• m3.com 電子書籍
  • 泌尿器外科 2023年8月号(Vol.36 No.8)【特集】第37回 前立腺シンポジウム記録

泌尿器外科 2023年8月号(Vol.36 No.8)【特集】第37回 前立腺シンポジウム記録

  • ページ数 : 94頁
  • 書籍発行日 : 2023年8月
  • 電子版発売日 : 2023年9月12日
¥3,300(税込)
ポイント : 180 pt (6%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

【特集】第37回 前立腺シンポジウム記録
研究アイデアを具現化する:前立腺癌研究における実験モデルの重要性/患者前立腺がん移植ゼブラフィッシュモデルとプレシジョンメディシン/mp-MRI/ 超音波融合標的生検と Focal Therapy ほか

≫ 「泌尿器外科」最新号・バックナンバーはこちら
泌尿器外科(2023年・定期購読)受付中!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

序文


本号は第37回前立腺シンポジウムの記録集です。昭和大学の深貝隆志教授が会長を務められたAsia PacificProstate Society(APPS)2022との合同セッションを2022年12月10日(土)の午前中から開始し,本会を,10日(土)午後ならびに11日(日)に現地開催いたしました。新型コロナウィルス感染の状況は当時,第8波の立ち上がり時期でしたが,感染に留意しながらの開催となりました。参加いただきました大勢の先生方,運営スタッフの皆様にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。

第1日目基礎部門のワークショップは3回シリーズの締めの年となり,京都大学の赤松秀輔先生(現 名古屋大学教授)にプランナーを務めていただき,「研究アイデアを具現化する:前立腺癌研究における実験モデルの重要性」のタイトルでオープニングを担当いただきました。赤松先生の留学中の研究のエピソードなども交えてお話いただき,先生の前立腺癌研究への熱意を肌で感じた時間となりました。ワークショップでは4名の先生から「最先端の実験モデルを用いた前立腺癌研究」をテーマにお話いただきました。教育セミナーでは三重大学の田中利男先生にゼブラフィッシュモデルの話を伺い,個人的に初めての内容で興味深く拝聴いたしました。さらに公募演題,研究助成課題は7演題となり充実した基礎部門となりました。

第2日目臨床部門は「前立腺癌―診断の進歩:病理・腫瘍マーカー・遺伝子診断・生検」をテーマとしました。これは,2021年に発刊した「プレシジョンメディシンを目指した前立腺癌診療:生検・臨床病理・遺伝子検査・リキッドバイオプシー」に呼応した内容としました。それぞれのテーマで多数の演題をいただき,活発に議論がなされましたことを御礼申し上げます。

最後になりましたが,第38回前立腺シンポジウムは2023年12月9日(土),10日(日)に品川の東京コンファレンスセンターでオンサイト開催を現時点では予定しております。次回は,基礎部門ワークショップのリニューアル,臨床部門は前立腺がん検診・監視療法アップデートをテーマとして企画しております。皆様と品川でお会いできることを祈念しております。


第37回前立腺シンポジウム運営委員長
群馬大学大学院医学系研究科泌尿器科学
鈴木 和浩

目次

特集:第37回 前立腺シンポジウム記録

序文

鈴木 和浩

オープニングセミナー

研究アイデアを具現化する:前立腺癌研究における実験モデルの重要性

赤松 秀輔

教育セミナー 1

患者前立腺がん移植ゼブラフィッシュモデルとプレシジョンメディシン

田中 利男,他

教育セミナー 2

mp-MRI/ 超音波融合標的生検と Focal Therapy

浮村 理

基礎部門

セッション1 公募演題

高脂肪食によるディスバイオシスが前立腺癌に及ぼす影響の解明

松下 慎,他

バイオインフォマティクスを用いた難治性前立腺癌リプログラミング薬剤のスクリーニング

本郷 周,他

セッション2 研究助成受賞課題

マウスモデルを用いたヒストン修飾因子 UTX機能欠失による前立腺がん発症機構の解明

世良 康如,他

シングルセル解析によるタキサン系抗癌剤耐性前立腺癌の病態解明と新規治療戦略

本郷 周,他

転移性前立腺癌における全身 MRI定量化システムを用いたオリゴ増悪に対する放射線治療効果予測

山本 致之,他

ワークショップ

最先端の実験モデルを用いた前立腺癌研究

当院における患者由来 PDXモデルを用いた取り組み─個別化医療を目指して─

大豆本 圭,他

前立腺癌の骨微小環境におけるエクソソームの役割

占部 文彦,他

臨床部門

口演セッション 1 診断① 前立腺生検

前立腺癌における生検と全摘標本との間の Gleason sum Upgradingを予測するノモグラムの外部検証

内海 孝信,他

MRI-TRUS融合画像ガイド下前立腺標的生検における標的周囲生検併用の検討

宇野 裕巳,他

口演セッション 2 診断② 病理・遺伝子変異・画像

局所放射線治療後の再発例に対する PSMA-PET診断と組織生検の意義

波多野浩士,他

MRI画像を用いた 3D Convolutional Neural Networkに基づく高悪性度前立腺癌診断支援システムの構築

岡 了,他

口演セッション 3 治療・遺伝子パネル

九州大学病院における前立腺癌の遺伝子パネル検査の現状

永川 祥平

転移性去勢抵抗性前立腺癌における BRCA遺伝子検査およびオラパリブの治療成績

田代康次郎,他

ポスターセッション 1

経会陰直腸エコーガイド下前立腺生検における生検前単純 MRIの有用性の検討

橋本 飛鳥,他

ポスターセッション 2

MRI-TRUS融合前立腺生検についての検討

赤井 太郎,他

ポスターセッション 3

IDCP症例における遺伝子異常の解析

渡辺 隆太,他

前立腺癌に対する非手術的根治療法実施後の生化学的再発症例における病理組織学的検討

中村 憲,他

MRI/US融合標的生検と系統的生検の意義

岩谷 洸介,他

ポスターセッション 4

去勢抵抗性前立腺癌における223Ra投与中における18F-FDG PET陽性新規骨病変は治療予後不良因子である

星 誠二

ポスターセッション 5

前立腺癌患者におけるGnRHアナログによる心血管系イベントの検討

前田 英紀,他

パネルディスカッション

前立腺癌―診断の進歩:病理・腫瘍マーカー・遺伝子診断・生検

WHO2022における前立腺癌病理の主たる注目点

都築 豊徳

前立腺癌における Liquid Biopsy

坂本 信一,他

令和4年度 前立腺がん検診研究及び人間ドック施設アンケート集計報告会議 記録

ご挨拶

平尾 佳彦

報告事項

前立腺がん検診研究進捗状況報告:後ろ向き研究の概要と2020年度・2021年度伊勢崎コホートの検診結果

伊藤 一人,他

人間ドック施設における前立腺がん検診アンケート集計報告(第16・17回調査)─2020・2021年度─

伊藤 一人,他

ラウンドテーブルディスカッション

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:5.8MB以上(インストール時:14.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:23.3MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:5.8MB以上(インストール時:14.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:23.3MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784019203608
  • ページ数:94頁
  • 書籍発行日:2023年8月
  • 電子版発売日:2023年9月12日
  • 判:A4判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。