• M2PLUS
  • 図解 経絡と解剖学

図解 経絡と解剖学

  • ISBN : 9784498069343
  • ページ数 : 260頁
  • 書籍発行日 : 2023年3月
  • 電子版発売日 : 2023年2月22日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数 : 3
販売価格 (ダウンロード販売)
¥3,960 (税込)
ポイント : 72 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

ツボがわかる! 伝統中国医学の経絡をわかりやすいイラストで解説する“超”実践書

伝統中国医学の経絡を現代医学との共通言語で解説.著者自身が描いたイラストで,日常的によく使われる経穴(ツボ)の位置と経絡の流れを解剖学的にわかりやすく解説.鍼灸師,あん摩マッサージ指圧師はもちろん,医師やメディカルスタッフ, ヨガやスポーツ,マッサージなど,身体ケアに携わる人にも役立つボディケア・マニュアル.臨床や施術などの実践はもちろん.これから伝統中医学を学ぼうとする学生のテキストとしても有用な実践書.

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

はじめに


皆さんは東洋医学にどんな印象をお持ちだろうか? 怪しい民間医療? 鍼を刺したり、お灸を燃やしたり、なんだか怖そう? 確かにその通り。私もこの世界に入る前はそう思っていた。

しかし現在、東洋医学に対する世間の関心は年々高まっている。医学はすさまじいスピードで進歩し、大抵の人は昔よりもはるかに長生きし、以前は不治の病とされていたさまざまな病気に対しても、新たな薬や治療法が誕生し…ついには再生医療までもが現実のものとなりつつある。しかしそれでもなお、日々体調不良を感じ、ストレスや不眠、正体不明の痛みや不快感に悩まされ、なのに病院の検査では異常はなく、漫然と薬の量ばかりが増えていく─そんな人々が増加の一途を辿っているからだ。こんな矛盾した時代にあって、伝統的な医学や生活習慣の見直しによるセルフケアに注目が集まるのは、ある意味で必然だろう。実際、漢方薬を積極的に用いる医師も随分と増え、看護師や理学療法士といった西洋医学に携わる方々、ヨガインストラクターやスポーツトレーナーなど人の身体に携わる人々の間でも、東洋医学を取り入れたい、学びたいというニーズは増えてきている。

一般に「東洋医学」といわれるものは、東アジアに普及している伝統中国医学(以下、中医学と呼ぶ)、南アジアのアーユルヴェーダ、ヒマラヤ山岳地帯のチベット医学、そしてイスラムのユナニ医学がその範疇に入る。これらは「4大伝統医学」と呼ばれ、それぞれの地域で今も現役の“活きた医学”だ。このうち日本で国家資格として認められているのは、中医学の一分野である鍼灸となる。はり・きゅう師は、その資格取得の過程で現代医学を一通り学び、加えて伝統医学に基づいた理論と手法も学ぶ。日本の中では東洋医学に最も精通した者たちが「はり師・きゅう師」ということだ。

しかし、はり・きゅう師が皆、西洋と東洋、両方の医学を十分に活かして患者と向き合っているか? というと、なかなかに難しい。伝統医学はいずれも古代の哲学や思想を基礎に成り立つ医学体系であるため、そちらを重んじれば現代医学からかけ離れ、ともすれば施術者の独りよがりに陥りやすい。さりとて西洋医学に偏れば、伝統医学本来の持ち味である「現代医療とは別の角度から病と人を診る」という意義が失われてしまうからだ。

私もこのジレンマに悩まされながら、長年臨床に立ってきた。その中で私自身が必要と感じるテキスト、その都度のヒラメキ、その根拠となる医学知識を、自分自身のレポートとして書き溜めてきた。それが本書の原点となる。本書の中では特に、中医学を「現代医学との共通言語で」どう説明するかに焦点を置いているが、どうにも説明がつきにくい難題に対しては、個人的な推論が挟まるのはどうかご容赦願いたい。

私はこの書を、私自身が欲しいと思えるようなテキストにしたいと思って書き進めた。

私と同じジレンマを抱える同業者の皆さん、新たに東洋医学を学びたいと思っている多くの方に、この書がお役に立つことを願っている。


2023年2月1日

吉田 啓

■ 目次

Introduction:中医学の基礎

01:陰陽論― 一つではありえないもの─

02:気―恒常性を支える力─

03:血―生命の水─

04:津液―流れる水は腐らない─

05:臓腑―体内の陰陽─

06:経絡―気血が巡る路─

07:経筋―筋肉に刻まれた動き─

08:私見―鍼灸は何にアプローチしているのか?─

Chapter 01 肺

01:肺―自律神経の操者─

02:手の太陰肺経(Lung meridian)

LU01 中府

LU07 列缺

LU09 太淵

03:手の太陰経筋

Chapter 02 大腸

01:大腸―アタマとハラの会話、その1─

02:手の陽明大腸経(Large intestine meridian)

LI04 合谷

LI11 曲池

LI20 迎香

03:手の陽明経筋

Chapter 03 胃

01:胃―五臓六腑の海─

02:足の陽明胃経(Stomach meridian)

ST04 地倉

ST08 頭維

ST12 缺盆

ST25 天枢

ST30 気衝

ST34 梁丘

ST36 足三里

ST40 豊隆

ST44 内庭

03:足の陽明経筋

ST07 下関

Chapter 04 脾

01:脾―虚実一体の臓腑─

02:足の太陰脾経(Spleen meridian)

SP04 公孫

SP06 三陰交

SP09 陰陵泉

03:足の太陰経筋

SP21 大包

Chapter 05 心

01:心―こころはどこにあるのか─

02:手の少陰心経(Heart meridian)

HT05 通里

HT07 神門

03:手の少陰経筋

Chapter 06 小腸

01:小腸―アタマとハラの会話、その2─

02:手の太陽小腸経(Small intestine meridian)

SI03 後渓

SI06 養老

SI09 肩貞

SI11 天宗

SI16 天窗

03:手の太陽経筋

Chapter 07 膀胱

01:膀胱―成長の道筋─

02:足の太陽膀胱経(Bladder meridian)

BL01 睛明

BL02 攅竹

BL10 天柱

BL12 風門

BL13〜28背兪穴

BL13 肺兪

BL15 心兪

BL18 肝兪

BL20 脾兪

BL23 腎兪

BL43 膏肓

BL51 肓門

BL53 胞肓

BL40 委中

BL58 飛揚

BL60 崑崙

BL62 申脈

BL67 至陰

03:足の太陽経筋

Chapter 08 腎

01:腎―生命の根、生身の本─

02:足の少陰腎経(Kidney meridian)

KI01 湧泉

KI06 照海

KI16 肓兪

03:足の少陰経筋

Chapter 09 心包

01:心包―喜びが育む臓器─

02:手の厥陰心包経(Pericardium meridian)

PC06 内関

PC08 労宮

03:手の心主(厥陰)経筋

Chapter 10 三焦

01:三焦―境界にあるもの─

02:手の少陽三焦経(Triple Energizer meridian)

TE03 中渚

TE05 外関

TE15 天髎

TE17 翳風

TE21 耳門

03:手の少陽経筋

Chapter 11 胆

01:胆―中正の火─

02:足の少陽胆経(Gallbladder meridian)

GB03 上関

GB12 完骨

GB20 風池

GB26 帯脈

GB29 居髎

GB30 環跳

GB34 陽陵泉

GB39 懸鐘

GB41 足臨泣

03:足の少陽経筋

Chapter 12 肝

01:肝―智将のロジスティクス─

02:足の厥陰肝経(Liver meridian)

LR03 太衝

LR08 曲泉

LR09 陰包

03:足の厥陰経筋

Chapter 13 奇経八脈

01:奇経八脈―経絡の発生学─

02:任脈(Conception Vessel)

CV04 関元

CV12 中脘

CV17 膻中

03:督脈(Governor Vessel)

GV09 至陽

GV14 大椎

GV20 百会

参考文献

東洋医学系索引

西洋医学系索引

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:23.6MB以上(インストール時:55.0MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:94.6MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:23.6MB以上(インストール時:55.0MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:94.6MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません