• m3.com 電子書籍
  • 病理と臨床 2023年10月号(41巻10号) 胸腺・縦隔~その醍醐味を知る

病理と臨床 2023年10月号(41巻10号) 胸腺・縦隔~その醍醐味を知る

  • ページ数 : 108頁
  • 書籍発行日 : 2023年10月
  • 電子版発売日 : 2023年10月3日
¥3,190(税込)
ポイント : 58 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

特集テーマは「胸腺・縦隔~その醍醐味を知る」. 胸腺腫瘍のWHO分類―現状と課題―胸腺ストロマ細胞の種類と機能,胸腺腫と重症筋無力症,胸腺上皮性腫瘍に対する薬物療法,胸腺に発生するリンパ腫の病理診断,【コラム】胸腺過形成の多義性について,胸腺病理の来し方行く末―下里幸雄先生を偲んで― 他を取り上げる.連載記事として[マクロクイズ],[鑑別の森],[AIと病理],また,[今月の話題],他を掲載.

序文

特集:胸腺・縦隔 ─その醍醐味を知る─


今回,33巻7号(2015年)「胸腺病理の基礎と臨床」以来約8年ぶりに,本誌において胸腺・縦隔が特集されることとなった.周知のとおり胸腺・縦隔腫瘍を含む胸部腫瘍のWHO分類は2021年,第5版に改訂された.この刊行から既に数年が経過し,また胸腺・縦隔腫瘍については疾病分類に本質的な変更はないものの,ここで改めてその内容を共有し,課題や今後の方向性を議論することには意義があると思われる.

他方この約8年の間で,シングルセル解析技術の普及に象徴されるように分子生物・遺伝学的手法は急速に発展し,これに伴って胸腺・縦隔腫瘍の主たる母地である胸腺そのものへの理解は大きく進展あるいは変容した.得られた知見は,当然ながら胸腺に係る疾患の概念にも影響を与えよう.またほかのがん腫同様,代表的な胸腺・縦隔腫瘍である胸腺腫・胸腺癌にもThe Cancer Genome Atlas(TCGA)をはじめとする網羅的な分子生物学的解析が実施され,その遺伝学的特徴が明らかになってきた.臨床面では,日々開発される分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬が,限られた局面ではあるが胸腺腫・胸腺癌患者にも用いられ,その効果やこれらの腫瘍ならではの副作用が報告されつつある.本特集では,これら胸腺・縦隔に関連した新たな基礎的・臨床的知見も紹介したい.

さて,胸腺・縦隔を専門とする病理医は極めて少ない.しかしながら縁あってこの領域に生じる疾患と長く関わってきた経験から,編者らは,胸腺・縦隔病変は限られた病理医だけがその醍醐味を感じられる類のものではなく,(少なくとも現状よりは遥かに)多くの病理医にとって診断・研究いずれの面でも魅力的な対象であると信じている.今回の特集では,胚細胞腫瘍・リンパ腫といった,胸腺・縦隔に好発しつつ他臓器を専門とする病理医にもなじみの深い腫瘍も取り上げた.また胸腺・縦隔の病理に大きな足跡を残し,外科病理学そのものの発展にも貢献した国内外の病理医にふれつつ,胸腺病理学研究の変遷をたどるトピックも加えた.

本特集を通じて,一人でも多くの病理医の胸腺・縦隔への敷居が下がり,この領域が誰にでも開かれた場であると感じてくれることを願っている.


山田洋介 [京都大学医学部附属病院 病理診断科]
比島恒和 [がん・感染症センター都立駒込病院 病理科]

目次

【特集】

胸腺腫瘍のWHO分類―現状と課題―……比島恒和

胸腺ストロマ細胞の種類と機能……新田 剛

胸腺腫と重症筋無力症……安水良明 他

胸腺腫・胸腺癌のゲノム異常―GTF2Ⅰを中心に―……樋口留美

胸腺癌における神経内分泌マーカー発現―免疫染色のピットフォール―……加島淳平 他

胸腺上皮性腫瘍に対する薬物療法……宿谷威仁

縦隔胚細胞腫瘍の病理─他領域との類似と相違─……藤井大岳 他

胸腺に発生するリンパ腫の病理診断……前島亜希子

【コラム】胸腺過形成の多義性について……山田洋介 他

胸腺病理の来し方行く末―下里幸雄先生を偲んで―……松野吉宏

【連載】

マクロクイズ[174]

成木佐瑛子 他

鑑別の森[25]

膵臓生検での1型自己免疫性膵炎と浸潤性膵管癌

Answer 1:能登原憲司

Answer 2:福嶋敬宜

AIと病理─これまでの5年,これからの5年[3]

日本消化器内視鏡学会におけるAI研究の現状と今後……田中聖人

【今月の話題】

「消えたもの」を観る……能登原憲司

【Information】

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:25.8MB以上(インストール時:55.4MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:103.2MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:25.8MB以上(インストール時:55.4MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:103.2MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784011204110
  • ページ数:108頁
  • 書籍発行日:2023年10月
  • 電子版発売日:2023年10月3日
  • 判:B5変型
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。