• M2PLUS
  • 泌尿器外科 2022年11月号(Vol.35 No.11)【特集】男性性機能障害診療UP DATE

泌尿器外科 2022年11月号(Vol.35 No.11)【特集】男性性機能障害診療UP DATE

  • ISBN : 9784865175028
  • ページ数 : 120頁
  • 書籍発行日 : 2022年11月
  • 電子版発売日 : 2022年11月25日
  • 判 : A4判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数 : 3
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,300 (税込)
ポイント : 60 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

特集 男性性機能障害診療UP DATE
メタボリックシンドローム(MetS)とED/勃起障害と心血管性疾患の関連/CKDと性機能障害 ほか

≫ 「泌尿器外科」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

序文

性交時に有効な勃起が得られないために満足な性交ができない状態が勃起障害(erectiledysfunction:ED)である。全国調査で,日本では30 歳から79 歳の男性の約1,130 万人が中等度以上のED と報告されている。ただし,これは20 年以上も昔の調査なので,高齢化が進んだ現在での患者数はさらに増加しているものと推測される。なお,ED を自覚しても医療機関を受診している男性はわずか5% 未満という報告がある。これは,医療機関を受診する羞恥心に加えて,ED を単なる老化現象の1 つ,あるいはストレスから生じる一時的な症状など軽く受け取っている男性が多いことに起因する。すなわち,疾患としてのED の重要性はまだまだ認知されていないと考えられる。

日本性機能学会編集の「ED 診療ガイドライン第3 版」によれば,ED のリスクファクターとして加齢,喫煙とともに肥満,高血圧,糖尿病,運動不足などの生活習慣病的因子,心血管疾患,テストステロン低下,下部尿路症状,心理的・精神的要素などがあげられている。実際,ED と生活習慣病の代表的な疾患であるメタボリックシンドロームとの密接な関連性については多数報告がある。一方,テストステロン低下は,近年注目が高まっている加齢男性性腺機能低下症候群(LOH 症候群)との関連性が想定される。LOH 症候群の代表的な症状の1 つがED であることはよく知られた事実である。また,ED は心筋梗塞や脳卒中などの心血管障害の発症を予測する症状との報告もある。これは動脈硬化が冠動脈や脳動脈に狭窄をきたす以前に,陰茎への血流が低下することでED が発症すると考えられているからである。さらに,最近の全国調査により性機能障害を原因とする男性不妊症が増加傾向であることも明確となった。報告によれば日本人出生数は6 年連続減少し,2021 年には過去最少の81 万1,604 人であった。挙児を希望されない男性が増加していることも否定はできないが,男性不妊患者数の増加も懸念されている。高齢化社会を迎えた現在,出生数の減少は国家的な問題点である。男性不妊症への注目度が高まるにつれ,若年者のED に対する関心度も高まっている。以上のようにED の背景には,さまざまな重要な疾患や症状が存在,共存している可能性だけでなく,生命にかかわる重篤な疾患の前兆(一症状)として生じている可能性,さらに少子化という国家的問題にも直結している可能性まで想定される。本特集では,ED とこれらの疾患との関連性を明確にし,同時に全世界的なパンデミックとなったCovid19 感染とED の関係についても解説いただく。また,日本では信頼のおける治療法が存在しない早漏や膣内射精障害について,さまざまなデバイスを用いた経験も解説していただく。

本特集がED の重要性に対する再認知につながり,診療の一助となれば幸いである。


順天堂大学医学部附属浦安病院泌尿器科
辻村 晃

■ 目次

【特集】

男性性機能障害診療UP DATE

序文

 順天堂大学医学部附属浦安病院泌尿器科 辻村  晃

メタボリックシンドローム(MetS)とED

 茨城西南医療センター病院泌尿器科 末富 崇弘

勃起障害と心血管性疾患の関連

 昭和大学藤が丘病院泌尿器科 佐々木春明,他

CKDと性機能障害

 大阪公立大学大学院医学研究科泌尿器病態学 鞍作 克之

下部尿路症状と勃起不全

 大阪大学大学院医学系研究科器官制御外科学(泌尿器科) 竹澤健太郎,他

精神・心理症状と男性性機能障害

 長野赤十字病院泌尿器科 天野 俊康

男性不妊症と性機能

 東邦大学医学部泌尿器科学講座 小林 秀行

LOH症候群における性機能─高齢日本人男性の疫学調査より─

 札幌医科大学医学部泌尿器科学講座 小林  皇

COVID-19と男性性機能障害との関連

 慶應義塾大学医学部泌尿器科学教室 茂田 啓介,他

MEN’S TRAINING CUP®KEEP TRAININGを用いた早漏治療についての検討

 順天堂大学医学部附属浦安病院泌尿器科 白井 雅人,他

A10 cyclone SA+plus®を用いた膣内射精障害に対する試み

 大阪大学大学院医学系研究科器官制御外科学(泌尿器科) 福原慎一郎,他

【連載】

第141回 泌尿器科領域におけるトラブルシューティング

前立腺バイポーラー核出術後に前立腺癌・尿道狭窄・重度尿失禁を合併した1例─尿道形成術を軸とした治療戦略の組み立て─

 兵庫医科大学泌尿器科 林  冠宏,他

【臨床研究】

筋層非浸潤性膀胱癌の診療について本邦多施設アンケート調査結果(膀胱内注入療法)

 弘前大学大学院医学研究科先進移植再生医学講座 米山 高弘,他

本邦における筋層非浸潤性膀胱癌治療の現況に関するアンケート調査結果(リスク分類)

 札幌医科大学医学部泌尿器科 進藤 哲哉,他

筋層非浸潤性膀胱癌の診療について本邦多施設アンケート調査結果TURBTの現状について(PDD,NBI含む)

 山口大学大学院医学系研究科泌尿器科学講座 松本 洋明,他

【症例報告】

化学療法奏効後にロボット支援下腎尿管全摘除術を施行した右腎盂癌の1例

 愛媛大学医学部附属病院泌尿器科  毛利 晨佑,他

集学的治療により長期完全寛解を得た有転移性腎盂癌の1例

 大阪労災病院泌尿器科 梅田  駿,他

前立腺結石が原因と考えられた会陰部膿瘍・尿道皮膚瘻の1例

 市立伊勢総合病院泌尿器科 服部 優奈,他

陰囊内総鞘膜に平滑筋腫を生じた1例

 横浜市立市民病院泌尿器科 苅部 勇大,他

ロボット支援前立腺全摘後に生じたwell leg compartment syndromeの2例

 聖隷浜松病院泌尿器科 袴田 康宏,他

【統計】

VSBONEソフトを用いた診断時bone scan index(BSI)値は,骨転移を有する

前立腺癌の有意な予後予測因子である

 大阪労災病院泌尿器科 隠岐 雄太,他

【読者欄─医事放談】

癌サバイバーの15年間の闘病記録から

 大阪医科薬科大学名誉教授,大和つきみの腎クリニック 勝岡 洋治

【地方会】

第65回 日本泌尿器科学会神奈川地方会

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:7.0MB以上(インストール時:18.4MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:7.0MB以上(インストール時:18.4MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません