• m3.com 電子書籍
  • これが私の小児整形外科診療 適切な診療への道しるべ 改訂2版

これが私の小児整形外科診療 適切な診療への道しるべ 改訂2版

  • ページ数 : 356頁
  • 書籍発行日 : 2022年12月
  • 電子版発売日 : 2022年12月12日
¥8,250(税込)
ポイント : 150 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

27疾患34症例を追加しさらに充実した改訂版。
小児整形外科に関わるすべての方へ。


本書は小児整形外科に携わってきた著者が見出した体系化された外来診療のノウハウを余すところなく披露し,読めばその思考・技法を体得できる実践書.大好評であった初版の構成はそのままにデザインを一新し27疾患,34症例を追加してさらなる充実を図った.

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

改訂2版の序


初版を発刊後,こども病院から診療所へ移って2年あまりの月日が流れました.手術は提携病院で行っていますが,ご紹介いただいた患者さんを手術する仕事よりも,手術すべき患者さんをスクリーニングする仕事の割合が多くなってきました.第一線の現場はこんなに大変だったのか,と日々感じております.難しい手術をたくさんやってきたと自惚れておりましたが,肘内障の整復ひとつをとってみても容易ではありません.“後医は名医”とよく言われますが,まったくその通りでした.近医で経過をみて良くならなかった患者さんをご紹介いただいてから精査を行えば,その診断は難しくありませんでした.しかし,ちょっとした愁訴で訪れた乳幼児に,睡眠薬を投与してMRI検査を行うわけにはいきません.限られた情報からどうやって診断し,診療方針を立てていくか,というのが診療所における課題でした.ご家族は「大丈夫です.心配ありません」の一言を期待して来院されるのですが,歯切れの悪い説明に終始することが少なくありませんでした.

そんな中,役に立ったのが自分の書いたこの本でした.鑑別が必要な疾患の写真をご家族に見せ「たぶん心配ありませんが,稀にこんな疾患もあるので,念のため経過をみさせてください」と説明すると,意外に安心した様子で帰られるご家族が多いようでした.どんな病気に注意して経過をみたらよいかを具体的に示すことによって,漠然とした不安から解放されるのかもしれません.

こうして診療の場において自著を読み直してみると,手術を要さないありふれた疾患の解説に十分紙面が割かれていないことに気付きました.膝の章には誰もが知っているOsgood‒Schlatter病の解説すらありませんでした.これでは本書を愛読してくれる小児科の先生やメディカルスタッフの方々に不親切です.また,小児整形外科を専門とする先生方に自分なりの治療方針を伝えることができません.こうした反省をもとに,第2版の執筆を進めました.少し厚くなってしまいましたが,より親切な成書になったのではないかと思っております.

私が診療の場で大切にしていることは「ひとりひとりに心をこめて・・・」です.この本からその気持ちが皆様に伝わり,そして皆様が診るこどもたちが,愛情にあふれた治療を受けられることを心から祈っております.


2022年11月

西須 孝

目次

第1章 足趾の診かた

・愁訴からの診断

1 先天的な足趾の変形 

2 成長に伴ってみられる足趾の変形 

3 その他の愁訴

1)原因のわからない足趾の骨溶解 

・主な疾患について知っておくべき知識

内反趾/内反小趾/重なり趾/短趾症/中足骨短縮症/外反母趾/マイクロジオディク病/爪下外骨腫/母趾種子骨障害 

第2章 足の診かた

・愁訴からの診断

1 先天的な足の変形 

2 扁平足 

3 つま先歩行 

4 底屈しない足 

5 凹足と下垂足 

6 足の痛み 

7 くるぶしのところで腱がはずれる・音が鳴る 

・主な疾患について知っておくべき知識

先天性内反足/垂直距骨/斜め距骨/外反扁平足/特発性つま先歩行/Charcot−Marie−Tooth病/尖足/麻痺性踵足/Sever病/足底腱膜炎/第1Köhler病/Freiberg病(第2Köhler病)/有痛性外脛骨/足関節・足部の離断性骨軟骨炎/足根骨癒合症/腓骨筋腱脱臼,後脛骨筋腱脱臼/Iselin病/Jones骨折/踵骨単発性骨囊胞(腫)

第3章 膝の診かた

・愁訴からの診断

1 反張膝 

2 乳幼児の膝が伸びない 

3 乳幼児の膝が曲がらない 

4 学童期以降で膝が伸びない・曲がらない 

5 膝の腫脹 

6 新生児や乳児の膝が鳴る 

7 膝の痛み 

・主な疾患について知っておくべき知識

先天性膝関節脱臼(先天性反張膝)/(先天性)恒久性膝蓋骨脱臼,習慣性膝蓋骨脱臼・亜脱臼/円板状半月板/膝窩囊胞/離断性骨軟骨炎と軟骨剥離/Osgood-Schlatter病/Sinding Larsen-Johansson病/鵞足部の有痛性骨棘/膝周囲の線維性骨皮質欠損症FCD

(非骨化性線維腫NOF)

第4章 下肢の診かた

・愁訴からの診断

1 幼児のO脚 

2 学童期以降のO脚(内反膝) 

3 X脚(外反膝) 

4 うちわ歩行(内旋歩行,内股歩行) 

5 そとわ歩行(外旋歩行,外股歩行) 

6 脚長不等 

7 下肢の痛み,疼痛性跛行 

8 下腿弯曲 

9 その他の愁訴

1)両下肢が急速に腫脹した 

・主な疾患について知っておくべき知識

生理的O脚/Blount病/局所性線維軟骨異形成症/プロテインC欠乏症,プロテインS欠乏症/生理的X脚/うちわ歩行(内旋歩行,内股歩行)/脚長不等/先天性下腿弯曲症,先天性下腿偽関節症/成長痛 

第5章 股関節の診かた

・愁訴からの診断

1 新生児・乳児健診で股関節の異常を疑われた 

2 股関節の痛み,疼痛性跛行

3 股が閉じなくなってきた(股関節外転拘縮)

4 股が開かなくなってきた(股関節内転拘縮)

5 単純X線検査でみつかった股関節の骨形態異常

・主な疾患について知っておくべき知識

先天性股関節脱臼(発育性股関節形成不全,DDH)/単純性股関節炎/化膿性股関節炎/化膿性筋炎/腱付着部炎と関連する骨端症/Perthes病/大腿骨頭すべり症/特発性股関節軟骨溶解症/Down症の股関節脱臼

第6章 手の診かた(先天奇形を除く)

・愁訴からの診断

1 指が伸びない・屈伸時にひっかかる

2 指が曲がらない

3 指の痛み

4 指が短くなってきた

5 指が太くなってきた

6 その他の愁訴

1)指先が曲がってきた 2)中指と環指の間が広がっている

3)手が黄色くなってきた 4)小指が短い

・主な疾患について知っておくべき知識

強剛母指・弾発指(ばね指)/先天性握り母指症/屈指症/マイクロジオディク病/中手骨短縮症

第7章 肘と前腕の診かた

・愁訴からの診断

1 乳幼児の「肩がはずれた」・「腕を動かさない」

2 肘が伸びない・曲がらない

3 手のひらを反せない(前腕回内外制限)

4 肘の痛み,肘が腫れている

5 音が鳴る,引っかかる感じがある

6 肘の肉眼上の変形(先天性を除く)

・主な疾患について知っておくべき知識

橈骨頭脱臼/野球肘/Panner病/骨折後遺症/先天性橈尺骨癒合症/肘関節強直/弾発肘と肘関節ロッキング

第8章 肩と肩甲帯の診かた

・愁訴からの診断

1 肩が上がっている 

2 肩が下がっている 

3 腕が挙がらない(痛みを伴わない場合) 

4 乳幼児の「肩がはずれた」 

5 肩の痛み 

6 肩がたびたびはずれる 

7 肩が前に出ている,鎖骨が出っ張っている 

8 肩甲骨が浮き上がっている(翼状肩甲) 

・主な疾患について知っておくべき知識

Sprengel変形/肩関節不安定症/肩周辺の先天性筋欠損症/三角筋拘縮症/先天性鎖骨偽関節症/先天性鎖骨欠損症/リトルリーグ肩/顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー 

第9章 胸郭の診かた

・愁訴からの診断

1 胸壁が凹んでいる 

2 前胸部の一部が突出している

・主な疾患について知っておくべき知識

漏斗胸/鳩胸/Poland症候群/胸骨分節脱臼

第10章 頚部の診かた

・愁訴からの診断

1 新生児・乳児の首にしこりがある

2 先天性にみられる斜頚(発症時期のわからない斜頚) 

3 幼児期以降で初発した痛みを伴う斜頚(後天性斜頚) 

4 首が硬い(後天性斜頚を除く) 

5 首の痛み(斜頚位を伴わない) 

・主な疾患について知っておくべき知識

先天性筋性斜頚/炎症性斜頚/環軸関節回旋位固定/Klippel−Feil症候群

第11章 腰部の診かた

・愁訴からの診断

1 腰  痛 

2 背部のくぼみ

3 尾骨痛 

・主な疾患について知っておくべき知識

腰椎分離症/仙腸関節炎/二分脊椎症/尾骨痛

第12章 全身性疾患と小児整形外科総論

1 関節炎 

2 出血性関節障害 

3 骨髄病変(MRI検査でみられる骨髄輝度の異常) 

4 多発性骨病変 

5 栄養障害 

6 全身の関節弛緩がみられる結合織性疾患 

7 先天性に多関節拘縮がみられる疾患 

・各疾患について知っておくべき知識

Ⅰ 関節炎をきたす疾患

化膿性関節炎/若年性特発性関節炎/付着部炎関連関節炎/感染症関連関節炎と反応性関節炎 

Ⅱ 出血性関節障害をきたす疾患

血友病性関節症,その他の血液凝固因子欠損症/血管腫

Ⅲ 骨髄病変のみられる疾患

化膿性骨髄炎/抗酸菌性骨髄炎/慢性再発性多発性骨髄炎/傍骨端線部限局性骨髄浮腫/類骨骨腫

Ⅳ 多発性骨病変のみられる疾患

多発性外骨腫,メタコンドロマトーシス/Langerhans細胞組織球症/Ollier病/多骨性線維性骨異形成症,McCune−Albright症候群/骨斑紋症/大理石骨病/濃化異骨症/骨流蝋症/Camurati−Engelmann病/片肢性骨端異形成症

Ⅴ 骨病変をもたらす栄養障害

ビタミンD抵抗性くる病,ビタミンD欠乏性くる病/壊血病 

Ⅵ 関節弛緩のみられる全身性疾患

Down症候群/Marfan症候群,Ehlers−Danlos症候群,Loeys−Dietz症候群 

Ⅶ 関節拘縮のみられる全身性疾患

先天性多発性関節拘縮症/Larsen症候群/Freeman−Sheldon症候群/Beals症候群 

Ⅷ その他

骨形成不全症/軟骨無形成症/神経線維腫症1型(NF1)/進行性骨化性線維異形成症 /先天性無痛無汗症/爪・膝蓋骨症候群/猫ひっかき病/身体症状症(身体表現性障害),詐病/骨端線早期閉鎖 

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:60.1MB以上(インストール時:127.7MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:240.6MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:60.1MB以上(インストール時:127.7MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:240.6MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784525321925
  • ページ数:356頁
  • 書籍発行日:2022年12月
  • 電子版発売日:2022年12月12日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。