• M2PLUS
  • ここからマスター!手外科研修レクチャーブック

ここからマスター!手外科研修レクチャーブック

  • ISBN : 9784865198102
  • ページ数 : 368頁
  • 書籍発行日 : 2022年4月
  • 電子版発売日 : 2022年11月2日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数 : 3
販売価格 (ダウンロード販売)
¥9,900 (税込)
ポイント : 180 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

手外科のキホンを会話形式のレクチャーで楽しく学べる!
手技の実際はSTEP by STEP解説で、目で見てマスターできる1冊!.

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

はじめに


私が手外科を学び始めたのは今から15年前.手は解剖が複雑で,手外科の教科書は聞き慣れない略語(APBやらEPLやら…)を共通言語にしており,苦手意識をもっていました.そして,「手外科はトレーニングを受けたエキスパートのみが治療に携わるべき」という暗黙のルールがあり,医局の先輩たちも手の外傷や疾患を敬遠していた記憶があります.一方で,当直では多くの手の外傷や感染症の患者が押し寄せてきて,自分の手技に不安を感じながら診療をしていた苦い記憶があります.当時,当直で手の患者に遭遇する度に,「もっとわかりやすい実践的な教科書はないものか…」と疑問を感じていました.

私が米国ミシガン大学形成外科に留学していた頃,ボスの Kevin C Chung教授が編集を務める「Operative Techniques: Hand and Wrist」のチャプターを執筆する機会を得ました.術中写真を時系列に並べてSTEP by STEPで解説するタイプの実践的な手術書でした.STEPごとにコツやピットフォールが記載されており,同封のDVDを併せて見れば,手術の流れや注意すべき点が頭に入るような仕組みになっていました.さらにその分野に関して一読しておいたほうがよいエビデンスレベルの高い論文が2〜3掲載されており,効率よく学ぶための工夫が随所に施されていました.ミシガン大学のレジデントはこの手術書を読んで,手術に臨む毎日を送っていました.

この頃から,手術手技を効率的,かつ効果的に学ぶことができる手術書の制作に興味を抱いていました.今回,全日本病院出版会さんに,その夢を実現する機会を頂戴しました.若手ドクターが現場で遭遇する機会の多い「手」をターゲットに,写真・イラスト・動画などの視覚的な素材を豊富に使い,読者の理解を最優先に考えた手術書を目指しました.これから手外科を学ぶドクターが,本書を通して,その最初の一歩のハードルを少しでも低く感じていただけたなら著者として嬉しい限りです.

本書を制作するにあたり,私に形成外科の楽しさを教えてくださった日本医科大学形成外科の百束比古先生,高見佳宏先生,小川 令先生,手外科の魅力と奥深さを教えてくださった聖隷浜松病院の大井宏之先生,ミシガン大学のKevin C Chung教授,そして本書の校正を快く引き受けてくださった聖隷浜松病院 研修時代の同志である岩田勝栄先生に,この場をお借りして深く御礼申し上げます.最後に,本書は全日本病院出版会の鈴木由子さんの熱意とお力添えがなければ誕生しませんでした.本を作ることの楽しさを教えていただき,ありがとうございました.


2022年2月

日本医科大学 形成外科学教室
小野 真平

■ 目次

総 論 

A.押さえておくべき手指の解剖

手指の神経

手指の動脈

手指の腱

手指の腱鞘

手の骨と関節

手の皮線(crease)

指の名称finger? それともdigit?

B.診察

臨床写真の撮り方

FDS test,FDP test[動画1]

C.治療の一般原則

[手術の準備・器材]

指ターニケット[動画2]

鉛手

[麻酔・デザイン]

指ブロック[動画3]

腋窩ブロック[動画4]

局所麻酔の極量とボスミンの濃度

手指手術の切開法―Brunerʼs incision,Midlateral incision―

手のファンクショナル・エステティック ユニット

[術後・リハビリ]

術後の患肢挙上―ストッキネットと点滴棒―

手の浮腫を解消する6 pack hand exercise[動画5]

各 論 

A.外傷

[覚えておきたいERで遭遇する手指の外傷処置]

爪下血腫[動画6]

爪下異物

爪周囲炎・爪周囲膿瘍[動画7]

爪甲脱臼に対するSchiller法

釣り針の抜去法―針先の返しをカットする―

瘭疽・指腹部膿瘍[動画8]

犬や猫による動物咬傷

破傷風

蜂窩織炎

コラム LRINEC score(ライネックスコア)

肘の皮膚剝脱創[動画9]

肘内障に対する徒手整復[動画10]

コラム 創傷処理の「露出部」ってどこ?

コラム デブリードマンと創傷処理のデブリードマン加算

[マスターしておきたい手指の基本手術]

a.皮膚

指の小範囲の皮膚欠損に対するwet dressing

指の皮膚欠損に対する植皮術[動画11]

指交叉皮弁(Cross-finger flap)

母指球皮弁(Thenar flap)

神経血管茎V-Y前進皮弁(Oblique triangular flap)[動画12]

逆行性指動脈島状皮弁(Homodigita island flap)原法

逆行性指動脈島状皮弁(Homodigita island flap)変法[動画13]

橈骨動脈穿通枝皮弁(SPBRA flap)[動画14]

背側中手動脈穿通枝皮弁(DMAP flap)

b.腱・骨・神経

腱断裂(Zone Ⅱ)に対する屈筋腱縫合[動画15]

コラム Kessler変法[動画16]

コラム 津下法(Tsuge looped suture method)[動画17]

屈筋腱縫合後の早期自動運動開始法(EAM)

指の末節骨骨折に対する経皮ピンニング[動画18]

指の副子(アルミ副子)

神経断裂に対する神経縫合[動画19]

B.異常瘢痕・瘢痕拘縮

指の瘢痕拘縮―Z plasty―[動画20]

第1指間の瘢痕拘縮―5-flap Z plasty―

指の瘢痕拘縮に対するdigitolateral flap

コラム 瘢痕拘縮と関節拘縮の違い

C.炎症・変性疾患

化膿性腱鞘炎[動画21]

ばね指に対する腱鞘切開術[動画22]

ばね指に対するステロイド注射

D.腫瘍・腫瘍類似病変

指の粘液囊腫(ミューカスシスト)[動画23]

グロームス腫瘍(爪床上)

グロームス腫瘍(爪床下)[動画24]

指の外傷性表皮囊腫(粉瘤)

手関節ガングリオン[動画25]

腱鞘ガングリオン

腱滑膜巨細胞腫

内軟骨腫[動画26]

コラム 手の軟部腫瘍MRI画像

略語一覧

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:62.3MB以上(インストール時:130.2MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:62.3MB以上(インストール時:130.2MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません