• m3.com 電子書籍
  • 国際学会English スピーキング・エクササイズ 口演・発表・応答 音声DL付

国際学会English スピーキング・エクササイズ 口演・発表・応答 音声DL付

  • ページ数 : 120頁
  • 書籍発行日 : 2023年6月
  • 電子版発売日 : 2023年6月26日
¥3,300(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 60pt ( 2 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

聴いて・話して・English!
音声データがダウンロード対応となり,便利になりました!


●リスニング,スピーキングは実践的な英語力を身につけるために不可欠なエクササイズ.実際の口演やディスカッションを収録した音声を聴き,話すことで,どんなシチュエーションでも物怖じしない“本物の英語力”が身につきます!
●大事なポイントは日本語で解説.使われている英語も平易なので,初心者でも安心して読むことができます.
・本書は2010年発行の『国際学会English スピーキング・エクササイズ 口演・発表・応答 音声CD付』の音声CDの内容がダウンロード対応になったものです.書籍本文の内容は変わりません.また,本書にはCDは付きません.

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版
PCブラウザ閲覧では音声再生には対応しておりません。

序文

Introduction

Oral presentations have become one of the main ways of transmitting research results and an essential tool for professionals in a variety of fields.They are also important for graduate students and,to a lesser extent,undergraduates.

This book aims at meeting the needs of presenters who are non-native speakers of English.It is based on the author's experience of teaching presentation skills at universities and institutes in Japan over a period of twenty five years.During that time,I have noted a significant improvement in presentations given by Japanese presenters,but problems remain and,in my opinion,these are not simply matters of grammar or pronunciation.In fact,they are far more serious.For example,many presentations lack a clear framework,conform more to the rules of a written paper than an oral presentation,and do not distinguish between foreground and background.

In this book,I focus on ways of overcoming these and other problems.My approach is a linguistic one and I concentrate on the English you need to present your data.There are many example sentences and vocabulary items that you can use to improve your presentation and make your data more convincing.This book comes with a CD and has exercises that will help you to improve your speaking and listening ability,and also remember the key sentences and vocabulary presented here.It has four complete example introductions and three complete example conclusions.There are several quick guides that provide easy access to the language you need.Additionally,there is one interview with an experienced presenter and ten thought-provoking topics on presentations that introduce useful techniques.

You can use this book as a reference when you are preparing your next presentation and also as a textbook for improving your speaking and listening skills.

目次

Introduction

Acknowledgments


Part1 Starting your presentation

1 You need a framework

2 Example Introduction 1

3 Example Introduction 2

4 Example Introduction 3(Part1)

5 Example Introduction 3(Part2)

6 Example Introduction 4

Quick Guide 1: Starting your presentation-Key Sentences

Quick Guide 2: Starting your presentation-Key Vocabulary


Presentation Techniques: Discussion

Part2 How to handle the main body of your presentation

1 Starting a new section

2 Focusing on important points in a section

3 Finishing sections with a short summary

4 Signaling the end of a section

5 Movement within a presentation

6 Using questions in the main body

7 Contrasting known information and new information

8 How to introduce graphics in a dynamic way

Part3 How to handle conclusions

1 Advice for effective conclusions

2 Example conclusion 1

3 Example conclusion 2

4 Example conclusion 3

Quick Guide 3: How to handle conclusions-Key Sentences

Part4 The question and answer session

1 How to handle questions

2 Defining question types


Presentation Topics


1 What makes a good presentation?

2 If you could get people to do one thing differently in their presentations,what would it be?

3 No two specialists are alike

4 What is obvious to you,may not be obvious to your audience

5 How sticky is your presentation?

6 Poster previews

7 Buzz sessions

8 Networking receptions

9 Clarity: How to simplify and rephrase complex information

10 Less is more

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:106.5MB以上(インストール時:216.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:425.8MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:106.5MB以上(インストール時:216.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:425.8MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、m3.com電子書籍アプリが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784263433683
  • ページ数:120頁
  • 書籍発行日:2023年6月
  • 電子版発売日:2023年6月26日
  • 判:A5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。