• M2PLUS
  • Visual Dermatology Vol.21 No.6(2022年6月号)食生活と皮膚疾患 ─どのように食事指導するか?

Visual Dermatology Vol.21 No.6(2022年6月号)食生活と皮膚疾患 ─どのように食事指導するか?

  • ISBN : 9784059883166
  • ページ数 : 98頁
  • 書籍発行日 : 2022年5月
  • 電子版発売日 : 2023年1月18日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数 : 3
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,080 (税込)
ポイント : 56 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

皮膚科の生活指導において、栄養指導はあらゆる場面で患者ニーズがある。本特集では栄養が原因でおこる皮膚疾患や栄養指導にとどまらず、アレルギーやきずの回復など、あらゆる側面から皮膚科と食生活を考察し、皮膚科における食事指導必読の特集!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

この皮膚病は食べ物と関係ありますか?

「この皮膚病は食べ物と関係ありますか?」「治すには何を食べたらよいでしょうか?」患者さんから,このような質問を受けた経験は,多くの皮膚科医がもっていることと思います.私の場合,たいていの場合は食べ物との関係はないと判断し「とくに心配しなくてよいですよ」と答えるのですが,皮膚病といったら食べ物が原因,という感覚は患者さんにとってきわめて強いものであることを実感します.

言うまでもなく,食べ物は私たちが生きるうえで必須です.食事を通し三大栄養素である炭水化物,タンパク質,脂質をバランスよくとることで,われわれは正常な生命活動を送ることができます.したがって,これら栄養素が何らかの原因で不足,過剰,あるいはバランス不全になると,生体の恒常性が崩れさまざまな疾患の原因,あるいは背景因子となりえます.

また,特定の食べ物に対してアレルギー反応を獲得してしまった場合は,摂取自体が疾患誘発因子となってしまいます.以上のようなことは医療者でなくとも容易に想像がつくことであり,また食べ物が皮膚の健康に影響を及ぼしうることは,多くの方が日常的にもまさに「肌感覚」で感じられているのだと思います.

しかし,実際にどの食べ物が,どのように皮膚の健康に影響を与えているのか,どのように皮膚疾患の発症に関与しているのか,いざ聞かれると,皮膚科医といえどもなかなか答えられないことも多いのではないでしょうか.本特集は,食事が関係しうる皮膚疾患にスポットを当て,最新の栄養学もまじえ,各疾患の臨床像および食事指導法についてご専門の先生に解説いただきました.いずれも実践的な内容が多く含まれており,患者さんからの質問にスムーズに答えられるものと思います.

一方で,取り上げた疾患はいずれも代表的な疾患でありますが,集めてみると意外に多くの種類があることに気づかされます.これだけあると,私が「とくに心配しなくてよいですよ」と言っている疾患や,原因不明と言われている皮膚疾患のなかにも,もしかしたら実は食事が関係しているものが混じっているのかもしれません.

私自身は,アトピー性皮膚炎や乾癬などの炎症性皮膚疾患の病態形成における食事の影響について,主に食事性脂質の観点からこれまで基礎研究・臨床研究を行ってまいりました.しかし,本特集を編集するにあたり各原稿を拝見して,脂質以外の栄養素の観点からの病態理解も,実臨床においてとても重要であることを再認識いたしました.読者の先生方にも食生活と皮膚疾患との関連について,本特集が知識の整理にお役に立てば幸いです.

また,食生活と皮膚疾患というテーマでの編集機会を与えていただきました編集委員の先生方,お忙しいところ原稿作成を快諾いただいた先生方に,この場を借りて厚くお礼申し上げます.


本田 哲也
Tetsuya Honda
浜松医科大学皮膚科学講座 教授

■ 目次

羅針盤

この皮膚病は食べ物と関係ありますか?/本田 哲也

総論

食事が皮膚疾患に与える影響の多面性とそのメカニズム/本田 哲也

Part1. 食事が病態修飾因子となる疾患:食事指導からの治療

治療1 乾癬と食事指導/西田 絵美

治療2 食生活と化膿性汗腺炎/大嶺 卓也,高橋 健造

治療3 尋常性痤瘡/谷岡 未樹

Part2. 栄養素不足/食生活が原因となる皮膚疾患

case 1 亜鉛欠乏症/小川 陽一,川村 龍吉

case 2 ペラグラ/井上 卓也,杉田 和成

case 3 晩発性皮膚ポルフィリン症/伊藤 泰介

case 4 ビタミンB12欠乏症に伴った多彩な神経症状と舌炎/藤山 俊晴

case 5 色素性痒疹/影山 玲子

case 6 光線過敏症(レタス,パセリ)/織田 好子,福永 淳

case 7 シイタケ皮膚炎/島内 隆寿

case 8 皮膚爬行症/牧野 輝彦

case 9 柑皮症:柑橘類の過食により皮膚の黄色変化を来した症例/八木 宏明

Part3. アレルギーと食事/食事指導

治療4 汗疱状湿疹,pseudo-atopic dermatitisなど食事中の金属により惹起される皮疹の診断,治療,食事指導/足立 厚子

治療5 食物アレルギーを合併する小児アトピー性皮膚炎の食事指導/福家 辰樹

治療6 花粉-食物アレルギー症候群(PFAS)/千貫 祐子

治療7 納豆アレルギー/猪又 直子

Part4. 専門家から学ぶ食事指導

治療8 皮膚科医に知ってほしい,患者をその気にさせる理想的な減量法/川浪 大治

治療9 減量に有用なメニューとアレンジレシピ/茂山 翔太,若月 未来,真壁 昇

治療10 スキン-テアの予防に着目した栄養療法/真壁 昇

【連載】

即答組織診断!/常深 祐一郎

Your Diagnosis?

6月号の出題/梅本 尚可

4月号の解答/遠藤 雄一郎

神人・貴志・江藤のVisual Dermaゴロジー(第23回)「“FBIはbang!”」/神人 正寿,貴志 知生,江藤 隆史

【エッセイ&コラム】

Photo Essay 243「泡吹く」/塚谷 裕一

コラム 「コロナ禍で凝固せる現実と侘しさ」/小野 友道

市場を歩く 192「パリ マルシェ(19)」/金子 健彦

書評 「性感染症診療マニュアル─達人の口伝編─」/レビュアー:渡辺 大輔

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:13.1MB以上(インストール時:29.2MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:13.1MB以上(インストール時:29.2MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません