• M2PLUS
  • 若手心エコーフェローが教える心エコーのみかた

若手心エコーフェローが教える心エコーのみかた

  • ページ数 : 198頁
  • 書籍発行日 : 2023年7月
  • 電子版発売日 : 2023年7月18日
¥5,280(税込)
ポイント : 96 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

心エコーがうまくなりたい若手医師のための1冊!

「心エコーがうまくできるようになりたいけど,身近に聞ける先輩がいない!」そんなときにぴったり! 勘と経験がものをいう心エコー手技を,基礎から豊富な画像と動画でわかりやすく解説した“読む指導医”.3D的な心臓の構造の理解・どうプローブを動かし計測すれば正常の心エコーが撮れるか,心不全や弁膜症をはじめ,診療で必ず出会う各種疾患・病態の評価について実践的に学べる.

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

PREFACE

心エコーができるようになりたい.

多くの研修医,循環器専修医,そして臨床検査技師がそのようなモチベーションを持っていることだと思います.しかし,いざプローブを胸に当てても,先輩のような綺麗な画像にならずどう動かしたらよいかわからない,何か病気のようだけど,次に何の画像を撮ったらいいかわからない,気楽に質問できる「お兄さん・お姉さん」的な先輩も周りにいない.こうして,心エコーは難しい,自信がない,やめてしまおう,という気持ちになりがちです.

この本はまさに,心エコーを始めようと思ったけれど,うまくいかない,という状況にある皆さんのお役に立ててもらえたらと思って企画しました.心エコー図学会の若手組織である「若手心エコーフェローの会」のメンバーにも多く声をかけ,実際に現場で手を動かしている,今,日本の心エコーの世界で最も脂の乗った執筆陣となりました.心エコーには,学問としての側面もありますが,実際には勘と経験がものをいう,現場力の試される手技という側面もあります.本書が,いつも現場にいる,頼りになるお兄さん・お姉さんのような存在として機能するように願っています.

第1章「心エコーの基本と心機能評価」では,3D的な心臓の構造を理解して,どうプローブを動かし,計測すれば正常の心エコーが撮れるかを学びます.第2章「基本疾患」では,冠動脈疾患と心不全を中心に病的心の心機能評価を,第3章「弁膜疾患」では,心エコー検査の花形である弁膜症の評価を,第4章「その他の疾患」では,必ず出会う困った疾患の評価を学びます.付録の「Visual LVEF 10本ノック」では様々な心臓を実際にながめて,左室駆出率評価の客観的な感覚を身につけられるようにしました.

執筆陣には,なるべく多くの動画を用意してもらいました.他の画像検査と違う,心エコーの最も重要な特徴は動画です.静止画だけを学んでも,絶対に心エコーができるようにはなりません.2次元コードで簡単に動画が見られるようになっているのが本書の大きな特徴です.ぜひスマホ片手に動画を見てみてください.

また,疾患編では実際の症例に基づく診断プロセスから経過までをまとめてもらいました.「心エコーは臨床心臓病学である」とは,故吉川純一先生の言葉だと聞いていますが,正しく診断するには,目の前の心エコー所見が,治療を含めたその後の経過にどう関係するかを知らないといけません.心エコーが少し取れるようになってきたら,「意味のある」エコーが取れるように,症例の流れを学んでもらえることを祈っています.

本書の構成にあたっては,何より,現場の最前線でとても忙しい中素晴らしい原稿をくださった若手メンバーに心からの感謝を捧げます.また,中外医学者の編集者様方,とくに声をかけてくださった五月女様,実際に素晴らしい助言と校正をいただいた上村様,上岡様のご尽力がなければ,本書は存在しませんでした.心から感謝を申し上げます.

本書が多くの初学者,初心者の役に立ち,心エコーって面白い,と思ってもらえれば,編者としてこれ以上の喜びはありません.


2023年6月

鍵山暢之

目次

chapter 1 心エコーの基本と心機能評価

 section 01 基本断面をマスターする:3D構造と基本断面 〈佐藤希美〉

  1.基本断面の描出法:アプローチ部位

  2.基本断面の描出法:傍胸骨からの評価

  3.基本断面の描出法:心尖部断面

  4.基本断面の描出法:心窩部

 section 02 基本計測をマスターする:Bモード法 〈三好達也〉

  1.左室径の計測

  2.左室容積ならびに左室駆出率の計測

  3.左房径ならびに左房容積の計測

  4.右室径ならびに右室面積の計測

  5.大動脈径の計測

  6.下大静脈径の計測

 section 03 基本計測をマスターする:Mモード法とドプラ法 〈西條良仁 山田博胤〉

  1.Mモード法

  2.ドプラ法

 section 04 拡張能評価とは 〈小保方 優〉

  1.病態

  2.Key断面と計測

 section 05 経食道心エコー:検査の準備と実践,基本断面 〈佐々木俊輔〉

  1.検査前の確認事項

  2.検査の主な準備とプローブ挿入

  3.検査手順

chapter 2 基本疾患

 section 01 症状に応じた心エコー図検査 〈辻永真吾〉

  1.胸痛

  2.息切れ

  3.動悸

  4.失神

  5.浮腫

 section 02 冠動脈疾患 〈綱本浩志〉

  1.病態

  2.Key断面と計測

  3.心筋梗塞の責任血管を推定する

  4.心筋梗塞の合併症

  5.症例

  6.心エコー図診断とマネージメント

  7.冠動脈疾患に対する負荷心エコー

 section 03 左室駆出率の低下した心不全 〈菅原政貴〉

  1.病態

  2.Key断面と計測

  3.心エコー図によるHFrEFへの治療アプローチ

  4.症例

 section 04 左室駆出率の保たれた心不全 〈小保方 優〉

  1.病態

  2.Key断面と計測

  3.心エコー図によるHFpEFへの治療アプローチ

  4.症例

  5.心エコー図診断とマネージメント

  6.HFpEFの早期診断:運動負荷心エコー図検査

 section 05 肥大型心筋症 〈泉 佑樹〉

  1.病態

  2.Key断面と計測

  3.症例

  4.心エコー図診断とマネージメント

 section 06 心アミロイドーシス 〈天野雅史〉

  1.病態

  2.Key断面と計測

  3.症例

  4.心エコー図診断とマネージメント

 section 07 心臓サルコイドーシス 〈天野雅史〉

  1.病態

  2.Key断面と計測

  3.症例

  4.心エコー図診断とマネージメント

chapter 3 弁膜疾患

 section 01 僧帽弁逆流症 〈西野 峻〉

  1.病態

  2.Key断面と計測

  3.症例

 section 02 僧帽弁狭窄症 〈加藤奈穂子〉

  1.病態

  2.Key断面と計測

  3.症例

  4.心エコー図診断とマネージメント

 section 03 大動脈弁逆流症 〈佐藤如雄〉

  1.病態

  2.Key断面と計測

  3.手術適応

  4.症例

  5.心エコー図診断とマネージメント

 section 04 大動脈弁狭窄症 〈仙石薫子〉

  1.病態

  2.Key断面と計測

  3.症例

  4.心エコー図診断とマネージメント

 section 05 三尖弁逆流症 〈原田 侑〉

  1.病態

  2.Key断面と計測

  3.症例

  4.心エコー図診断とマネージメント

chapter 4 その他の疾患

 section 01 大動脈疾患 〈岡田大司〉

  1.病態

  2.Key断面と計測

  3.症例

  4.心エコー図診断とマネージメント

  5.症例のその後

 section 02 肺塞栓症と肺高血圧症 〈望月泰秀〉

  病態

  急性肺塞栓症

  1.Key断面と計測

  2.症例

  3.心エコー図診断とマネージメント

  慢性血栓塞栓性肺高血圧症

  1.Key断面と計測

  2.症例

  3.心エコー図診断とマネージメント

 section 03 心房細動 〈山下健太郎〉

  1.病態

  2.Key断面と計測

  3.症例

  4.心エコー図診断とマネージメント

 section 04 心膜液貯留 〈坂本考弘〉

  1.病態

  2.Key断面と計測

  3.症例

  4.心エコー図診断とマネージメント

コラム 〈鍵山暢之〉

  インターベンショナル・エコーカルディオロジー

  学会発表

  若手心エコーフェローの会

  心エコーの再現性と人工知能

  研究と論文

 appendix 01 基準値リスト

 appendix 02 Visual LVEF 10本ノック

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:20.0MB以上(インストール時:45.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:80.0MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:20.0MB以上(インストール時:45.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:80.0MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784498137165
  • ページ数:198頁
  • 書籍発行日:2023年7月
  • 電子版発売日:2023年7月18日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。