未破裂脳動脈瘤コイル塞栓術100のテクニック

  • ページ数 : 362頁
  • 書籍発行日 : 2023年3月
  • 電子版発売日 : 2023年3月7日
¥15,400(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 420pt ( 3 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

各部位のコイル塞栓術におけるエキスパートのテクニックを伝授!

脳動脈瘤コイル塞栓について,手技や方法,治療現場で実際に行っている工夫をすべて教えます.これから治療しようとしている症例に似たケースに対し,エキスパートはどのように挿入しているのか,同じ部位でも術者によって異なるアプローチを知ることで自分に合うテクニックを習得できる1冊!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

序文

どんな脳血管内治療のエキスパートも最初から上手であった訳ではありません.先輩や自分より経験豊富な先生のテクニックを見聞きして勉強したのだと思います.脳血管内治療に限ったことではありませんが,手術技量を上達させるには上手な人のテクニックを真似ることが一番の早道です.そこに自分なりのひと工夫が上乗せできれば,よりレベルの高い技術を修得することができます.

本書は“脳動脈瘤に対する血管内治療”,特に若手から中堅の先生方の入門書として“未破裂脳動脈瘤に対するコイル塞栓術”に焦点を絞りました.実臨床において破裂瘤と未破裂瘤は同じ脳動脈瘤ですがその治療目的は大きく異なります.破裂瘤は直近の再出血予防が最大の目的であり,誤解を招くかも知れませんが多少の不完全閉塞や軽微な合併症は許容され易いと言えます.しかし,未破裂脳動脈瘤は患者さんの多くが無症候であり出血予防だけでなく解剖学的に満足できる塞栓を行わねばなりませんし,たとえ軽微であっても合併症は許容され難いものがあります.従って,未破裂脳動脈瘤に対する血管内治療は安全性を担保しつつも十分な塞栓結果を得ることが求められており,それらを両立させるためには術者が高いテクニックを修得している必要があります.近年はフローダイバーターや瘤内フローディスラプターなどコイル以外の新しい塞栓デバイスが導入されていますが,コイル塞栓術がガイディングカテーテル留置,ガイドワイヤー・マイクロカテーテル操作,コイル挿入と血管内治療の極めて重要な基本手技であることに変わりはありません.

そこで本書では希有な症例やコイル以外の新しい塞栓デバイスは敢えて除き,日常臨床で取り扱うことが多い一般的な未破裂脳動脈瘤に対するコイル塞栓術についてエキスパートの先生方のテクニックを紹介します.教科書ではありませんので最初から通読する必要はなく,今まさに治療しようとしている脳動脈瘤に似たものをキーワードから検索できるようにしてあります.そして,エキスパートのテクニックを真似て盗んで下さいと言うコンセプトを取っています.「エキスパートの一言」は一般論を含めたアドバイス的な内容を,「エキスパートのつぶやき」はこだわりのテクニックやデバイス,ちょっと教科書には書きにくいような本音です.これらは困った時の助け船になることがあるかも知れません.

本書が読者の皆様の未破裂脳動脈瘤に対するコイル塞栓術テクニック向上に少しでもお役に立てればこれほど嬉しいことはありません.


2022年12月

順天堂大学医学部附属順天堂医院脳神経外科・脳神経血管内治療学講座 教授
大石英則

目次

1 傍硬膜輪内頚動脈瘤 眼動脈分岐部瘤

症例(1) 〈津本智幸〉

症例(2) 〈鐵尾佳章 増尾 修〉

症例(3) 〈岐浦禎展〉

症例(4) 〈庄島正明〉

症例(5) 〈長谷川 仁〉

症例(6) 〈佐藤 徹〉

症例(7) 〈廣常信之〉

2 傍硬膜輪内頚動脈瘤 膝窩部瘤(サイホン部含む)

症例(1) 〈津本智幸〉

症例(2) 〈高瀬香奈 増尾 修〉

症例(3) 〈岐浦禎展〉

症例(4)(サイホン部) 〈庄島正明〉

症例(5) 〈長谷川 仁〉

症例(6) 〈佐藤 徹〉

症例(7) 〈廣常信之〉

3 傍硬膜輪内頚動脈瘤 眼動脈分岐部瘤・膝窩部瘤以外

症例(1) 〈津本智幸〉

症例(2) 〈高瀬香奈 増尾 修〉

症例(3) 〈岐浦禎展〉

症例(4) 〈庄島正明〉

症例(5) 〈長谷川 仁〉

症例(6) 〈佐藤 徹〉

症例(7) 〈廣常信之〉

4 内頚動脈後交通動脈分岐部瘤(Fetal type Pcom)

症例(1) 〈津本智幸〉

症例(2) 〈岐浦禎展〉

症例(3) 〈庄島正明〉

症例(4) 〈長谷川 仁〉

症例(5) 〈佐藤 徹〉

症例(6) 〈廣常信之〉

5 内頚動脈後交通動脈分岐部瘤(Non Fetal type Pcom)

症例(1) 〈津本智幸〉

症例(2) 〈鐵尾佳章 増尾 修〉

症例(3) 〈鐵尾佳章 増尾 修〉

症例(4) 〈岐浦禎展〉

症例(5) 〈庄島正明〉

症例(6) 〈長谷川 仁〉

症例(7) 〈佐藤 徹〉

症例(8) 〈廣常信之〉

6 前交通動脈瘤(ステントなし)

症例(1) 〈面高俊介 松本康史〉

症例(2) 〈廣畑 優〉

症例(3) 〈神山信也〉

症例(4) 〈石橋敏寛〉

症例(5) 〈井上律郎 東登志夫〉

症例(6) 〈藤中俊之〉

7 前交通動脈瘤(ステントあり)

症例(1) 〈面高俊介 松本康史〉

症例(2) 〈廣畑 優〉

症例(3) 〈神山信也〉

症例(4) 〈石橋敏寛〉

症例(5) 〈井上律郎 東登志夫〉

症例(6) 〈藤中俊之〉

8 脳底動脈先端部瘤(ステントなし)

症例(1) 〈神山信也〉

症例(2) 〈石橋敏寛〉

症例(3) 〈山家弘雄 寺田友昭〉

症例(4) 〈寺西功輔〉

症例(5) 〈鶴田和太郎〉

9 脳底動脈先端部瘤(ステントあり)

症例(1) 〈神山信也〉

症例(2) 〈石橋敏寛〉

症例(3) 〈梅㟢有砂 寺田友昭〉

症例(4) 〈寺西功輔〉

症例(5) 〈鶴田和太郎〉

10 椎骨動脈後下小脳動脈瘤(ステントなし)

症例(1) 〈渡邉定克 中原一郎〉

症例(2) 〈三鬼侑真 寺田友昭〉

症例(3) 〈堀江信貴〉

症例(4) 〈鶴田和太郎〉

11 椎骨動脈後下小脳動脈瘤(ステントあり)

症例(1) 〈陶山謙一郎 中原一郎〉

症例(2) 〈光樂泰信 寺田友昭〉

症例(3) 〈堀江信貴〉

症例(4) 〈鶴田和太郎〉

12 内頚動脈先端部瘤

症例(1) 〈面高俊介 松本康史〉

症例(2) 〈堀江信貴〉

症例(3) 〈鶴田和太郎〉

症例(4) 〈滝川知司 鈴木謙介 兵頭明夫〉

13 椎骨動脈瘤(後下小脳動脈瘤を除く:ステントあり)

症例(1) 〈神山信也〉

症例(2) 〈石橋敏寛〉

症例(3) 〈堀江信貴〉

症例(4) 〈鈴木亮太郎 滝川知司 兵頭明夫〉

14 脳底動脈本幹部動脈瘤

症例(1) 〈岡田秀雄 寺田友昭〉

症例(2) 〈井上律郎 東登志夫〉

症例(3) 〈藤中俊之〉

症例(4) 〈成合康彦 滝川知司 兵頭明夫〉

15 内頚動脈前脈絡叢動脈分岐部瘤(ステントあり)

症例(1) 〈面高俊介 松本康史〉

症例(2) 〈盛岡 潤 中原一郎〉

症例(3) 〈寺西功輔〉

16 内頚動脈前脈絡叢動脈分岐部瘤(ステントなし)

症例(1) 〈松本康史 面高俊介〉

症例(2) 〈盛岡 潤 中原一郎〉

症例(3) 〈宮地 茂〉

症例(4) 〈宮地 茂〉

症例(5) 〈寺西功輔〉

17 前大脳動脈遠位部瘤

症例(1) 〈廣畑 優〉

症例(2) 〈須山嘉雄 中原一郎〉

症例(3) 〈宮地 茂〉

症例(4) 〈堀江信貴〉

症例(5) 〈寺西功輔〉

18 中大脳動脈瘤(ステントなし)

症例(1) 〈廣畑 優〉

症例(2) 〈宮地 茂〉

症例(3) 〈井上律郎 東登志夫〉

症例(4) 〈藤中俊之〉

症例(5) 〈河村洋介 滝川知司 兵頭明夫〉

19 中大脳動脈瘤(ステントあり)

症例(1) 〈廣畑 優〉

症例(2) 〈宮地 茂〉

症例(3) 〈井上律郎 東登志夫〉

症例(4) 〈藤中俊之〉

症例(5) 〈滝川知司 鈴木謙介 兵頭明夫〉

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:45.3MB以上(インストール時:95.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:181.3MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:45.3MB以上(インストール時:95.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:181.3MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784498328921
  • ページ数:362頁
  • 書籍発行日:2023年3月
  • 電子版発売日:2023年3月7日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。