目でみる 視野検査の進めかた 第2版

  • ページ数 : 124頁
  • 書籍発行日 : 2017年1月
  • 電子版発売日 : 2023年3月10日
¥4,510(税込)
ポイント : 82 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

動的視野検査と静的視野検査は生理的に異なる検査法であり,両者の特徴をよく理解して目的によって使い分けるのが本来の姿といえる。
本書は正しい視野検査を行う上できわめて重要な知識をわかりやすく解説しているが,改訂第2版では前版での誤解しやすい表現を改め,よりわかりやすくなるように大幅に図表を入れ替えた。
文章はできるだけ少なくし,検査の手順は豊富なイラストで示した。
更に前版と同様,章の導入部は「アクセスポイント」を,文中には「さあ準備して」「やってみよう」「チェックポイント」「もの知りコラム」などを随所に挿入して理解を助けた。


※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

改訂第2版への序


「目でみる視野検査の進めかた」を上梓以来,3年が経過しました。幸い読者のニーズに合ったようで初版が売り切れたのを機会に,誤解しやすい表現を改め,よりわかりやすくなるように大幅に図表を入れ替えました。視野検査は多くのノウハウがあり,まだまだ「一目で見てわかる」とまでは行きませんが,かなり読みやすくなったものと思います。この本が正しい視野検査の普及の一助になれば幸いです。


2007年4月

著者

目次

視野とは?

視野測定法の原理

動的視野検査

静的視野検査

視野に関係する視覚器の解剖

眼球の透明部分

網膜

視神経・視路

患者の準備

患者への説明

測定眼の選択

近方矯正

非検査眼の遮閉

眼瞼挙上

患者の姿勢

ゴールドマン視野計の準備

視野計を設置する場所

キャリブレーション

用紙のセット

メンテナンス

ゴールドマン視野計測定の実際

視標の選択

視標のコントロール

視標の動かし方

盲点の検出

沈下の定量

暗点の検出

暗点境界の決定

暗点の定量

Armaly-Drance法による緑内障性視野障害の検出法

ハンフリー視野計(HFA II)の準備

患者データの入力

プログラムの選択

パラメータの設定

メンテナンス

ハンフリー視野測定の実際

スクリーニング検査

閾値検査

キネティックテスト

測定結果の印刷

測定結果の読み方

その他の視野測定法

対座法

ハンフリーFDTスクリーナー

視野に影響する光学系の問題

白内障などの中間透光体の混濁

瞳孔径

屈折異常

視野異常の種類

視交叉より前の病変による視野異常

視交叉の病変による視野異常

視交叉より後の病変による視野異常

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:18.9MB以上(インストール時:39.3MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:75.8MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:18.9MB以上(インストール時:39.3MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:75.8MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784307351263
  • ページ数:124頁
  • 書籍発行日:2017年1月
  • 電子版発売日:2023年3月10日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

※索引リンクは未対応となっております。