• m3.com 電子書籍
  • タイムマネジメントが病院を変える―医療現場における働き方改革―

タイムマネジメントが病院を変える―医療現場における働き方改革―

  • ページ数 : 162頁
  • 書籍発行日 : 2023年4月
  • 電子版発売日 : 2023年4月5日
¥1,980(税込)
ポイント : 36 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

時間を慈しむ医師になろう

医療界においても働き方改革の機運が高まりつつある昨今,制度面の改革だけではなく,医療従事者側も「時間をコントロールし,時間に支配されない」というタイムマネジメントを身につけることが求められます.毎日時間に追われている,残業時間の多さが自慢,従来の評価制度に慣れきっている……そんな従来の価値観を刷新できる一冊です.巻末には元Googleのピョートル・フェリクス・グジバチ氏との対談を収録.

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

目次

・プロローグ ムダな水やりの話と、サル痘水際対策の話と、古文漢文の話

・「働き方改革」は変革をもたらすか

・時間は有限なリソース

・かつてはハイテクだった日本。しかし……

・日本の医者はそもそも、時間の使い方が下手

・時間を慈しまない、日本の医者

・意識改革で時間の使い方は変わる

・具体的なゴールを決める

・臨床力とタイムマネジメント力は相関する

・他人の時間を奪うな

・矛盾する厚労省

・タイムカッターになろう

・ブルシット・ジョブを蹴っ飛ばせ

・日本の評価制度は信用できない

・正しい評価のためには

・仕事の効率を高めよう コスト効果を考えよう

・会議のコスト

・教育と学習の問題点

・主治医制度という非効率

・飲み会はしない 時間の無駄

・患者中心の医療という、美しいピットフォール

・労働時間が減っても、給与は下がらないか

・有効なジャーナルクラブとは

・授業もアーカイブにしたらよい

・Podcastの活用

・ソーシャルメディアの活用

・多数の学会参加は時間リソースの無駄遣い

・退屈な時間を作らない

・できた時間は、慈しむ

・日本人は勤勉か

・「コスト」とは金のことだけではない

・他人の時間を奪うことは、他人へのリスペクトがないのと同じ

・残業は短く

・順番が大事

・文書や文献の整理について

・朝の家事はトレーニングに

・おわりに

・巻末対談 「変革への道」

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:10.4MB以上(インストール時:24.2MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:41.7MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:10.4MB以上(インストール時:24.2MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:41.7MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784498148444
  • ページ数:162頁
  • 書籍発行日:2023年4月
  • 電子版発売日:2023年4月5日
  • 判:A5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。