• m3.com 電子書籍
  • チャイルドヘルス 2023年 Vol.26 No.9【特集】知ってる?子どものアドボカシー

チャイルドヘルス 2023年 Vol.26 No.9【特集】知ってる?子どものアドボカシー

  • ページ数 : 82頁
  • 書籍発行日 : 2023年8月
  • 電子版発売日 : 2023年9月1日
¥1,870(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 34pt ( 2 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

知っているようでよく知らない!?
そんなアドボカシー を幅広く横断的な視点で捉えた本号で,子どものアドボカシーのためにできることをぜひ掴んでください!

序文

特集:知ってる? 子どものアドボカシー


アドボカシーという言葉に出会ったのは,学生の頃のことです。初期研修をすることになる病院の見学中に,小児科部長の先生が「アドボカシーって知ってる? 子どもの代弁者ということだよ」と教えてくださりました。アドボカシー=子どもの代弁者というぼんやりとした印象のまま,10数年過ぎましたが,それについて学ぶ機会はありませんでした。そして2020年,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行です。そのなかで,学校の一斉休校がいきなり決定されたとき,「子どもって弱いな」と痛感し,同時に頭の中にアドボカシーという言葉が強烈に鳴り響きました。小児感染症専門家として,COVID-19流行の下,子どものアドボカシーが必要な場面を多く経験しました。すると,いつのまにか,子どものアドボカシーは,小児科医の私にとって何よりも重要な核となり,小児科医のアドボカシーを学ぶために,アメリカに留学する羽目になりました。

そんな私が企画した子どものアドボカシーですが,目論見どおり,皆さん似ているようで少しずつ異なる目線で,豊かにアドボカシーを語ってくれました。幅広く横断的な視点を提示してくれた執筆者の方々のおかげで,ぼんやりですが,アドボカシー=子どもの代弁者で終わらせない,明日から自分でも実践できる何かに変換できると思います。ぜひ通読して,明日からの生活に役立てていただきたいです。


(あいち小児保健医療総合センター総合診療科/伊藤健太)

目次

My オピニオン

1 「こどもまんなか」という発想の転換 自見はなこ

特集:知ってる? 子どものアドボカシー

企画の言葉 伊藤健太

1 なぜいま子どものアドボカシーなのか? 伊藤健太

2 小児科医と子どものアドボカシー~病院勤務医の視点から~ 利根川尚也

3 小児科医と子どものアドボカシー~地域医療の視点から~ 関口志乃,工藤紀子,仲島大輔

4 アメリカ小児科レジデント研修におけるアドボカシー教育 轡田志穂

5 虐待と子どものアドボカシー 小橋孝介

6 福祉と子どものアドボカシー 堀 正嗣

7 保健と子どものアドボカシー 堀内清華

8 教育と子どものアドボカシー 住友 剛

9 貧困と子どものアドボカシー 武内 一

10 これからの子どものアドボカシー~子どもの医療・保健にかかわる専門職が子どものこえを社会の声にするために~ 余谷暢之

連載

奮闘するパパ,揺れるパパ~子育ての現代と神話の荒波にもまれる父親~ 第9回

父親の母親化 ~授乳以外は何でもできるパパがいい?~ 渡邊大地

~子どもの今と将来を支える~社会保障制度と関連するしくみ 第11回

成年後見制度 渡部 伸

子どもに漢方薬を使ってみよう 第21回

夜泣き,夜尿症,発達障害に使える漢方薬 中島俊彦

子どものための本屋さん 第20回

くじけない絵本たち 茅野由紀

教えて! あなたの好きなこと

育児Q&A

日中眠らない子 坂本昌彦

海外文献の紹介

小児期のポジティブ経験は,成人になってからの精神的・身体的健康状態をよくする 榊原洋一

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:15.3MB以上(インストール時:33.2MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:61.2MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:15.3MB以上(インストール時:33.2MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:61.2MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、m3.com電子書籍アプリが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784015302609
  • ページ数:82頁
  • 書籍発行日:2023年8月
  • 電子版発売日:2023年9月1日
  • 判:AB判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。