内分泌代謝疾患クリニカルクエスチョン100 改訂第2版

  • ページ数 : 230頁
  • 書籍発行日 : 2023年6月
  • 電子版発売日 : 2023年8月4日
¥5,940(税込)
ポイント : 108 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

内分泌代謝専門医をめざす若手医師らにアンケートをとり,特にここが知りたい,わかりにくいという点を100選出し,ChapterごとにCQ形式でまとめ,エキスパートの執筆陣がわかりやすく簡潔に解説.
改訂第2版では18のCQを入れ替え,すべての項目で最新のガイドラインや診療指針の最新版の反映.内分泌の専門医をめざす医師のみならず,内分泌疾患の診療にたずさわっている医師がつねに手元において,日常診療に活用できる!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

序文(改訂第2 版)

内分泌疾患は臓器別に多様な疾患があるが,患者数が比較的少なく,専門医数も多いとはいえない.そのため,実際に症例を経験した場合,系統的かつアップデートされた内容の専門書が必須である.編者らは内分泌代謝疾患の診療水準向上を目的として2007 年4 月に,シリーズの第1号となる『内分泌代謝専門医ガイドブック』の初版を刊行した.その後,改訂を重ねるとともに,臓器別,病態別の書籍を企画し,これまで合計18 編の内分泌シリーズを刊行し,累積刊行数は6万冊を超える.シリーズの一つとして,2014 年に刊行したのが『内分泌代謝疾患クリニカルクエスチョン100』である.内分泌代謝専門医をめざす若手医師らにアンケートをとり,特に要望の多かったポイントを100 選出し,視床下部・下垂体から消化管までのセクションごとに,クリニカルクエスチョンを整理し,各々をエキスパートの執筆陣に平易に解説いただく形式とした.しかし刊行後約10 年が経過し,その間,内分泌疾患の診断・治療も大きく変貌したことから,この度,大幅に改訂し,改訂第2 版として出版することとなった.今回の改訂で新規追加したテーマの概要は下記のとおりで,合計18 のCQ を大幅に入れ替えアップデートを図った.・下垂体:免疫チェックポイント阻害薬の副作用,TSHoma の診断・甲状腺:免疫チェックポイント阻害薬の副作用,甲状腺がんの分子標的薬治療,遺伝性甲状腺がん,先天性甲状腺機能低下症,小児発症Basedow 病,中枢性甲状腺機能低下症の診断・副甲状腺・骨代謝:骨粗鬆症の休薬時の対処法,ロモソズマブの適応,FGF23 依存性低リン血症性くる病・骨軟化症の治療・副腎:副腎偶発腫瘍,副腎静脈サンプリングの留意点,褐色細胞腫・パラガングリオーマの再発・転移リスク,カテコールアミン合成阻害薬の適応,両側副腎褐色細胞腫の手術適応・神経内分泌腫瘍,多腺性・遺伝性内分泌疾患:分類・診断・治療・その他:ガイドラインや診療指針の最新版の反映,用語やWHO 分類の改訂の要点

内分泌の専門医をめざす医師のみならず,糖尿病・内分泌代謝疾患の診療に従事する医師が,実際の患者で経験するクリニカルクエスチョンの解決の一助となれば幸いである.また,多忙にもかかわらず,改訂および新規項目の執筆を担当いただいた先生方に改めて心より感謝申し上げる次第である.


2023年5月

医仁会武田総合病院内分泌センター・臨床研究センター センター長
国立病院機構京都医療センター臨床研究センター 客員研究員
京都大学大学院医学研究科 客員研究員
成瀬光栄

目次

Chapter 1 下垂体

CQ1 先端巨大症の薬物療法を具体的に教えてください 髙橋 裕

CQ2 Cushing 病,偽性Cushing 症候群,異所性ACTH 症候群の鑑別診断法は? 福岡秀規,髙橋 裕

CQ3 下錐体静脈洞サンプリングの実施適応・方法と判定法は? 山田正三

CQ4 Cushing 病の薬物療法のコツは? 山本直希,福岡秀規

CQ5 原発巣不明の異所性ACTH 症候群の病変検索法は? 山本雅昭

CQ6 高プロラクチン血症の鑑別診断と治療は? 大月道夫

CQ7 下垂体疾患のトランジション治療のポイントは?安藏 慎,長谷川奉延

CQ8 成長ホルモン分泌不全性低身長症の診断基準と治療は?上牧 務,長谷川奉延

CQ9 成人成長ホルモン分泌不全症の診断基準と治療は? 髙橋 裕

CQ10 自己免疫性下垂体炎の病態と診断,治療は? 坂東弘教,髙橋 裕

CQ11 中枢性尿崩症の診断と治療は? 有馬 寛

CQ12 低ナトリウム血症の鑑別診断における検査手順と治療は?藤沢治樹,椙村益久

CQ13 SIADH の病態と治療法は? 石原裕己

CQ14 下垂体MRI の読み方のポイントは? 藤澤一朗

CQ15 下垂体腫瘍の鑑別診断と手術適応は? 西岡 宏

CQ16 どんなときに下垂体癌を疑う必要がある? 藤尾信吾

CQ17 免疫チェックポイント阻害薬関連下垂体炎の特徴は?紙谷史夏,髙橋 裕

CQ18 TSHoma の診断と治療のポイントは? 磯﨑 収,吉原 愛 41+

Chapter 2 甲状腺

CQ19 妊娠に伴う甲状腺機能の変動は? 荒田尚子

CQ20 潜在性甲状腺機能亢進症の鑑別診断と治療方針は? 伊藤 充

CQ21 甲状腺機能亢進症で抗TSH 受容体抗体が陰性の場合はどうする?田上哲也

CQ22 抗甲状腺薬によるANCA 関連血管炎の診断と治療のポイントは?渡邊奈津子

CQ23 Basedow 病における131I 内用療法の適応と投与線量の決定法は?山瀬喬史

CQ24 甲状腺クリーゼの診断基準と治療は? 西原永潤

CQ25 甲状腺眼症におけるステロイドパルス療法の具体的なプロトコールは? 村上 司

CQ26 アミオダロン誘発性甲状腺機能異常症の診断と治療は?豊田長興,丸岡あずさ,野村惠巳子

CQ27 免疫チェックポイント阻害薬による甲状腺機能異常の種類と診断法は? 立木美香

CQ28 亜急性甲状腺炎と橋本病の急性増悪の鑑別のポイントは? 田上哲也

CQ29 亜急性甲状腺炎の治療はNSAIDs でよいか? 田上哲也

CQ30 どんなときにIgG4 関連甲状腺炎を考えるか? 覚道健一

CQ31 SITSH の鑑別診断の進め方は? 林 良敬

CQ32 潜在性甲状腺機能低下症の治療方針は? 田上哲也

CQ33 粘液水腫性昏睡の診断基準と治療は? 大野洋介,田中祐司

CQ34 10 mm 以下の甲状腺腫瘤は細胞診をすべき? 伊藤康弘

CQ35 甲状腺穿刺吸引細胞診で不適正となった場合の対処法は? 菅間 博

CQ36 甲状腺の内視鏡手術の適応は? 北村守正

CQ37 放射線被ばくと甲状腺疾患の関連についての説明方法は? 志村浩己

CQ38 甲状腺がんにおける分子標的薬の適応は? 正木千恵

CQ39 遺伝性甲状腺癌とは? 筒井英光

CQ40 先天性甲状腺機能低下症の治療方針は? 阿部清美,長谷川奉延

CQ41 小児発症Basedow 病の治療方針は? 南谷幹史

CQ42 どんなときに中枢性甲状腺機能低下症を疑うか? 菅原 明

Chapter 3 副甲状腺・骨代謝

CQ43 原発性副甲状腺機能亢進症の内科的治療は? 槙田紀子

CQ44 画像で副甲状腺腫大を確認できない原発性副甲状腺機能亢進症の治療方針は? 遠藤逸朗

CQ45 腎機能低下を伴う高カルシウム血症の鑑別診断は? 鈴木敦詞

CQ46 血中intact PTH 濃度は高値,血清Ca 濃度は基準値内のとき,診断の進め方は? 鈴木敦詞

CQ47 PTH 非依存性の高カルシウム血症の鑑別診断の進め方は? 髙士祐一

CQ48 悪性腫瘍に伴う高カルシウム血症の初期治療は? 井上大輔

CQ49 高カルシウム血症クリーゼの治療は? 井上玲子,井上大輔

CQ50 副甲状腺機能低下症では活性型ビタミンD3 とカルシウム製剤を併用すべき? 福本誠二

CQ51 骨粗鬆症の薬物治療の開始時期は? 山内美香

CQ52 骨粗鬆症治療における注意すべきビスホスホネート製剤やデノスマブの有害事象は? 山本昌弘

CQ53 骨粗鬆症においてビスホスホネート製剤はいつまで続けるのか?山本昌弘

CQ54 骨粗鬆症においてデノスマブ休薬が必要となった場合の対処法は? 山内美香

CQ55 骨粗鬆症におけるテリパラチドの適応は? 髙士祐一

CQ56 骨粗鬆症におけるロモソズマブの適応と注意点は? 遠藤逸朗

CQ57 Cushing 症候群における骨粗鬆症の術前・術後の治療方針は?岡田洋右

CQ58 ステロイド治療中の骨粗鬆症の評価と治療は? 岡田洋右

CQ59 どんなときに骨軟化症を疑う必要がある? 竹内靖博

CQ60 骨軟化症の症候・画像の特徴的所見と診断の進め方は? 伊東伸朗

CQ61 FGF23 依存性低リン血症性くる病・骨軟化症におけるブロスマブの適応は? 後藤広昌

Chapter 4 副 腎

CQ62 副腎偶発腫の鑑別診断の進め方は? 方波見卓行,池田七海

CQ63 原発性アルドステロン症の機能確認検査の種類と特徴は?成瀬光栄,立木美香

CQ64 副腎静脈サンプリング(AVS)の技術的留意点は? 南 哲弥

CQ65 副腎静脈サンプリング(AVS)の判定基準は? 成瀬光栄,立木美香

CQ66 デキサメタゾン抑制副腎シンチグラフィの実施方法と診断的有用性は? 田辺晶代

CQ67 Cushing 症候群の周術期および術後のステロイド補充療法は?方波見卓行,竹本彩夏

CQ68 副腎性サブクリニカルCushing 症候群の手術適応は?立木美香,成瀬光栄

CQ69 PMAH(PBMAH)における異所性受容体の検査はどこまで必要?鈴木佐和子,田中知明

CQ70 PMAH(PBMAH)によるCushing 症候群の治療方針は?鈴木佐和子,田中知明

CQ71 副腎皮質機能の評価におけるCRH 試験と迅速ACTH 試験の使い分けは? 大月道夫

CQ72 外因性ステロイドが血中ACTH,コルチゾール測定値に及ぼす影響は? 曽根正勝

CQ73 重症ストレス時の副腎クリーゼの評価・判定法,急性期のステロイド投与量は? 蘆田健二,永山綾子

CQ74 先天性副腎過形成の移行期・成人期の補充療法は? 柳瀬敏彦

CQ75 褐色細胞腫・パラガングリオーマ(PPGL)で病変を複数認めた場合の多発性と転移性との鑑別法は? 小笠原辰樹,緒方大聖,武市幸奈

CQ76 再発・転移リスクが高い褐色細胞腫・パラガングリオーマの臨床像は? 曽根正勝

CQ77 遺伝性褐色細胞腫・パラガングリオーマのドライバー遺伝子の種類と解析実施の臨床的ベネフィットは? 與那嶺正人,竹越一博

CQ78 褐色細胞腫・パラガングリオーマにおけるカテコールアミン合成阻害薬の適応は? 立木美香

CQ79 褐色細胞腫における高血圧クリーゼの診断と治療は?立木美香,成瀬光栄

CQ80 両側副腎褐色細胞腫の手術適応と手術術式は? 滝澤奈恵,木下秀文

CQ81 Bartter 症候群とGitelman 症候群の違いは? 谷口義典,寺田典生

Chapter 5 膵消化管ホルモン,神経内分泌腫瘍,多腺性・遺伝性内分泌疾患

CQ82 グルカゴンの生理的役割と糖尿病における意義は? 北村忠弘

CQ83 インクレチンの生理作用と治療応用は? 加藤俊祐,山田祐一郎

CQ84 低血糖の鑑別:インスリノーマの診断プロセスおよび反応性低血糖の鑑別のポイントは? 辻野元祥

CQ85 どんなときにIGF‒Ⅱ産生腫瘍を疑う? 福田いずみ

CQ86 高ガストリン血症を示す病態や薬剤にはどのようなものがある?土井隆一郎

CQ87 どんなときにグルカゴノーマを疑う必要があるか? 辻野元祥

CQ88 多発性内分泌腫瘍症(MEN)の鑑別診断と治療は? 櫻井晃洋

CQ89 膵消化管神経内分泌腫瘍の分類,診断のポイントは? 伊藤鉄英

CQ90 膵消化管神経内分泌腫瘍の治療アルゴリズムは? 伊藤鉄英

CQ91 カルチノイド腫瘍と神経内分泌腫瘍(NET)はどう違うか?覚道健一

CQ92 自己免疫性多内分泌腺症候群の主要な疾患は? 伊藤光泰

CQ93 代表的な遺伝性内分泌代謝疾患の遺伝子異常と病態は? 伊澤正一郎

Chapter 6 性 腺

CQ94 中枢性性腺機能低下症の原因と鑑別のポイントは? 田島敏広

CQ95 女性におけるHRT の実施方法は? 岩下光利

CQ96 無月経をみた場合に内科医がすべき検査は? 福田いずみ

CQ97 男性の性腺機能低下の検査の進め方は? 北原聡史

CQ98 性染色体異常による代表的疾患とその診断法は? 福田いずみ

CQ99 男性低ゴナドトロピン性性腺機能低下症の補充療法は? 石坂和博

CQ100 男性低ゴナドトロピン性性腺機能低下症における骨粗鬆症の治療法は? 石坂和博

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:9.2MB以上(インストール時:25.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:36.9MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:9.2MB以上(インストール時:25.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:36.9MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784787880901
  • ページ数:230頁
  • 書籍発行日:2023年6月
  • 電子版発売日:2023年8月4日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。