• M2PLUS
  • 病棟指示と頻用薬の使い方 決定版~持参薬対応や病棟でのマイナートラブル対処まで、意外と教わらない一生使える知識の詰め合わせ(先行予約)

病棟指示と頻用薬の使い方 決定版~持参薬対応や病棟でのマイナートラブル対処まで、意外と教わらない一生使える知識の詰め合わせ(先行予約)

  • ISBN : 9784758123976
  • ページ数 : 296頁
  • 書籍発行日 : 2022年12月
  • 電子版発売日 : 2022年11月21日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数 : 3
  • ※ 12月13日 ダウンロード開始予定
販売価格 (ダウンロード販売)
¥4,950 (税込)
ポイント : 90 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

歴代No.1の「レジデントノート2021年5月号」の特集が超パワーアップ!
持参薬やマイナートラブルなど,病棟での必須な知識を加えてより充実.最適な指示のための考え方から,その後のDr.Callまでがよくわかる1冊.


レジデントノート2021年5月号の特集からの更新点は以下のとおりです.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【本書の構成】
Part1:レジデントノート2021年5月号の特集をベースに情報更新し,以下の5項目を追加!
 バイタル測定,安静度,食事,急変時,予防指示

さらに,単行本化にあたり以下のパートを新たに書き下ろし,約140P(22項目)のボリュームアップ!
Part2:持参薬はどうする?
Part3:病棟でのマイナートラブル
付録:薬剤便利帖
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※本電子版では、文中の引用文献および参考文献から、PubMed内の該当する原論文へ直接リンク参照が可能です。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 目次

Part1 病棟指示と頻用薬の使い方

1.病棟指示の考え方【松原知康】

2A.バイタル測定の指示【木村武司】

2B.安静度の指示【木村武司】

2C.食事の指示【木村武司】

3.発熱時の指示【宮本恭兵】

4.疼痛時の指示【大田聡一】

5.SpO2低下時の指示【吉永晃一】

 +α HFNCとNPPVの適応 〜病棟でどう使う?

6.血圧(高血圧時・低血圧時)の指示【佐藤良太】

7.脈拍(頻脈時・徐脈時)の指示【宮﨑紀樹】

8.血糖(高血糖時・低血糖時)の指示【坂井正弘】

9.嘔気・嘔吐時の指示【奥村能城】

10.便秘時の指示【太田 茂】

 +α 非刺激性下剤の特徴と使い分け

11.不眠時・不穏時の指示【石田琢人】

12.急変時の指示 —DNARの指し示す本当の意味とは?【近藤敬太】

13.入院中の予防指示【日比野将也】

Part2 持参薬はどうする? —基礎疾患のある患者の病棟管理

1.持参薬の考え方【松原知康】

2.循環器【加藤太治】

3.消化器【坂井佳世,矢田雅佳】

 +α 肝炎ウイルス検査とその対応【矢田雅佳】

4.呼吸器【西松佳名子】

5.神経【松原知康】

6.内分泌・代謝【馬場隆太】

7.血液・腫瘍【八木 悠】

8.腎臓・透析【髙野敬佑】

 +α 透析中の患者さんが入院してきたときのルーティンアプローチ【坂井正弘】

9.膠原病【大田聡一】

 +α 各種薬剤の副作用を掴もう!

10.精神【石田琢人】

Part3 病棟でのマイナートラブル

1.病棟でのマイナートラブル【松原知康】

2.病棟で転んだ,ベッドから落ちた【奥村能城】

3.尿道カテーテル留置【和田里章悟】

4.経鼻胃管が入らない【宮本恭兵】

5.胃瘻カテーテルが抜けた【太田 茂】

6.入院中に下痢をした【井藤英之】

 +α CDI検査 今昔物語

7.痙攣の初期対応【佐藤良太】

付録 薬剤便利帖【吉廣尚大】

付録1 腎機能により投与量を調節する医薬品一覧

付録2 注射薬の筋肉注射の可否一覧

付録3 簡易懸濁可能な薬剤とできない薬剤

付録4 その他,投与の際に注意が必要な医薬品一覧

付録5 投与時に血中濃度測定が必要な主な医薬品

おわりに


索引

執筆者プロフィール

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません