• m3.com 電子書籍
  • Rp.+レシピプラス 2023年冬号 Vol.22 No.1 自己流はやめよう! 自己注射デバイス絵巻

Rp.+レシピプラス 2023年冬号 Vol.22 No.1 自己流はやめよう! 自己注射デバイス絵巻

  • 書籍発行日 : 2023年1月
  • 電子版発売日 : 2022年12月21日
¥1,320(税込)
ポイント : 24 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

自己注射デバイスを使いこなす!
 ~手技説明・フォローアップ入門~
 1.なぜ,自己注射が行われるのか?
 2.できる! 自己注射デバイスと処方監査&調剤
 3.患者に合わせたデバイスや補助具の選び方
 4.チェックリストを活用しよう! 自己注射デバイス使い方の伝え方
ほか

「Rp.+レシピプラス」最新号・バックナンバーはこちら
Rp.+レシピプラス(2023年度定期購読)

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

序文

近年,ヒト化抗体の作製技術の向上,抗体ライブラリーの活用,さらには組み換えタンパク質作成の技術革新,品質評価などに関するプラットフォーム技術の構築が進んだことにより,抗体およびホルモン製剤の開発が加速している.これらの技術革新により,2022年3月時点で180成分以上のバイオ医薬品がわが国で承認されている.従来の自己注射製剤のうち,薬剤師が指導・管理に関与する薬剤は,インスリン製剤が大半を占めていたが,その他薬剤の占める割合は年々増加しており,自己免疫疾患および骨粗鬆症関連治療薬についても,適正使用を推進する必要がある.

2021年9月に発出された,厚生労働省医政局通知「現行制度の下で実施可能な範囲におけるタスク・シフト/シェアの推進について」内の項目「薬剤の適正使用のための実技指導の実施」に関して,薬剤師へのタスク・シフトが可能であるとしている.同通知内では,「糖尿病患者の自己血糖測定やインスリン等の自己注射等に関する,患者や家族への薬剤を適切に使用するための実技指導を行うこと」が想定されているが,上述の通り,インスリン製剤以外の自己注射製剤も数多く存在するため,その他の自己注射製剤についても,適切な患者指導を行う必要がある.

本特集企画では,自己注射製剤に関する指導経験が比較的浅い薬剤師を対象に,「自己注射デバイスと処方監査と調剤のポイント」「チェックリストを活用した自己注射デバイス使い方の伝え方,情報提供・患者指導のコツ」などについて,図表を交えてわかりやすく解説をした.さらに,これまでに取り扱いが少なかった,自己免疫疾患および骨粗鬆症関連治療薬についても概説した.本企画が自己注射製剤の適正使用推進に寄与し,薬剤師の先生方の臨床業務の一助となれば幸いである.


藤田医科大学臨床薬剤科 准教授
水野智博

目次

自己注射デバイスを使いこなす!

~手技説明・フォローアップ入門~

1.なぜ,自己注射が行われるのか?

2.できる! 自己注射デバイスと処方監査&調剤

3.患者に合わせたデバイスや補助具の選び方

4.チェックリストを活用しよう! 自己注射デバイス使い方の伝え方

Step UP! 自己注射の「どうしよう?」「困った!」を解決する

1.インスリン製剤の保管

2.注射針の交換,注射部位

3.勤務先・外出先での自己注射

4.災害・非常時の備え

徹底図解! 自己注射デバイス

1.自己注射ってなんだ? デバイスのしくみ

2.使い方の伝え方がわかる! デバイス図鑑

 A.糖尿病:インスリン製剤

 B.糖尿病:インクレチン関連薬

 C.自己免疫疾患

 D.骨粗鬆症

 E.成⾧ホルモン分泌不全

 F.アナフィラキシー

Series

・最近のコクシ 「自己注射剤」

・ハマゾン.co.jp 「ミクロの決死圏」

・プレイバック物化生 「あらためて考える酸と塩基Part.1」

・漢方検分録 ケースで学ぶ漢方薬の安全チェック

 「漢方薬・生薬とアレルギー,皮膚症状を考える」

book review

・子どものくすり便利帳(南山堂)

・塩とメダカとくすりのうごき。(南山堂)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:34.7MB以上(インストール時:72.2MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:138.7MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:34.7MB以上(インストール時:72.2MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:138.7MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784525922313
  • ページ数:0頁
  • 書籍発行日:2023年1月
  • 電子版発売日:2022年12月21日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。