• m3.com 電子書籍
  • 総合内科 診断道場 目指せジェネスペリスト! 直感&分析的な思考力が身につく

総合内科 診断道場 目指せジェネスペリスト! 直感&分析的な思考力が身につく

  • ページ数 : 480頁
  • 書籍発行日 : 2023年5月
  • 電子版発売日 : 2023年9月8日
¥5,940(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 108pt ( 2 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

●帰してはいけない危険な異変をどう見破るか?
●総合内科専門医が後輩に伝えたい選りすぐりの60疾患
●多彩な疾患ひしめく外来・救急当直でも自信がもてる!


専門外でも、経験が浅くとも! 医師としてやはりちゃんと診断したいという人に届けたい1冊です。本書は、著者がこれまでに出遭った症例のなかから、診断に苦労したもの、よくみる重要な疾患、他診療科とのはざまの疾患などを厳選した全60ケースを掲載。診断や治療に至るまでのプロセスを自分で考え、たった1冊で幅広い内科症例を「擬似体験」することができる問題集です。患者情報や臨床所見(問診・検査・画像)から最初に気付きたい異変、そこから実際に確診に至るまでの具体的なプロセス、治療中の経過や転帰までもがわかるので、まるで指導医が隣にいるかのようなリアルな臨床体験を味わえます。主治医になったつもりで、いざ、ご挑戦あれ!

序文

はじめに

「内科」という分野は実に広い。しかも私が研修医であった頃に比べて,医学の進歩により診断や治療に必要な知識も膨大な量となってきており,これから内科を学んでいこうとする人たちは,どこをとっかかりにして勉強していけばよいのかと,途方に暮れることもあるかもしれない。本書は実際にあった症例を提示し,読者のみなさんに診断や治療に至るまでのプロセスを自分で考えていただき,効率良く幅広い内科症例を擬似体験することができる問題集である。自分で診断や治療を考えたあとで,実際にその症例を担当した医師の視点からどのように診療したかについての解説を加え,一般論としてその疾患の周辺知識も整理している。症例は実際に私の勤務する病院で経験したものばかりであり,診断に難渋したものだけではなく,当然頻度の高い重要な疾患や内科と他科との境界領域疾患なども含めて,幅広くカバーした60症例である。60 症例ではあるが,一つひとつを丁寧に診ていく癖がつくよう解説している。若い時期ほど,臨床医として大切なものは,経験数ではなくて丁寧に患者さんを診る姿勢であり,それによってはじめて疾患に対する深い理解が可能になると思っている。この60症例を擬似体験しながら,解説を読んで疾患を診ていくための基本的な考え方を身に着けていっていただければ,通常の一般病院における一般内科医あるいは総合内科医としてのセンスが養えるのではないかと考える。

近年は,内科領域も,循環器内科,呼吸器内科,消化器内科,腎臓内科,糖尿病内科,神経内科,膠原病内科など,多くのサブスペシャリティに細分化され,自分の専門領域以外の疾患については対応困難であると,開き直って意思表示している医師も多い。しかし実際のところ,どの地域にもそれぞれの分野の専門医師あるいは総合内科医がまんべんなく配置されているわけではなく,自分の専門分野以外の疾患についても幅広い内科の知識をもって初期診療を行い,そののちに適切な専門医へと連携するぐらいのことができなければ,地域医療のニーズには応えていけないのが現状である。そのような流れのなかで,最近では,さまざまなサブスペシャリティの分野の医師同士で勉強会をしながら,できるだけ自分の診療できる分野を広げ,全身が診られる医師を目指そうとする“ ジェネスぺリスト” とよばれる人たちも出てきている。私は,内科診療が多くの分野に細分化された今こそ,スペシャリストとしての視点をもちながらジェネラリストとしても診療にあたれる医師が地域医療を牽引していくのではないかと考えている。

私自身はこれまで医師として約35年にわたり,サブスペシャリティである消化器内科,肝臓内科疾患のみならず,さまざまな内科疾患の診療に関わってきた。内科を専攻したために,本当に多岐にわたる疾患を経験することができ,治療がうまくいって元気になられた場合には多くの患者さんに喜んでいただけた。振り返ると,このようなすばらしい仕事にめぐりあえて自分は本当に幸せだったと思っている。そして,いままで充実してきた自分の職場人生から得られた喜びを,ぜひ,次世代の医師たちにも伝えておきたいという思いから,最初は「Dr. Tomの内科症例検討道場」として電子書籍の形で出していた。その後,出版社じほう様からこれを書籍の形にしてはどうかとの提案をいただき,このたびの出版に至った。本書で勉強していただき,実際の臨床現場で一人でも多くの若い医師が,内科医として働いていることに対する喜びと充実感を感じていただければ,著者としてそれ以上の喜びはない。

本書を制作するにあたっては数多くの先生方から御助言いただきました。貴重な症例をご紹介いただき専門知識をご教授いただいた京都済生会病院副院長 石橋一哉先生,吉岡慎二先生,画像読影などで御助言いただいたIVRセンター長 秋本和美先生,そのほか,当院の消化器内科,循環器内科,呼吸器内科,腎臓内科,糖尿病内科,血液内科,脳神経内科の先生方,さらに境界領域疾患については消化器外科,整形外科,脳神経外科,泌尿器科,産婦人科,皮膚科など数多くの先生方にお世話になりました。ここにあらためて感謝申し上げます。


2023年4月

中島 智樹

目次

Case 1 車を運転中の急な心窩部痛

Case 2 長引く息苦しさが増悪した高齢女性

Case 3 食欲不振と高熱の高齢女性

Case 4 なかなか治らない肺炎を呈する発熱患者

Case 5 著しい右季肋部痛で深呼吸しにくい若年女性

Case 6 連日高熱が続く若年女性

Case 7 心窩部、右背部~側胸部痛があり、咳嗽時には激痛が走る

Case 8 高熱が治まってからも持続する高度炎症反応

Case 9 倦怠感で他科から内科精査を依頼された高齢男性

Case 10 進行胃癌に対する化学療法施行中に生じた心窩部痛と発熱

Case 11 右腰部の痛みと圧迫感、高熱を訴える男性

Case 12 手足に力が入らず動けなくなった高齢女性

Case 13 肺炎で病室への入室後に呼吸苦を訴えた男性

Case 14 間欠的な臍周囲痛が増悪した女性

Case 15 起床後から元気がなく、ぐったりしているところを発見された高齢女性

Case 16 発熱と嘔気を主訴に発症した中年女性

Case 17 左第1趾疼痛を主訴に来院した男性

Case 18 動こうとしなくなった高齢女性

Case 19 貧血既往がある女性の頭痛と倦怠感

Case 20 口内の苦みと倦怠感を訴える高齢女性

Case 21 3日前から倦怠感が現れ発熱を呈した高齢男性

Case 22 深夜に抗精神病薬投与後、昼過ぎまで覚醒しない高齢女性

Case 23 起床後、両下肢に力が入らず救急搬送された男性

Case 24 改善しないふらつきを主訴に来院した高齢女性

Case 25 持続する微熱と頸部痛を訴える高齢男性

Case 26 心肺蘇生で意識回復後に生じた高熱

Case 27 嘔吐、下痢で発症し、他院での処方で良くならない腹痛

Case 28 左足の腫脹が日増しに悪化し来院した男性

Case 29 覚醒不良とバイタル悪化により救急搬送された高齢女性

Case 30 解熱後、口渇と体重減少で受診した中年女性

Case 31 血便や顔面の出血が現れた高齢男性

Case 32 2カ月前から失神発作を繰り返す高齢男性

Case 33 歩行が困難になるほどの全身倦怠感を訴える高齢男性

Case 34 両側大腿部痛と高熱を呈した男性

Case 35 3日前に黄疸が出現した高齢女性

Case 36 刺すような心窩部痛で救急受診した男性

Case 37 明け方の業務中に生じた5分間の意識消失

Case 38 発熱と歩行時の息切れを訴えて来院した男性

Case 39 高熱を伴う感冒症状のあと下痢、嘔吐で救急受診した女性

Case 40 増悪する胸痛、背部痛を主訴に来院した女性

Case 41 治療で改善しない高熱と皮疹

Case 42 心窩部痛を訴える女性

Case 43 運動中に喘鳴と全身皮疹で救急受診した女性

Case 44 複視が徐々に増悪し来院した男性

Case 45 頭部受傷後の倦怠感、意識レベル低下を呈した男性

Case 46 労作時の息切れを主訴に来院した高齢男性

Case 47 発熱と呂律困難の高齢男性

Case 48 食後に心窩部痛が出現した女性

Case 49 胸部不快感を訴えて救急受診した高齢女性

Case 50 検尿の異常で来院した男性

Case 51 起床時に下腿に力が入らず救急要請した女性

Case 52 歩きづらいほどの息切れが増悪し受診した高齢女性

Case 53 倒れているところを発見された高齢女性

Case 54 左耳下部の腫脹に気付き受診した女性

Case 55 長引く倦怠感と食欲不振を主訴に来院した女性

Case 56 食後に増悪する心窩部痛の女性

Case 57 発熱後、四肢や顔に力が入らなくなった女性

Case 58 未明に歩けなくなり救急要請した男性

Case 59 嘔吐後、からえずきが持続する女性

Case 60 意識レベル低下に家族が気付き救急搬送された男性

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:34.5MB以上(インストール時:77.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:137.9MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:34.5MB以上(インストール時:77.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:137.9MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784840755122
  • ページ数:480頁
  • 書籍発行日:2023年5月
  • 電子版発売日:2023年9月8日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。