• m3.com 電子書籍
  • 病理と臨床 2023年1月号(41巻1号) 中枢神経系腫瘍の病理Ⅰ

病理と臨床 2023年1月号(41巻1号) 中枢神経系腫瘍の病理Ⅰ

  • ページ数 : 112頁
  • 書籍発行日 : 2023年1月
  • 電子版発売日 : 2022年12月21日
¥3,190(税込)
ポイント : 58 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

特集テーマは「中枢神経系腫瘍の病理Ⅰ」.WHO脳腫瘍分類第5版の概要/成人型びまん性グリオーマ/小児型びまん性グリオーマ/限局性星細胞系腫瘍/グリア神経細胞および神経細胞性腫瘍/上衣腫/胎児性脳腫瘍/髄膜腫/松果体腫瘍 他を取り上げる.連載記事として,[マクロクイズ],[鑑別の森],[若手病理医のためのキャリアパス講座][病理トレンド][今月の話題]idiopathic plasmacytic lymphadenopathy(IPL)が世界に認められるとき 等を掲載.

≫ 「病理と臨床」最新号・バックナンバーはこちら
病理と臨床(2023年・定期購読)受付中!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

特集:中枢神経系腫瘍の病理Ⅰ


脳腫瘍の分類は1926年にBaileyとCushingにより形態学や発生学に基づいた原型が提唱され,その後約1世紀にわたり様々な診断手法を取り入れつつ変貌を遂げてきた.脳腫瘍は多くの腫瘍型に分類されるが,それぞれ発生部位,好発年齢,組織像,悪性度に特徴を有することが以前から知られており,それらを見出してきた先人たちの努力と眼力は今もなお色褪せることがない.2000年以降は,次世代シークエンサーをはじめとする分子遺伝学的解析技術が発展し,2008年に発見されたIDHの変異など分子レベルの異常をとらえることが,診断精度の向上や予後の予測に有効であることが次々と明らかにされてきた.この光景を病理学が占めてきた優位的地位の後退とみなすのではなく,病理標本上に映し出された病的現象の総和である形態像のもつ意味が,分子遺伝学的手法の裏付けを得てますます重要性を増したと解釈することもできよう.

脳腫瘍のWHO分類は1979年の初版以来,改訂を重ね,2016年には改訂第4版が出版され分子診断と形態診断を併せた統合診断が提唱された.2021年には第5版が刊行され,500ページを超える大著となり,増補された分量はここ最近の新知見の多さを物語っている.

このWHO分類第5版の出版を受けて,本誌では脳腫瘍の病理診断を一般病理医の皆様にわかりやすく解説する目的で2号にわたる特集を企画し,脳腫瘍に造詣の深い病理医や臨床医にその役割をお願いすることにした.前半は病理診断「コア」と題して実践的な日常診断に役立つような脳腫瘍病理学に関する総論と各論を12本の論文で解説していただく.後半は「コア」に加え,病理診断「サポート」として脳腫瘍の分子遺伝学,画像診断,臨床医学に関して脳腫瘍の理解に役立つ最近の知見をそれぞれの専門家に5本の論文で紹介していただく.これらの「コア」と「サポート」が連動して,次の時代を切り開く若手病理医の知識の構築,あるいはベテラン病理医の知識の整理と再確認になれば幸いである.何より一人でも多くの病理医に脳腫瘍に興味をもってもらえれば望外である.

脳腫瘍に関するゲノム,発現プロファイル,メチローム,染色体異常など新知見が著しく増えて,溢れんばかりの情報に目を奪われてしまいがちであるが,実のところ脳腫瘍の疾病構造や姿かたちは基本的には以前と何ら変わっていない.本特集でそれぞれの専門家に最近の知見をわかりやすく解説していただくことで,これまで我々が身につけてきた脳腫瘍病理学に関する知識を最新の知見に橋渡しする機会になることを期待している.


特集編集
横尾英明 [群馬大学大学院医学系研究科 病態病理学分野]
田中伸哉 [北海道大学大学院医学研究院 腫瘍病理学教室]

目次

【特集】

病理診断コア

WHO脳腫瘍分類第5版の概要……小森隆司

成人型びまん性グリオーマ……児玉良典

小児型びまん性グリオーマ……増井憲太 他

限局性星細胞系腫瘍……松村 望

グリア神経細胞および神経細胞性腫瘍……種井善一

上衣腫……荒木亜寿香

胎児性脳腫瘍……里見介史 他

髄膜腫……小田義崇 他

松果体腫瘍……田中伸哉 他

【連載】

マクロクイズ[165]

泉 美貴 他

鑑別の森[16]

大腸の過形成性ポリープとSSA/P,SSL

Answer 1:藤原美奈子

Answer 2:関根茂樹

若手病理医のためのキャリアパス講座[14]

女性病理医のキャリア(2)……目黒史織

病理トレンド[1] 

クラウド上の病理診断室!?「PathPortどこでも病理ラボ」の立ち上げ……福嶋敬宜

【今月の話題】

idiopathic plasmacytic lymphadenopathy(IPL)が世界に認められるとき……佐藤康晴

小細胞癌の分子サブタイプ分類について―YAP1とPOU2F3,真のanti-neuroendocrine factorはどれか―……松原大祐

【Information】

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:92.6MB以上(インストール時:188.3MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:370.4MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:92.6MB以上(インストール時:188.3MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:370.4MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784011204101
  • ページ数:112頁
  • 書籍発行日:2023年1月
  • 電子版発売日:2022年12月21日
  • 判:B5変型
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。