決定に不可欠な検査ですが,このような医療の進歩に併せて技術や活用法も進歩しています.本特集で学ぶことで,心エコーに携わる医療者の皆さまが心不全診療の現状を理解するとともに,心不全パンデミック時代における心エコーの役割を認識して,対応できる知識を身につけていただける内容となっております.是非本誌で,心不全診療における心エコーの最新知識をアップデートしていただき,明日からの診療にお役立ていただければ幸いです.


大門雅夫

目次

【特 集】

心不全パンデミック時代に求められる心エコーとは……岸 拓弥

左心不全で重要な左室充満圧評価の実際……星野圭治・黒沢幸嗣

これって心不全?息切れ外来で心エコーを活かす……湯浅直紀・小保方 優

心不全の治療方針決定に必要な左室駆出率……小板橋俊美

左房機能から心不全発症リスクは予想できますか?……向井康浩・中西弘毅

心不全に潜む二次性心筋症を見落とさないために……髙谷陽一

左室リバースリモデリングってなんですか?……越川優里・板橋裕史

これって心不全の原因ですか?心房細動に合併したMRとTR……佐藤如雄・出雲昌樹

心不全の在宅医療で心エコーを活かす……小針幸子・渡邉真奈・弓野 大

LVADってなんですか?また,今後増えるのですか?……竹田泰治

LVAD植込み後の心エコーはここを見る……井上翔太・鈴木博英

【症例問題】[WEB連動企画]

動悸,労作時呼吸困難を主訴に来院した60歳代女性……谷口直樹・宮坂陽子

【投 稿】

わたしの1枚

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:27.8MB以上(インストール時:58.9MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:111.2MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:27.8MB以上(インストール時:58.9MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:111.2MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784011102402
  • ページ数:104頁
  • 書籍発行日:2023年2月
  • 電子版発売日:2023年1月27日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。