ねころんで読める周術期管理のすべて

  • ページ数 : 152頁
  • 書籍発行日 : 2023年6月
  • 電子版発売日 : 2023年6月6日
¥2,200(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 60pt ( 3 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

100分で読める身につく周術期のキホン

ゼロから周術期管理の全体像が「わかる」一冊。新人オペナースはもちろん、診療報酬改定で多職種が周術期にかかわるニーズが高まるなか、周術期にかかわる全職種の必読の知識が満載。楽しい4コマ漫画つきで、100分でパッと読めて日々の業務にすぐに生かせる。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

はじめに

術中とその前後の期間を合わせたもので、周術期管理とは、手術のために入院してくる患者さんに対応するケアのことです。

医師や一部の看護師だけではなく、病院全体の関係各所を巻き込んで大々的に「周術期管理」を行う流れが、いま、巻き起こっています。関係各所って、どこかって? 医師、看護師、薬剤師、臨床工学技士、管理栄養士、理学療法士、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、検査技師、放射線技師、ソーシャルワーカー、医療事務など本当に病院のすべての部門です。周術期管理とは、手術を成功させるだけでなく、手術後にできるだけ早く社会復帰してもらおうと、計画的に手術の準備をしたり、患者さんの状態を手術が決まった時点からコントロールしていく流れを指します。そのために病院内に特命チームを組んだり、「周術期管理センター」なる部署を作って対応していく動きが起きています。元気な人も元気でない人も、それなりに、いや、できるだけ早く社会復帰させるための使命を担ったチームや部署です。そこに、さまざまな職種の力を結集して周術期管理を行います。この『ねころんで読める周術期管理のすべて』では、それぞれの職種がどのようなことを考えて、何をすべきか、周術期管理で特命チーム全員が持つべき共通の認識は何かといった今風の周術期管理に関するすべてを、とにかくやさしく、ねころんで読める程度に噛み砕きました。周術期管理のテーマとしては2つあります。一つは元気な人向けに、快適な術後を目指して早期の社会復帰を目指すことです。もう一つは、身体に異常がある人(身体が弱っている人)が手術を受けて重篤な状態にならないように術前から準備していくことです。とてもやさしく解説していますので最後まで一気に読めると思います。本書で、病院内のあらゆる職種の方々、周術期に関連したサービスや医療機器、薬品などを提供している企業の方にも全体像がわかると自負しています。


2023年5月

呉医療センター・中国がんセンター 中央手術部長・麻酔科科長
讃岐美智義

目次

【1章】周術期管理のキホン

1. 誰にでも起きる「術後3大苦痛」

 “いたい”“さむい”“きもちわるい”

2. 手術後に不幸になる持病

よくある併存合併症

3. 「手術前の健康診断」からのリスク評価

麻酔方法決定、手術後鎮痛計画

4. タバコ・お酒と手術との関係

タバコを吸うと、術後の痛みがより強い!?

5. 「術前ドーピング」について考える

薬を飲み続けたせいで、手術が受けられなくなる!?

6. 術前の注意点あれこれ

サプリは? ワクチンは?

7. 術前の食事はどうする?

手術と栄養管理のカンケイ

8. 術後はいつから歩ける? いつから食事できる?

「飲め!食え!動け!」のスパルタ方式!?

9. 変わる周術期管理

「まな板の鯉」ではダメ!

【2章】手術と麻酔を知ろう

1. 麻酔と手術によって術中には何が起きているのか

手術侵襲が強いとどうなる?

2. 麻酔は眠っているだけ?

全身麻酔で起きるコト

3. ABCDEの回復で起きる術後3大苦痛

 “いたい”“さむい”“きもちわるい”

4. 麻酔科医が行う術中の管理の流れ

麻酔の流れと術後対策

5. 術中から術後を考える

術後鎮痛の世界

6. 安全に手術を行うための5つの対策

10分でわかる手術安全チェックリストの知識

【3章】周術期管理センターのキホン

1. マラソンと総合デパートと手術

周術期センターの役割って?

2. 周術期管理センターの仕事と役割分担

チームの中心は患者さん

3. 周術期管理センターと術後疼痛管理

術後疼痛管理チームの申請には何が必要?

【4章】職業別! 周術期の仕事図鑑

・外来における看護師の 術前・術中・術後の仕事

・手術室・病棟における看護師の 術前・術中・術後の仕事

・薬剤師の 術前・術中・術後の仕事

・歯科部門(歯科医・口腔外科医・歯科衛生士・歯科工学技士)の

術前・術中・術後の仕事

・理学療法士の術前・術中・術後の仕事

・管理栄養士の術前・術中・術後の仕事

・事務・クラークの 術前・術中・術後の仕事

・臨床工学技士の 術前・術中・術後の仕事

・[各職種の仕事一覧]術前編

・[各職種の仕事一覧]術中編

・[各職種の仕事一覧]術後編

【エピローグ】

・周術期管理はチーム医療

一人ひとりの自覚とチーム意識が大事

・おわりに

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:32.3MB以上(インストール時:67.2MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:129.3MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:32.3MB以上(インストール時:67.2MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:129.3MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784840481885
  • ページ数:152頁
  • 書籍発行日:2023年6月
  • 電子版発売日:2023年6月6日
  • 判:A5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。